« February 2010 | Main | April 2010 »

侍戦隊シンケンジャー ファイナルライブツアー 行ってきました

吹雪の中出かけたのは、札幌芸術文化の館!
席はちょっと後ろ気味だけど、双眼鏡の用意は万端だっ。

第一部 侍戦隊ファイナルライブショーは、まずは黒子さんの登場から。
まだライブツアーはあるので、ネタバレしていいのかな( ;^^)ヘ..

骨のシタリの策略で偽の殿からの手紙に呼び戻された流ノ介、茉子、千明、ことは。
そして別の場所で襲われる殿。
ちょっと遅れちゃったために異変に気づいて殿のもとへ駆けつける源太。

それぞれで素面のアクションが繰り広げられます。
みんなさすがに様になってるけど、やっぱ千明が一番いい動きしてたなぁ(*^o^*)
たぶん、お相手の方々がイマイチ慣れてないのか、全体のアクションがちょっともたついてるように見えたのが残念。

さて、殿達の相手は外道衆ではなくウォースターだったので、こいつらは任せろとゴセイジャーが登場。

あたし、天使って実はイマイチしっくり来てなかったんだけど、殿の一言で納得です。

「三途の川があるんだから、天国だってあるんだろう」

そりゃそーだぁ。

流ノ介達4人の変身シーンはばっちりで、会場からは感嘆の声があがってた。
「一筆奏上!」
の変身ポーズでいつもの幟が4人の姿を隠し、一瞬で変身完了。
かっこいいわー(*^o^*)

一方、殿と源太。
「一筆奏上!」
「1貫献上!」

あ、あれ?殿、ショドウフォン持ってない・・よね(°m°;)

暗転のあと、ライトがつくとシンケンレッドとゴールドに変身完了!
・・・今後ろを赤い人とピカピカな人が走っていったけど・・・・
そうか、あれは残像よね。そうよね(´-∀-`;)

やがてピンチに陥る彼ら。
つかまってしまった流ノ介と茉子を助ける為に、千明とことはは夏の陣で使った手をもう一度。
「なー!なー!」と叫びながらナナシもどきの格好で客席を駆け抜ける。
でもその時、千明が「いたいいたい」て言ってたのは、なにされてたんだろ(;^ω^)

仲間のふりで見張りのナナシにお酒を飲ませて酔いつぶそうとする二人。
そこにすし屋のふり・・・いや、本物だけど・・・の源太と、すし屋のコスプレ(笑)の殿登場!
ノリノリの源太の後ろから、イマイチ納得いってないふうな殿も、覚悟を決めてひとつ咳払いのあと、すし屋になりきる。

殿って、一度吹っ切ると結構思い切ってやるわよねー,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

無事に流ノ介達を助け出し、再びアクション開始。
またしても現れたゴセイジャーを、殿から天使だと紹介された千明たちはなぜか拝んでます_(_ _)ノ)))☆
「拝まれちゃった」
と喜んでいたのはピンクだったかイエローだったか(^_^;)

再び変身する侍達。
いや、殿、ショドウフォンどこへやったんですか(´゚∀゚`;)

復活しちゃったドウコク、十臓、薄皮太夫。

レッドと十臓のからみは、ちゃんと本編の流れを忘れてなくてよかったな。
本編での最後の対決の時の、なんて説明したらいいんだろう・・・十臓の剣を下から受けてぐいっと上から押さえ、裏正にそってシンケン丸を滑らせて斬る!
っていうあの殺陣、再現されてて、ちょっと盛り上がっちゃった。

まあ、なんだかんだでちゃんと倒したわけですが。
小さいお友達も、大きいお友達も、一丸となって「力」のモジカラでシンケンジャーをお助けできたのが気持ちよかったかも(*^o^*)

さて。
第二部はトークショーでございます。

普段見せない殿の笑顔、堪能しまくりですよぅ(*^。^*)
殿のジイの物まね(ちゃんとできてた)も聞けたしな。
北海道は初めてですか?のMCお姉さんの質問に、
「僕は2回目です。修学旅行で来たので。」
と答えた殿。
そしたら茉子が
「タケル、学校行ってたんだ」
の突っ込み。
ポイントついてるな。
で、殿がジイの物まねで
「殿、修学旅行ですぞ」
って。
あはは。

MCのお姉さんからの次の質問は、
「今はまってること」
ああ、なんと、皆なんて答えたか覚えてません(;^ω^)

ていうか、キャラとしてなのか俳優さん本人としてなのかがはっきりしてないので、みんな返答に困ってたのよね。
どうもその辺、MCのお姉さんがあまりうまくもっていかなったみたいで。

覚えてるのは、茉子の
「ぷよぷよにハマってます」
から、流ノ介がゲーム強いという話になって、会場のお友達に流ノ介が、
「わたしと勝負だっ!」
なんてやってたこと。
流ノ介こと相葉くんは、やっぱりおもしろい人だった(笑)
やたらポーズを決めて殿に突っ込まれてた。

それと、変身する時のショドウフォン、スシチェンジャーの扱い方のレクチャーがございました。
会場のにはショドウフォンを持ってるお友達もけっこういたみたい。
いいなー。
あたしもショドウフォン、欲しいんだよなー。

殿、やっぱかっこよかったなー。
流ノ介、おもしろかったなー。
千明かわいかったなー。
茉子ちゃん、きれいだったなー。
ことは、ちっちゃかったなー。
源太、顔ちっさかったなー。

みんな素敵でした♪

ただね、トークショー短すぎ。
もっとウラ話とかいろんな話、してほしかったなぁ。
ライブショーの時の残像現象の話とか、殿のエアショドウフォンの真相とか(笑)
俳優さん本人としてのシンケンジャーに対する思いとかね。

「銀幕BANG」DVDに入ってる、太秦でのトークライブを見ると、ちゃんといい話をしてるので、MCの持って行きようだったと思うんだけどなぁ。
残念。

Gロッソでのライブも見たかったなぁ。

でも、双眼鏡ごしとはいえ、ナマで会えてとってもうれしかった。
隣の女子2人連れ(大きいお友達ね)がテンション高くておもしろかった。

誰か登場するたびに

「かっこいーーー!!!」

と叫び、ゴセイジャーでも「きゃーきゃー」とノリノリ。
特にブルーがお気に入りだったみたい。

小さいお友達の「がんばれー」の声もほほえましくていいね。

なんだかまとまらないレポなので、なんだか全然伝わらないかも(´゚∀゚`;)
すいません。

なにはともあれ、楽しい一日でした~。

またシンケンジャー見ながら寝ようっと(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天装戦隊ゴセイジャー 5話

やっぱりハイド、いいですねぇ(*^。^*)
クールで知的で几帳面。
でもよくありがちな、不要なプライドばかり高いってわけじゃないし。
ある意味マイペースで、彼「も」空気読めてないとこがあるみたいなとこがなんか好きかもしんない(笑)

別人に変身できるってのもおもしろいし。

ゴセイブラックの重い武器を使っての戦い方。
ほんとに重そう。
アクターさんは福沢さんよね。
戦い方も考えられていて、楽しめます。

基本的にさすがは天使だから、みんな人はいいのね。
種族ごとの性質もあるし、個々の性格も違うみたいで、キャラの書き分けがちゃんとできているところがいいね。
同じスカイック族でも、アラタとエリはちょっと違うし、モネとアグリも違うしね。

しかし、エリのあの大雑把な性格、大丈夫なのでしょうか。
憎めないけど、付き合うのは大変そうだなぁ。
「いい感じの入浴剤」とか「ナイスな洗濯石鹸」て・・・ねぇ_(_ _)ノ)))☆

今のところ不満はひとつ。

ひげの博士に期待してるのに、なんでださないんだよーーーー!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仮面ライダーW24話 と 天装戦隊ゴセイジャー 3話

まだまだ頭の半分以上がシンケンジャーなんだけど、やっとWを落ち着いて見れるようになったかもし

れない。

気がついたら、前回から「2人で一人のシンガー」やってたり、水木のアニキが出たり。
おもしろいじゃないの。

しかし、うかつにもあの詩人がドーパントだなんて思ってなかった(;^ω^)
風都の人はおもしろい人ばっかだなぁとか、思ってた( ;^^)ヘ..

今回はなんと言っても小ネタが面白かった。
ドーパントに「正体は狸」とささやかれた時の亜希子ちゃんの「ぶぎゅっ」ってのとか。
若菜姫役をフィリップに取られて倒れこんだ亜希子ちゃんとか,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

男同士で砂浜走るシーンとか、あと翔太郎の変装が衝撃的だったね。
あんな才能あるんだぁ。
フィリップ、ほんとにかわいかったけど衝撃のでかさは翔太郎の変装だったわ。

しかし、日曜朝からあんなど変態医者出していいんですかねー(笑)

ゴセイジャーのほうは、まだなんともアレだけど。
ひげ博士がいいわっ。
面白いわぅ。
ハイドにも期待がちょっと高まっておりますよ(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »