« 侍戦隊シンケンジャー 46話 | Main | 侍戦隊シンケンジャー 48話 »

侍戦隊シンケンジャー 47話

3週連続で号泣させられたのは、シンケンジャーが初めてですよ。゚(PД`q。)゚。

3回目までは、千明が殿を殴った瞬間から。
4回目はもう、流ノ介の

「あの殿なら命を預けて戦える」

のセリフから。
涙ボロボロですから。

今まで志葉家当主として強くあること、それだけを自分に課してきた殿。
弱音をはくなんて、自分には許さないできたはず。
その殿が、千明達の前で見せた涙。
当主として以外の立ち位置を、やっと手に入れた瞬間なんだろうと思う。
前にことはに持てと言った「自分の立ち位置」
殿自身は持つ事ができなかったんだもんね。

殿の側にあった最後の壁が、きっと消え去っていただろうな。
殿と家臣達の絆は、今度こそ確とした真実の絆になったんだね。

流ノ介達だけでなく、ジイももちろんだけど、黒子の皆さんだって。
ずっと一緒に戦ってきたのは殿だもんね。

偽りの殿でも、その強さ、心のありようは真実だったから。
だからみんなが殿に命を預けてきたんだもんね。

殿が自分を取りもどしてほっとしました。

かたや姫。
外道衆からこの世を守る為に、生まれ持ってしまった使命のために血のにじむような努力をしてきた、まだ若すぎる女の子。
彼女が負い目を感じることはないはずなのに。
殿の家臣達との絆と辛さをを思いやる言葉が出るなんてね。
その器の大きさはさすが、志葉家当主。
時間があれば、この姫とも別に強い絆を結ぶに足るお方ではあります。
源太はすでに姫を見込んで一緒に戦う決意をしたみたいだし。
家臣ではなく、自由意志でね。

ハリセンを渡したのが朔太郎さんだったのが笑えた。
扇子なげといい、ハリセンといい、あの姫、実は風都の亜希子ちゃんなみのおもしろい子なのではなかろうか(笑)

素面での殺陣、かっこよかったわー━━゚*。(o゚д゚o)。*゚━━!!
十臓との一騎打ちも、すばらしかったですね。
チャンバラの醍醐味ですねー。
めちゃめちゃかっこよくて。
炎のなかでのシーンも、すばらしいっす。
なんか美しかったわ。

そしてついに決着のついた十臓との戦い。
裏正になってしまった十臓の奥さんは、ずっと止められる時をうかがってきたのだろうか。
結局、十臓は癒されて昇華できたのだろうか・・・。
十臓を演じる唐橋さんの演技、鬼気せまるものがあるね。
いい役者さんです。
すばらしかった。

そして薄皮太夫も。
自分の事情を知っている茉子の剣に身をゆだねたのは、なぜなのかな。
外道としての自分を終わらせるため?
それとも、完全に外道となるため?
どちらにしても、その行動はドウコクをこの世に呼び戻してしまいましたな。

ここしばらく、殿のドラマに引き込まれてきたけど、十臓、そして薄皮太夫のエピソードそれぞれだけで、長編映画が作れそうです。

あー、あと2回で終わっちゃうよー。
来週は姫が寝込んで殿復活?

|

« 侍戦隊シンケンジャー 46話 | Main | 侍戦隊シンケンジャー 48話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34141/47382928

Listed below are links to weblogs that reference 侍戦隊シンケンジャー 47話:

« 侍戦隊シンケンジャー 46話 | Main | 侍戦隊シンケンジャー 48話 »