« April 2009 | Main | June 2009 »

侍戦隊シンケンジャー 16話

今日は殿が殿らしくてしゅてきでした(*^。^*)

黒子さんたちの働きは、思っていた以上でございました。
ご近所にまでなじんでるとはっ。
あの町内のみなさんにとってはきっと「志葉さんとこの黒子さん」は昔からいるから、もうなんとも思わなくなってるのね。
所さんあたりの番組が取材にきそうだ(笑)

モジカラを持つ者は侍として戦い、残念ながらモジカラを持たない者は黒子として別の戦いをする。
殿は適材適所と言っていたけど、それぞれが自分のできる事をするってことよね。
殿の言い方が、モジカラを持たないために黒子さんを蔑んでいるのではなく、きちんと別のやり方で戦っている同志という感じがしたのでちょっとうれしかったな。

しかし、黒子のみなさんがあそこまで個性を消しているのはなぜなんでしょう。
あの中には、以前流ノ介がであったあの渋くてかっこいい黒子さんもいるのよねぇ。
もったいないわー。

さて次回。
早くも6人目登場!

つーか、「米」かよーーー_(_ _)ノ)))☆

| | Comments (0) | TrackBack (1)

侍戦隊 シンケンジャー 15話

千明ができすぎのような感はあるけど、でも、なかなか面白かった。

ニセものに惑わされてチームワークにひびが入るという危機。
特にそれが千明だから、みんなだまされやすいよね。
今までが今までだし、直前にもまるですねたように訓練投げ出して帰っちゃった(ように見えた)し。
だけど、千明もちゃんと成長しております。
真剣白羽取り、一人で黙々練習しようとするのはアッパレ。
ニセモノに気づいて、みんなの前でその正体を暴くなぞ、千明にしては上出来上出来。
(このへんできすぎな気もしちゃうんだけど)
ま、やっと侍としての修練の成果が出てきたってことでしょうかね。
ジイと流ノ介が喜ぶね(笑)

ニセモノにだまされて ことは まで憤慨している時に、千明が訓練に使った竹刀に気づいていた殿、さすがです。
事情はわからないまでも、全面的に千明を疑いはせずに様子を見る慎重さがいいねぇ。

しかし、シンケンオー(だっけか)のニセモノが出てきたからって、「どっちが本物だっ」とあわてる流ノ介と ことはって・・・・。
侍としてどうなんだ_(_ _)ノ)))☆

さて、一方、太夫と十蔵に今後どんなエピソードが用意されているのかも気になりつつ。
次回、黒子さんたちに注目でっす\(o⌒∇⌒o)/ 

ところで、ディケイドですが・・・。

鬼の人たちをあんなにしちゃうなんて(ノ_・。)
しかもヒビキさんがあれかよ~。
なんてことしてくれるんだろ。
せっかくあの方々がご出演なのにね がっかりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

侍戦隊シンケンジャー 14話

第七幕での被害者の一人だった「ブラウン」さん。
あの時から、シンケンジャーの居場所を探しまわっていたのだろうか。
よくみつけたなー。
素人にあんな簡単に知られちゃっていいんですか(笑)

流ノ介ってば、ほんっとに人がいいっていうかなんていうか。
さっさと追い返しなさいって言ってんのに、ついつい調子にのって一緒に盛り上がってんだもんなー。
でも、殿が子供の頃から鍛えられた流ノ介たちでさえ、戦いに巻き込まないようにしていたくらいなのに、ど素人には危険すぎ。
だから流ノ介も引導を渡したつもりだったのに・・・。

「教えることない すなわち 免許皆伝」

って

懲りないおじさんだなぁ。
ちょっと古いが「KY」だね。
しかも、「シンケンブラウン」って_(_ _)ノ)))☆
単に適当な名前つけたわけじゃないんだね。

戸惑う5人を尻目に

「参る!」

殿まで巻き込まれてるし。
しかも、

「参るって・・」
「おれのせりふ・・・」

殿、この名乗り、こだわりありかしら(爆)
殿の出番少なかったけど、この一言で満足しちゃったりして。
・・なにを求めているんだろう、あたしって。

外道衆のほうはまたいらっとするわー。
反省しろっての。
火を使うやつってことで、殿の攻撃は余計に勢いを与えるだけ。
茉子の風もたぶん千明の木も、火にはおいしいえさみたいなもんよね。
唯一対抗できるのが水の流ノ介のみってのも、おもしろかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

侍戦隊シンケンジャー 13話

と、殿が、殿が・・・

「ばぁ~」

だって(*゜ロ°)ノミ☆(;>_<)バシバシ

茉子の料理を食べて卒倒するシーンといい、きっちりシリアスな表情のままでってとこが、殿らしくて良い!_(_ _)ノ)))☆

千明や流ノ介のもウザそうだけど、殿にとりついた「赤鬼子」(?)
あれはウザすぎる。
ほんとアヤカシっていやね~。

茉子にあこがれることはがかわいいよね~。
あの子はほんとに一途っていうか素直っていうかね。

「茉子ちゃんなら、うちがお嫁さんにしたいくらいやわ」
「それは無理だぞ」

いや、流ノ介くん、ことはもそんなのわかってるから(^^ゞ

強くて人のことをちゃんと見ていて、弱ってる人をぎゅーっとしてあげないと気がすまない茉子。
でも、お嫁さんになるのが夢だっていうくらい、本当はかわいい女の子でいたい部分もあって。
だからことはにぎゅーっとされて思わずうるっときちゃったのね。
あのシーンは見ていてあたしもうるうるしちゃった、

それにしても女の子二人の味覚は不可思議。
殿が卒倒するようなものを「おいしい」と食べてるって、味覚障害でもあるんじゃない?
本人がまずいと気づかないって事は、今後も改善は期待できないってことで、茉子が料理するたびに男子たちは被害にあうってことですね(笑)

あー、おもしろかった。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

侍戦隊シンケンジャー 12話

屋敷を出てしまった殿。
それはけして逃げたのではなく、背負うべき重みに耐える時間。
ずっと前からその荷物が重いということはわかってはいても、自分を守るために倒れようとする家臣を目の当たりにしたら、たぶんそれは思っていた以上に重かったんだろうと思う。
あの殿が、居場所を見失うほどわれを忘れてしまうってのは、相当だよね。
外道衆に父親を殺されてしまった子と出逢ったことで、改めて自分の使命の重要さも思っただろう。
そんな子供を出さないように、自分は死ぬわけにいかないってね。

ジイがそこにいない殿に語りかける言葉は、そんな殿への思いやりと、必ず戻ってくるという信頼に満ちていてよいですねぇ。

茉子は、やっぱり洞察力、理解力に優れている。
自分が殿の立場だったらと考えて、その重荷を知る。
そしてそれを背負い続ける殿の強さを知っている。
茉子の言葉でそれに気づいた千明、流ノ介、ことは。
それぞれが改めて殿が殿であることと家臣の意味を知る。

殿に語りかける言葉はみんなきちんと自分の言葉になっていていいよねぇ。
変身後ではなくて素でのシーンだからこそね。、
特にことはのせりふがかわいくて(*^。^*)

「お前たちの命、預かった」

この言葉が出るのはわかってたけど、それだけで終わらず、

「俺の命もお前たちに預ける」

ってのが、やっぱ靖子にゃんだなぁ。

彼らは今回で、ただの「仲間」ではなく、一方的な上下関係でもなく、「殿」と「家臣」として強い絆を結んだんだなあって。
そう思う。

幼稚園・・保育園だっけ?
のあの子や先生と過ごしているときの殿は好青年だよねぇ。
優しいし。
あれが、「殿」ではない素のタケルなんだろうな。
あの先生、どっかで見たと思ったら、ゴーゴーファイブの祭ちゃんではないか~。
あれだけの出番にしてはきちんと役名があるあたり、今後の登場も期待できるのかな?

大天空とシンケンオーの合体を考えていた流ノ介。
絵、うまいなー(笑)
成功したあとの殿の言葉に爆笑。

初めておまえに感心したぞ」

うれしそうに「はい~」とうなずく流ノ介ってば_(_ _)ノ)))☆
ラスト、屋敷に駆け込むシーンで脱いだ靴をきちんと揃えている、お行儀のよさもグッジョブ(^O^)g

先代殿の回想シーンも、なんかいいねぇ。
なんていうか、しんみり・・いやはんなり・・・違うな。
なにかこう、胸に染み入る演出ですなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

仮面ライダー超電王・鬼が島の戦艦

昨日の2日、観てきました。
健くんは出ないし、きっとディケイドがいっぱい出てくるんだろうし、なんかテンションあんまりあがらないまま観に出かけたましたが。
またしてもごめんなさい。
靖子にゃんなんだから、おもしろくないはずないのにねぇ(^^ゞ

もうね、ちゃんと「電王」だったじゃないのー。
たとえりょうちゃんが健くんじゃなくても(爪▽爪)
きちんと電王だった(*^o^*)

亡くなったお母さんと暮らした東京の家に帰りたいと熱望し、おばあちゃんと暮らす田舎になじめずにいるY君、ていうかユウ君。
今回はこの子を中心としてストーリーが進行していくわけだけどね。
このユウ君がデネブやモモタロス達と出会って、何を見、何を感じ、そしてなにを選択するのか。
このあたりをきちんと見せてくれる。
名前でこの子が誰なのか、すぐ想像はついちゃったけど、それもまたなんかうれしかった。
初めて描かれるのだなーって。

ユウ君役の子が女の子だなんて、ぜんっぜん気づかなくて、パンフを見てびっくりしたΣ(ノ°▽°)ノ

鬼の親分兄弟、クチヒコ、ミミヒコ。
さすが篠井英介さんと柳沢慎吾さん。
演技がしっかりしてるのよね。

そしてもちろんイマジンズ(*^^*)

見るたびに芸がパワーアップしてます(笑)

モモタロス登場直後、あちこちで小さいお友達の爆笑の声が聞こえた。
某トリオとアノトリオのコラボコント(笑)もおもしろかったー。

ちょっとだけおっきくなったコハナちゃんは、つよーくなってた。
オーナーとナオミちゃんは相変わらずマイペースでいい味だしてたし。

今日のディケイドのオープニングに映画の映像が流れたね。
内容も映画に続くもので、あーそこから続くのかと納得。

実体を取り戻したモモちゃんがデンライナーに帰ってきて大喜びしてるのがかわいいったら(*^o^*)

書きたいことはいっぱいあるけど、まだネタばれはできないので簡単すぎる感想だけど、とにかくおもしろかった。
もう一回見たいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2009 | Main | June 2009 »