« September 2008 | Main | November 2008 »

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』

初代ウルトラマンやセブンで育った人達も、ティガから始まる平成ウルトラマンで燃えたファンも、
そしてあたしみたいにその両方なファンはそれ以上に。

待ち焦がれてた映画だよね。

去年のメビウスで、昭和のウルトラマン達との共演は果たされたけどさ。
さらにダイゴと我夢、そしてなによりアスカが共に並び立ってくれる日がくるなんてね。
願うことすらかなわないと思ってたもん。

光に消えて帰ってこなかったアスカの、

ただいま」

このセリフをどんなに望んでいたことかっ
思い出しても泣けてくるぞ(T_T) ウルウル

アスカは戦いぬいて、ちゃんと帰ってきて、そしてさらに前へ進んでくれなければいけないんだと、ずっと思ってたからね。

この映画のアスカは、スーパーGUTSのアスカじゃないけど。
別の世界の別のアスカだけど。

それでも、この一言はとても大きい一言なのだ。
このシーンが見れただけでもう満足でした。

が、それだけでは終わらなかったね。

人間ウルトラマンとして、自分にできることをやりぬくダイゴも、
地球から託された力を持って、地球と人間の強さを信じぬく我夢も、別の世界でもやっぱり彼らそのものでね。

そして1年ぶりのミライくんも、相変らずの天然でねー。

ダンディ4も昭和のヒロイン達もやっぱり素敵な人たちで。
特にアンヌはやっぱりきれいだわー。

今後、これほどの規模のものが作られるかどうかはわからないけど、今作れる最高のものを見せてもらえたんじゃないかなと、満足でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

公開1週間でもうパンフ売り切れですよっ
がっかりですよぅ(爪▽爪)

それはともかく・・・

「さらば」だし、なんかモモちゃん達が予告でヘンな着物着てるし、正直どうなんだろうなあって不安はあったね。
健くんのスケジュールの都合上、りょうちゃんの出番が少ないとか聞いてたし。
りょうちゃんの孫が主役ってことだと、ちょっと悲しいなぁ~なんてね。

ああ・・・なんど思い知らされれば気が済むんだろう、あたし。
小林靖子という脚本家を信じていていいんだってことを。

おもしろかったっ!
クライマックス刑事もおもしろかったけど、今回のは更に見ごたえがあってよかった。

今回は、イマジン達が歌ったり踊ったりしないし、むやみにグラビアアイドルとかお笑いの人を出したりしない、お祭り的要素は抑えてあって、シンプルに映画としてしっかり作られている気がする。

それに健くんや中村くんの撮影日数が少なかったとか、そんなの全然感じさせない。
出番が少なくても、りょうちゃんはやっぱり電王の要だっていう存在感がしっかりあったし、ユウトもちゃんとポイント抑えてる。
バランスがちゃんととれてるっていうかね。

りょうちゃんとイマジンズの絆の強さ
移り変わる時・・時代

そして、愛する者の死を受け入れられない純粋さと妄執

しっかりした軸にそって展開するストーリーがちゃんとあってね。

オーナーの石丸さんはもちろん、ゲストの松村雄基さんの演技力も作品に深みを与えてる

シロウとソラの恐ろしくも哀しいエピソードはすごくよかった。

でもでも、やっぱりイマジン達の大活躍があってこその電王なのよね~(*^。^*)

いきなりラムネ飲みながら現代をぶらつくコハナちゃんとイマジンズも、なんか普通にアリだなーって感じで不自然さを感じないのね。
相変らずのドタバタコントも、なんだか磨きがかかってるっていうか、スーツアクターさんたちもノリノリじゃーん_(_ _)ノ)))☆
江戸時代(よね)と東映とモモちゃんがそろえば必ず出そうなあのセリフとか、小ネタもいっぱいあって何度も笑っちゃった。

そういう風に楽しませてくれながら、コハナちゃんをかばうユウトとか、愛理さんと桜井さんを思わせる出会いのシーンとかね。
なんかもう、見たいものはすべて見せてくれるっていうか、取りこぼしがないんだもんなぁ。

ただ一つだけ、ほんとにたった一つだけ残念だったのは。

あの立ってるだけで感動すら覚えるゼロノスのたたずまいが変わっちゃったこと
パンフも前情報もなしなので、今回は中に誰が入ったのはしらないんだけど・・・押川さんかなぁ・・

けしてだめでもかっこ悪いわけでもないんだけど、あの、伊藤さんにしか出せないあの魅力はどうしようもないのよねぇ。

ああ、もったいないっすねぇ。
もうあの姿が見れないなんてねー。

しかたないけど、残念だったわ。

時代は動いているから、電王はこれで終わり。
まだ更に新しいことが始まるよ。

そんなメッセージもなんとなく感じた。
ほんとに「さらば」なの?
なんかさびしいなぁ。

でも、来年はコウタロウとテディ主役の電王2とかどうでしょう。
時々、りょうちゃんとかモモタロス達も出てくるっていう・・・
だめ?(爪▽爪)

どっかの対談で鈴村さん(だったか)が言ってた、「さらば」ならぬ

さらに 仮面ライダー電王」

も、いいと思います。

しつこいですか?
だって、それほど電王はよいのだものぉ

でもね

エンディングを見てたらケジメは感じた。

クライマックスジャンプの新バージョンにのせて、テレビシリーズからの名シーンが和風イラストで流れて・・・
ちゃんと大人のハナちゃんもいたのがうれしかったなぁ(ノ_・。)

ほんとに、いままで楽しかったな~って。
これでおわりだけど、いつか未来で。

また会おうなっ

って、なんかそんな風にさわやかなさびしさをほんの少し感じながら、かえってきたのだけれども。

なんかやっぱり、

まだ終わった気がしませんσ(^◇^;)

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« September 2008 | Main | November 2008 »