« May 2008 | Main | July 2008 »

第21話 ラプソディー・指輪の行方

今回はファンガイアはもう、どーでもいいっていうか、「一応いるよー」って程度でしたね。
来週本格的に出てくるのかもしれないけど。

名護がロックンローラーかどうかとか、合コンとか、この辺はあたし的にはどーでもいーです(^^;;;
勝手にやっててと。

で、過去編のほうはやっぱり、なつかしのトレンディドラマ風な展開になってきたねー。
ゆりもだいぶ音也のほうに傾いてる様子だけど。
そんな様子をだまってみてるわけがないのが次狼なわけで。
猛然とアタック開始の次狼と、阻止しようとする音也の奮闘がけっこうおもしろいかも。
次狼の正体知ってたら、どうあっても阻止しないといけないのはかなりシリアスだと思うんだけど、音也見てると単なる恋敵みたいで。
今度はフランケンくんも行動開始しちゃったし。

「食っちゃった」
「なかなかやるなー」

って。
これは確か、一応お子様向け番組だよねぇ?
知らないぞー。
「子供に見せたくない番組トップ10」とかに入っちゃったら、おもちゃ売れなくなる(笑)

でも、合コンで偶然幼稚園の時の幼馴染に会っちゃうのも、次狼を阻止してゆりを守るために参加した合コンの帰りにあんな行動を取ることも、なんか納得いかない。
まあ、キバだから仕方ないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第20話 夜想曲・愛の救世主

渡に憑依しても、音也がなかなかかっこよくてよいね。
おもしろいのは確かだし。
うん。
それは素直に認める。

でも、なんであんなことが起きたのか、ちゃんと理由は説明してくれるんだろうな。

ただ「電王で受けたから話の種にやってみた」とか言ったら、怒るよホントに。

名護氏は危なさ加減がすっかりなりを潜めて、つまんないおっさんになっちゃったなぁ。
「おっさん」呼ばわりはホントに気の毒とは思うが。

さあて。
とうとう出てきたぞ。
あれ、きっと渡ままだよね?
今日の犠牲者の登場で、人間を愛するファンガイアの存在がわかり易く出てきたし。
そんな掟やぶりを粛清する立場のファンガイアが、自分もそっちのほうにまわってしまうって話かな?
攻撃の時にあたりが夜になっちゃってたし、彼女が初代キバだったりする?
キバットの父ちゃんらしき影も飛んでた。

最近良い感じになってきたゆりとファンガイアと、どういういきさつで乗り換えるのですかねー(笑)

今までバイオリンの演奏しか見せたことなかったけど、作るほうでも音也は天才らしいって事も判明。

今後の注目は、ゆりと音也とファンガイアの彼女と次狼。
このあたりのドロドロな四角関係、ですか?(違うよね)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

19話 フュージョン ・オーラの嵐

うーん・・・微妙だなぁ

前回の狂乱っぷりが嘘のように元に戻っちゃった名護氏。
なんだったんだよぅ。
全然つまんないよぉ。

ロックにいさん再登場はいいんだけど、おかしな事口走ってるし・・・。
ようするにあれかい?
キバを見つけて弟子入りでもして、自分も暴れたいと?
それが俺のロックだぜぃ!

とか、そういうこと?
なんでそうなるんだろうなぁ。
もう、勝手にやってろって思ってしまいましたが。

それにあのいきなり音也に憑依される渡。
あれはなんですか?

電王でイマジンに憑依されて人格が変わる主人公が当たったから?
今後、憑依されるのがフォーマットとして使われていくとか?
ライダー同士が当たり前のように戦うようになったりとか、カード形態のアイテムで変身するようになったりとか、そういうのみたいに?

なんだか引きました。
電王のりょうちゃんは、イマジンだからこそ通用したっていうかおもしろかったんだと思うんだけどなぁ。

いや、音也そっくりな渡には感心しちゃったけどさ。
少し笑ったけど。
今後の持っていきかた次第だろうけど。

電王が大好きなあたしとしては、ちょっといやだなぁ。

それとね
事前にファンガイアを見つけておきながら、被害者が出てしまうまでなにもしないゆり。
しかも、相変らず弱いし。
これ、なんとかならんのかしら。

あらあら。
久しぶりの愚痴オンリーだわ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2008 | Main | July 2008 »