« 仮面ライダーキバ 9話交響 イクサ・フィストオン | Main | 第11話 ローリングストーン・夢の扉 »

第10話剣の舞・硝子のメロディ

1週おくれになってしまいました(^^;;;

今回のキバ、なかなかよかったのね。
なんつってもね、音也がよかったよね。
いつもこうならかなり見やすいのになぁ。

普段はアホでも、ポイントをきちっと抑えて決めてくれたらこんなにいいキャラなんだな。
今まではことごとくポイントはずしてくれてたもんな。
あの黒いヴァイオリンを受け取らなかったあたりも、芸術家としてのポリシーも誇りも持っているのが伺えたし。

名護が逆切れして「私にさからうなっ。私は正しいっ」とかわめいてさすがの渡もドン引きしてたので、これでやっとむやみに「名護さん(はあと)」みたいなのはなくなるかもしれないと思うと、このシーンもありだなあと。

人を襲うことをやめたファンガイアという、なかなかおもしろいエピソードで、楽しめて終わるかと思いきや・・・。
やっぱりやってくれますなぁ・

わざわざあの騒音現場に出向く大村。
あんなとこでもだえてないで、さっさと静かなところへ行けよっと突っ込みその1。
大村の携帯プレーヤーを踏み潰して、暴れる直接の原因を名護が作るまではいいけど、そのあと罪もない工事現場のおじさん達が襲われてるのに、名護、どこいったっと突っ込みその2。
ファンガイアが暴れているのを知りつつ躊躇し、大村にとどめをさせない渡まではよかったけど。

あそこですぐに大村を追っていたら、死なせずにすんだんじゃないのか?と。

なんかそのへんの流れが不自然な気がした。

特に名護の扱いはもう、どういうことなのかと。
なんのために名護に携帯プレーヤーを壊させたのかと。

いいかげんにしてほしいよ。
いや、いいかげんなことしないでほしいよ。
言いたいこと、わかりますかね?
この、そこにいるべき人が納得できる理由もつながりもなくいなくて、それでストーリーに影響するような、そういう手抜きっていうかさぁ。

せっかく楽しめていたのにすごくもったいないと思うのだった。

音也の演奏を聴いて「なんて優しい音だ」という感想についての違和感はまあ見逃しますが。

|

« 仮面ライダーキバ 9話交響 イクサ・フィストオン | Main | 第11話 ローリングストーン・夢の扉 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34141/40794844

Listed below are links to weblogs that reference 第10話剣の舞・硝子のメロディ:

» 仮面ライダーキバ#10「剣の舞、硝子のメロディ」 [Sweetパラダイス]
フロッグファンガイアと戦うイクサ。銃で狙っていると渡が飛び出してファンガイアをかばった。謝ってばかりの渡。名護さんは怒ってます。『君の顔はもうみたくない!』と言われてしまった。甘党の音也。ゆりに次狼が化け物と言っても信じてもらえない。噂をしていたら化け...... [Read More]

Tracked on April 08, 2008 at 02:00 PM

« 仮面ライダーキバ 9話交響 イクサ・フィストオン | Main | 第11話 ローリングストーン・夢の扉 »