« November 2007 | Main | January 2008 »

第46話「今明かす愛と理(ことわり)」

今週のTV欄は

仮面ライダー電王「今明かす謎」

やられた~。
靖子にゃんに期待してたのはこういうのだったの。
いいほうへ裏切ってくれることね。

分岐点に関しての鍵が桜井さんでないのなら、りょうちゃんなんだと思ってたわ。
愛理さんも何かを知っていそうだとは思ったけどさ。
鍵であるうえにすべてを知っていたなんてね。
桜井さんから事情を聞いたってレベルじゃないよね。
二人でゼロライナーと出会って、この戦いを始めたように思えたもん。

かなりの謎は明かされたけど、まだまだわからない事はたくさんのこっているぞ。

・消えた時間がどうやって修復されたのか。
・りょうちゃんの、欠落した上に混乱している記憶
・8月にいったいナニがあったのか。
・そもそも、桜井さんにゼロライナーとゼロノスのカードを渡した のは何者なのか
・桜井さんをやっている役者さんはいったい誰なのか(笑)

あと数話のうちに全部がわかるんだね。

今回、脚本もすばらしかったけど、映像や演出も珠玉でしたなー。
特にデンライナーで愛理さんが事情を話すシーン。
愛理さん特有のしんとした、穏やかな空気感がすごく気高くて切なくて悲しくて。
ライトを落として豆電球の明かりと、キャンドルの光がすっごくきれい。

消えていくのを知っていて、湖に戻ろうとする愛理さんも強い。
きっと未来は守られると信じて、桜井さんを信じて。

そして消された時間に飲まれていく愛理さんと、修復された時間で去っていく桜井さんのシーン。
湖で舞い散っている花びらが、あそこからきていたとは、これもまたやられた感じ。

そしてまたキャストそれぞれの演技もすばらしい。

イマジンカルテットの出番が少なかったのは残念だけど、それを補ってあまりある作品でした。

今週のイマジン・カルテット

◎モモタロス

リュウタをどつき、蹴り飛ばし。
相変わらず豪快だわ~(萌)

みんなで料理するって言ってたけど、あれはなにを作ろうとしてたの?
たこ焼きとかお好み焼き?(~_~;)

りょうちゃんの「仲間がいるんだ」の言葉に感激してたね。

◎ウラタロス

ウラちゃんが料理をつくるとすると、やっぱあんな感じなのね。
つーかあれ、シェフじゃなくてギャルソンじゃぁ・・(笑)
しかも魚料理はキンちゃんにとられてますけど。

◎キンタロス

キンちゃんの男・・いや、漢料理(笑)
あの鯛をどうすんだろ。
とにかくぶった切りだったりして。
板前さんのかっこ、似合ってたなぁ。

◎リュウタロス

愛理さんが消えちゃったなんてショックだよねぇ。
実際は現在の時間でちゃんと元気でいるんだから大丈夫だけど、びっくりしただろうなぁ。

たいこ叩いてパーティやろうよってポーズ、かわいかった

◇今週のりょうちゃん

ヘナヘナでヘロヘロなところは封印して、今日のりょうちゃんはとことんシリアス。

桜井さんが姿を消したのかを知って、ますます戦う決意をしたんだろう。

愛理さんに気遣われての「仲間がいるんだ」って言葉はよかったねえ、なんか。
タロスたちじゃないけど、ちょっと感動。

▽今週のユウト

またまた泣かすぜこのヤロー(;_;)

デネブに「まきこんですまん」と言われて

「そう思ってんならずっと一緒に戦え。消えたら承知しねぇっ」

相変わらず素直に言わないけど、デネブがユウトにとってどんなに大切か、はっきり示してるよね。
そのあとの微笑みが優しくて萌えポイントです(*^^*)

で、愛理さんに「ごめんなさい。きっとたくさん辛い思いをさせてる」と言われた時の表情で泣きました。
セリフなしの微妙な表情で、あんな芝居が出来るようになったなんて。
中村くん、ほんとにうまくなったなぁ。
今まで平気な顔してきたけど、そりゃあ辛くなかったはずはなく。
でも愛理さんのあの言葉で報われるっていうかね。
孤独でいなくちゃいけない、一緒に戦う仲間であるりょうちゃんにも言えないことがいっぱいある。
そんな状況も、ちゃんと愛理さんがわかってくれてるんだからね。

相変わらずユウトはかっこよくて切ないよぅ

ダブルライダーどころか、トリプル・・・しかもダブルゼロノスって超豪華ね。
よく考えてみれば、電王ではなく、ゼロノスこそが1号ライダーってことになるのかな?

で、予告でイヤな予感がしたんだけどぉ!

次回のサブタイ「オレの最期は泣けるで」って・・・・・・・・・・・・

やあだあああああああ!!!!!!!!!
消えちゃやだああああああああ<(T◇T)>

| | Comments (0) | TrackBack (10)

第45話「甦る空白の一日」

本日のTV欄は

仮面ライダー電王「蘇る謎の一日」

いよいよ核心にせまってまいりました。
なぜかピンポイントで欠けているりょうちゃんの記憶。
その記憶は、カイにとっても重大な事でそれを突き止めるべくりょうちゃんと関わりのある時計屋さんの過去へ飛んじゃったわけね。

そしてユウトは何かを知っている。
今までもユウトには明かしていない謎があるけど、それはなにかりょうちゃんに知らせてはいけない、または知らせたくない事があるってことなんでしょう。

それはいったいなんなのか。
なんで過去が消えてしまったことになってるのか、なのになんで現在は存在しているのか。

過去には、ユウトに託す前に桜井さんが自分自身(ユウトも自分なんだけど)で変身していたという事実にもちょっとびっくり。
桜井さんをやっているお方は誰なんでしょうか。
それも含めて。

来週はかなり大きな謎が解明されそうですな。

そういや、桜井さんが倒れた時、デネブはどうした?

今週のイマジン・カルテット

◎モモタロス

似合うっ!
なぜかサンタさんのヒゲが似合っているっ!
サンタには見えないけどっ。

先週言ってたとおり、最初から最後までクリスマスだったわね。
どんだけサンタさん好きなんだ_(_ _)ノ)))☆

あのクリスマスパーティの準備、もしかしてモモちゃんが言いだしっぺなのかな?
なにかりょうちゃんをびっくりさせたいみたいだけど。

◎ウラタロス

りょうちゃんの記憶の欠落について考察・・・・って、なんで話し相手にキンちゃんを選ぶ?(笑)
まあ、モモちゃんとリュウタじゃ相手にはならないだろうけど。

「リュウタ、それはサンタさんでもお手上げじゃないのかな」

あえてモモちゃんをさかなでするようなことを(笑)

◎キンちゃん

モモちゃんとは別の感じでヒゲがなじんでいるっ。
ミュージカルタイム(笑)では楽しそうねー

◎リュウタロス

はしゃいでます。
みんなで一緒にはしゃいでます。

ツリーに短冊って、リュウタの発案?

◇今週のりょうちゃん

欠落なんてないと思っていた自分の記憶の、大切な部分が抜けていることに気づいて探索を始める。
ユウトがあれほど止めても決意は変わらないのは、どんな事でも知る覚悟をしているからなんだろうな。

今日はとにかく謎解明への序章って感じなので、あまり書くことが少ない感じ?

とにかく来週が待ち遠しい!

| | Comments (0) | TrackBack (6)

第44話「決意のシングルアクション」

本日のTV欄は

仮面ライダー電王「決断の時!」

ズバリですね。

ここの所、ユウト&デネブに持っていかれてたけど、やはり主役はりょうちゃんとデンライナー・イマジンズ。

ある意味究極の選択の中で、何をとるか何を守るのか。
どっちも簡単には捨てられないもので、感情か理性かの選択でもある気がする。

ウジウジじめじめではなく、真っ向からぶつかり合って互いの心が本当に一つになるっていう、なんだかすっごくいいドラマを見たなあって気がするよぉ。
そういう顔、してるだろぉ?

今週のイマジン・カルテット

◎モモタロス

やっぱりね。
やっぱりりょうちゃんととことんぶつかり合って分かり合うのはモモちゃんだよね。

モモちゃんのまっすぐさが、りょうちゃんの気持ちも変えてくれるの。

自分達が消えるかもしれない戦いを、りょうちゃんが嫌がるのは当然わかってる。
でも、りょうちゃんが本当にやらなきゃならないことをやれるために。
一緒に戦うために。

と、そこまで考えてるのかどうかはわからないけど、でも、りょうちゃんと共に戦うことが、モモちゃん達の願いなんだろうね。

「ちょっとでも守りたいとしたらよ、今ってやつだ。」

りょうちゃんやコハナちゃん、ウラちゃんキンちゃん、リュウタと共に戦う“今”
それはかけがえのない大事な時間なんだな。

「お前運が悪いからなぁ。腐った饅頭でも食ってよ、ポックリかもしんねえ。そしたら、俺たちも道連れだ。」

りょうちゃんがイマジンとの戦いで倒れたら、自分達も一蓮托生。
そんな事はとっくに覚悟が出来ている。
自分達は、強要されたのではなくて、自分達が消えるかもしれない戦いをすでに自分で選択しているんだって、そういうことだよね。

「オレは始まる前からクライマックスだっ」
「ノリのいいほうが勝つんだよっ」

モモちゃんのこういう勢いのあるところ、大好きよ。
これがあるから電王はじめじめせずにスッキリ見れるんだよねー。

イマジンの動かないはずの顔なのに、細かい表情が見える気がした。
高岩さん、すげーなー。
もちろん、関さんの声もね。

◎ウラタロス

モモちゃんと違って、一歩引いて見守るポジションにいるのがウラちゃんとキンちゃん。

「さあね。ボクはキンちゃんみたいな浪花節は似合わないから。」

そんな事言いながら、心はキンちゃんと一緒なんだろう。

りょうちゃんの気持ちを変えられるのは、モモちゃんのストレートさだって事をわかってて見守ってるのかな?
そこはモモちゃんに任せて、きっちりと敵イマジンとの戦いを迷うことなくやっている。
ウラちゃん、かっこよかったにゃぁ。

◎キンタロス

元々、本条くんのタメにも自分が消えることを厭わなかったキンちゃん。
それを救ってくれたりょうちゃんのタメだから、自分が消えるかもしれない戦いを選択することに躊躇はなかっただろう。
キンちゃん、ああ見えてやっぱり大人な感じだし、りょうちゃんがなんと言おうと自分がりょうちゃんと共に戦うことは変わらないって、そんな気持ちなのかな。

「あんなぁ、良太郎がどういおうと、オレは戦いをやめる気はないで。オレの命はとっくに良太郎に預けとる。」

キンちゃんもかっこいいよ。

◎リュウタロス

今ではすっかりりょうちゃん大好きになってるみたいなリュウタ。
りょうちゃんが「君とも戦えない」と言った気持ちは、まだすぐには理解できないほどに子供なんだね。

「ボクのこと、いらなくなっちゃったのかも・・・」

前のリュウタなら、こんな風に落ち込んだだろうか。
人の気持ちもなにも無関係に(おねえちゃん以外)、自分勝手にふるまっていたリュウタがりょうちゃんに必要とされなくなることを恐れるようになったってのは、やっぱりすごい成長だなぁ。

◇今週のりょうちゃん

辛かったね、りょうちゃん。
モモちゃん達が消えるのは絶対いやで、だけど、今の時間を守らなくちゃならなくて。

たとえ愛理さんが屈託なく笑える世界でも、なにも心配のない世界でも、それが本当の時間でないのならいいはずがないって。
たとえ辛いことがあってもあるべき時間を守るって事をすでに決意しているりょうちゃんだから。

「ボクは迷えない。迷いなんかない。・・・モモタロス達が消えるのはこんなに嫌なのに」

泣かされちゃった(ノ_・。)
「迷えない」って言葉は、迷っていないわけがないって事だよね?
迷っちゃいけない。やらなきゃならないことは変らないのはわかっている。
でも、モモタロス達が消えるのはいやだから。
決意がぐらつきそうになるのを堪えて、苦しみながら持ちこたえて。

強いってことはなにも感じないってこととは違うから、揺るがない信念を持っているがゆえに苦しいよね。

モモちゃん達も、自分と同じものを守りたいと思っている事を知って、一緒に戦う決意をしたけどさ。
みんなが消えるかもしれないって事実は変らない。
その上で一緒に戦っていくことも辛いだろう。

でも、ますます心が一つになったりょうちゃんと4人、きっともっと強くなるんだね。

▽ 今週のユウト

りょうちゃんとイマジンズとの葛藤は、きっとすでに乗り越えてきたことなんだろうと思う。
他人がどうこう言うことじゃない。
自分達が納得して決意をしなければならないのを知っているから。

自分をいらなくなったかもしれないと言うリュウタに、

「逆だろ。逆だから、あいつもどうしていいかわからないんだ。」

その気持ちは痛いほどわかるんだろう。

それにしても、例の一件から後、ユウトってばリュウタに優しいよね。

コハナちゃんと愛理さんの会話のシーンもしみるなぁ。

1人、デネブはマイペースだけど(笑)

桜井さんの謎とりょうちゃんの記憶。
今後の鍵になりそうなポイントも出てきたし。

今後もますます目が離せないわ。

来週は、最初から最後までクリスマスだぜっ」_(_ _)ノ)))☆

| | Comments (0) | TrackBack (7)

第43話「サムシング・ミッシング」

今週のTV欄は

仮面ライダー電王 「何かが変!?」

いつも変だけど?

顔がそっくりなだけあって、やっぱり駅長さんもオーナーと同じくらいアヤシくて読めない人だ_(_ _)ノ)))☆

イマジンの時間と今をつなげようとしているカイには、タイムリミットがありそうね。
前にも「もう時間がない」みたいな事、チラッと言ってたような気がするし。
いきなりカイが顔を出すようになったのも、イマジンだけに任せているうちにタイムリミットが迫ってきたから、かな?

え?最終回が近いから?

それは言わないお約束ぅ~(;_;)

桜井さんの失踪やその後の行動も、やっと謎が解けかけたかと思いきや、またさらに謎が深まったのね。
りょうちゃんの証言が正しくはない、なにかが抜け落ちてるとすると、りょうちゃんの記憶が書き換えられてるとか、そういう可能性もあるのだろうか?

切ないユウト編が一段落して、りょうちゃんとモモちゃんたちの物語へと戻ってまいりました。

前よりもがっちりと心を一つにしたユウトとデネブ。
でも、今度はりょちゃんとモモちゃん達の間に食い違いが。

イマジンの時間が現在と繋がらなくなればイマジン達は消えるかもしれない。。
てことは、モモちゃん達だって消えてしまう。

りょうちゃん、その事にほんとに気づいてなかったのかしら?
まあね、モモちゃん達が元々カイが送り込んできたイマジンだったってこと、すでに意識の外だもんね。

モモちゃん達はすでに覚悟はできてるようだけど、突然それをつきつけられたりょうちゃんはそうはいかないよね。
ずっとゆるがないで来た「しなきゃならないこと」
でも、それをやり遂げたら、大切な仲間達を失う。
いや、仲間達を犠牲にすることにもなる。
簡単に答えの出せることではないんだろうな。

ユウトは多分、そのへんひっくるめて覚悟を決めてるんだろうけど。

でも、りょうちゃんはやるべきことをやめようとするのではなくて、その辛い戦いを1人で背負う覚悟を決めた。
モモちゃん達に、自分を消してしまう戦いを続けさせることをさせないために。

「一緒に戦うわけにはいかない」

以前にりょうちゃんがその言葉を言った時は、モモちゃんも何も謝るしかなかったけど、今回はモモちゃんだって引き下がれない。
たぶん、お互いの絆が強ければ強いほど、どっちも譲れないよねぇ。

今までにも増して、辛い戦いになってしまうんだね。

しかし、イマジンの時間てどうなってるの?
ハナちゃんのいた、消えてしまった時間が分岐点に繋がるってことは、再生されるってことなのかと思うけど。
イマジンの時間って、どこにも繋がっていないの?
そんなことないよね。
でも、分岐点に繋がらなければイマジン達が消えるってことは・・・どういうこと?(・_・?)

やっぱり時間モノはむずかしいわ

今週のイマジン・カルテット

◎モモタロス

このまま戦えば自分達が消える。
それはわかっていて。

モモちゃんが一番にしてたのは、それを防ぐことではなくて、りょちゃんに知らせて苦しめることを防ぐ事だったみたいだね。

知られても、そんなたいしたことじゃねえと言わんばかりにはぐらかそうとする。

モモちゃんの優しさなんだよな。

でも、消えちゃやだよー(>_<)ヽ

ウラタロスキンタロス

今回はまとめちゃうけど。
モモちゃんと同じなんだね。

なにも言わないけど。
やっぱり自分達が消えることを承知でりょうちゃんと戦うのを決めてるんだね。

でも、消えちゃやだよー(>_<)ヽ

◎リュウタロス

リュウタ、変わったなーと思った。
だってね、りょうちゃんに詰め寄るモモちゃんを止めようとしてたもんね、
今までには見たことのない行動だよね。
担ぎ込まれてきたりょうちゃんに真っ先に駆け寄って心配そうに見てるし。
ほんとに変わったんだね。

だから・・・

消えちゃやだよー(>_<)ヽ

◇今週のりょうちゃん

イマジン達が消えると知って、思わず砂状態のモモちゃんにつかみかかって・・・・
そして手から零れ落ちる砂。

以前に経験した、消えかけたジーク。
そして一度は消えてしまったウラちゃん・キンちゃん・リュウタ。

実感として知っているその辛さを思い出して愕然としたんだろうな。

今度はモモちゃんまでだもんね。

それでも、りょうちゃんはけしてその現実からは逃げないんだよね。
モモちゃん達を解放して、たった一人で(ユウトは共にだろうけど)戦う決意をしたりょうちゃん。

ああ、今度はりょうちゃんがせつない(;_;)

▽今週のユウト

愛理さんを思うユウトはホントにかっこいい。
でも、デネブのボケにつっこんでるユウトはホントにかわいい(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (7)

« November 2007 | Main | January 2008 »