« July 2007 | Main | September 2007 »

第30話「奥さん花火どう?」

今日のTV欄は

仮面ライダー電王 「花火どう!?」

んー、なんかねー。
あの愛理さんが作ったという「危険な漢方ジュース」??
あのあたりの演出が、ちょっとやりすぎっていうか、あんまり好きじゃないのね。
去年あたりから気になりだした、なんつーか鼻につくようなっていうか。
それこそセンスが・・・。
まあ、好みそれぞれかもしれないけどさ。
鍋にタコとかゴーヤとか(どこが漢方よ?)ぶち込んだあの、そこはかとなく品のない画像といい、異臭で呼ばれて原因もはっきりしてんのにわざわざ封鎖して指紋とかとってる警察の不可解な行動とか。
なんだかなぁ。
もうちょっとすっきりと、筋の通った上で突き抜けた演出してほしいなぁ。
なんて思ったりするわけであります。はい。

ぜいたくかしら?

でも、その他の部分はおもしろかったね。
やっぱ肝心な所がブレたりしないと、多少の事は平気なものね(*^,^*)

今回は3組の「仲違い」がテーマかな?

野上姉弟。

この二人が警察沙汰になるようなケンカって、想像できん・・・・
と思ったけど、その辺は納得。
愛理さんが作る怪しいジュースの異臭に驚いたりょうちゃんが警察に通報。
せっかくりょうちゃんの為に作ったのに、危険物扱いされてお姉ちゃん激怒。

いやあ、愛理さん、切れると怖いのねー

ユウトとデネブ

こちらは仲違いというより、大切なカードを無駄に使わせて責任を感じたデネブの家出。

怒って罵倒してるようにしか聞こえない口調のユウト。
だけど、言ってることはデネブへの想いがこもっている。
なにより、ゼロノスのカードを捨ててまでね。
素直に優しい言葉なんか言わないんだろう。
でも、その気持ちはちゃんとデネブに通じている。
ちょっといいシーンでした。

花火職人と奥さん

イマジンに憑かれる男はことごとくダメ男だと、公式サイトにもあるけれど。
こいつもホントにダメ男ですなー。
子供が産まれたばかりのあのタイミングで、自分のわがまま通すとは。

笑顔で会いに来た奥さん、女神様のような人ですな。

それぞれが、時にすれ違っても、心通わないように思えても。
それでも消えない絆。

さらりとしてるけど、いい話ですねぇ。

今週のイマジン・カルテット

モモタロス

大活躍♪
デンライナー内での遊びを、だんだんみんなで見つけてるみたい(笑)
しかし、居眠りしながらのキンちゃんに紙相撲で負けるモモちゃん。
いきなりらぶり~

デネブと一緒に泥に顔つっこんだりょうちゃんに、なんだかガックリしてるし。

デネブに対してずけずけ言うけど、ほっとけないらしい所がいいよね。

デンライナーに置いてきぼりを食らう
デネブに撃たれる

かわいそうで笑った。

ウラタロス

一輪の花を手に登場。
似合ってるような似合ってないような(笑)

花火を見て「ビューティフル~」で、
「欧米亀かっ」のツッコミを食らう_(_ _)ノ)))

キンタロス

居眠りしながら、あんなに真剣なモモちゃんを倒すキンタロス関。
強い(爆)

しかし、イマジンって風邪引くの??
仮の体なのに?

あのツッコミは、どこで覚えたっ(爆)

リュウタロス

お絵かきも、あんまり邪魔にならないとこでやってる。
ちょっとはお行儀よくなったのね(*^,^*)

「モモタロスのばかー!」

てのがかわいい(*^_^*)

□クライマックスフォーム

(コーヒー)うまいっ!

それでもいいんだー_(_ _)ノ)))

攻撃されても場所によっては全然平気なモモタロス。
てか、どういう仕組みなんだあれ?
痛い目に遭うのはウラちゃん達なのね。

今回の必殺技はボイスターズシャウト

シャウトつーくらいだから、超音波かなんかかと思ったら、容赦ないミサイル攻撃?

あれはよけられないよね。

◎今週のりょうちゃん

小さい時はかなわなくても、普通弟って大きくなるとお姉さんより腕力は上になったりするけど・・・・。
りょうちゃんの場合は、愛理さんにすら負けそうよね(笑)

まあ、あの状態では愛理さんよりりょうちゃんの方に同情しちゃうかも。

ふくれっ面もちょっとかわいい(#^_^#)
それでも他の人に当たったりしないのが良いところ。

それに、ちゃんと顔を合わせれば仲直りできる、いい姉弟です。

それにしても、今日のアンラッキー王子っぷり。
久しぶりに絶好調?(笑)

デネブとコンビ組むと、二人して不運に合うわ、ドジってコケるわで大変だ。

デネブの悩みを聞いたり、クライマックスフォームになるための手を打っておいたり。
なんだかんだ言って結構やるじゃん。

例え浮き輪にはまって泥につっこんでも(爆)

それにしても愛理さんの浴衣、襟にレースって個性的~。

さあ、来週は!
ミルクディッパー差し押さえ?
しかも愛理さん無理矢理婚約?
ユウト、どうする?

そして、川に捨てられたゼロノスのカードは見つかるのか??

また楽しみですな♪

| | Comments (0) | TrackBack (9)

第29話「ラッキー・ホラー・ショー」

今日のTV欄は

仮面ライダー電王 「町内の怪談」

違いすぎるってーーー!!( ;^^)ヘ..

今日の話は、なんていうかもう、ある意味傑作と言っていいのではないかと。
ちゃんと軸があって、それに沿ってドタバタドタバタにぎやかで。
そして、あたしの大好きな肩透かしのいい意味での驚き。

いいねー。
電王ならではって感じで。

まずは蜂イマジンにとり憑かれた男。
殺人事件だなんて、電王にしてはこわいなーと思うのが不思議(笑)
自分が殺したと思っていた町内会長が生きていて、それを知ってなにより笑顔を見せた男に、ちょっとほっとしたね。
きっと事件後ずーっと後悔して苦しんできたんだろう。
こいつも、根っからの悪人ではなかったということで。

でもねー、こだわるとしたら。
やっぱ人殴って強盗しようとして、死んだと思い込んだからって死体を隠して逃げるってのは・・・・
やっぱり悪い事だからね。
最後の笑顔はよかったけど、今までに苦しんでいたあたりを、もちょっと見せてくれたほうがよかったかなー。

でもま。
救いのある展開だったのでよしとしましょうか。

そして。
なんとか、イマジンカルテットの心を一つにしようとがんばるりょうちゃん。
で、イマジン達も一応はそれに答えようと真剣(?)に努力をしてはみている様子。
でもねー、そう簡単にいくわけのないこの4人ですよ。

試してみればみるほど仲悪くなっていく気がするよねぇ(笑)

クライマックスフォーム、センス悪いなーと思っていたらさ。
りょうちゃんが気に入っていて、それをモモちゃん達が突っ込むあたり・・・。
ほんとに視聴者の気持ちをわかってくれてるなー_(_ _)ノ)))☆

そんな中、ゼロノスへの変身カードがあと2枚。
大事に使わなきゃな。
って状況のユウトとデネブ。
予告であと1枚って言ってたから、どんなことで減るのかと思っていたらアレだもんなー。
手打って笑っちゃった。
こういうの大好きなのよー_(_ _)ノ)))☆
肝試しでビビるデネブの悲鳴を、イマジンにやられたと勘違いして変身しちゃうユウト。
ビルから飛び降りるゼロノスがかっこいいだけに、すばらしいですわ。

ユウトも、もっとちゃんと確かめてから変身しないとねー(笑)

そしてもう一つの肩透かしは。

「みんなで力を合わせて戦うぞ!心をひとつにっ」

てのが、まあたぶんりょうちゃんが考えてたことだと思うんだけど。
実際4人の心がそろったのが・・・

おまえら邪魔っっっ

心を一つにするって、方向性はなんでもいいんだー
確かに、4人の心が一つになりました
(T-T)ノ_彡☆
笑い死ぬぅぅ

◎今週のイマジンカルテット

今回はそれぞれってよりも、4人でのドタバタコントが最高だった。
なんだかんだ言って、コントは息がぴったりね(笑)

クライマックスフォームのために一生懸命合体しようとするとこがおかしくておかしくてっ。

モモタロス

先輩として、4人をまとめるためにがんばってはいるけど、まあ、自分からあわせる気はまったくなさそうよね。

クライマックスフォームを気に入ってるっていうりょうちゃんに
「お前のセンスなぁ・・」

で、キンちゃんにひっぱられてぐきって。

肝試し。
チェックポイントごとに交代って言ってるのに、ウラちゃん押しのけて登場。
いきなりクライマックスな勢いだけど、やっぱ犬はだめってかーー_(_ _)ノ)))☆

つか、アレ、作り物だしー!

モモちゃんて、苦手なものはとことん苦手なのねー。
今回もらぶりー三昧です(爆)

でも、いち早く(でもないけど)イマジンに気づくのはさすが。
言う前に3人にどつかれて痛そうだねぇ。

クライマックスフォームになっても、やっぱりメインはソードフォーム。
ばっちり決めるけど、やっぱり気持ち悪いのねぇ。

「完成、クライマックスフォーム」

が一番ウケた。

ウラタロス

肝試しに失敗してめずらしくテンション高い様子。

肝試しでのマイペースっぷりはらしいよね。

「汗はかきたくないんだよねー。」

ってね。

モモちゃんと違ってなんでも楽しもうという姿勢が、いかにもです。
幽霊役の女の人も、投げキッスでクリアしちゃうのもツボ(*^。^*)

キンタロス

肝試しで優勝して「りょうちゃんの体を一日使える権」を目指すみんなの努力を、あっさりと台無しにするキンちゃん。
持ち味だねー_(_ _)ノ)))☆

リュウタロス

今日はまたことさらにかわいかったねー。
肝試しの商品が愛理さんとお茶を飲む権だってことに怒って大騒ぎ。
肝試しでの出番が、キンちゃんのせいでなくなっちゃってすねまくり。

「ねぇ、僕も行っていいよね?答えは絶対聞いてない」

と、

「ボクはまだやってなーい<(T◇T)>」

が特にかわいかったわ

それにしても、ほんとにモモちゃんに対しては反抗的。
なんでかしらねぇ。
おもしろいからいいけど。

◎今週のりょうちゃん

いきなり4人にのっとられて翻弄されて、挙句の果てにぶっ倒れる。

いいねー。
りょうちゃんだねー。

でもそんな目にあっても、全然怒らず、4人の心をひとつにまとめようと考えてるなんてね。
ほんとにお師匠様みたいだ(笑)

クライマックスフォームを気に入ってるっていうのは、その個性的なセンスってこともあるんだろうけども(爆)

でもきっと、みんなで一緒に戦えるのがうれしいってことなんだろうな。

みんながきっとやってくれる事を信じて、プラットフォームのままがんばる姿がケナケナよぉ(*^。^*)

◎今週のハナちゃん

肝試し大会を「勝負事」といいはなつハナちゃん。
ほんとに男前だな~。
苦手なことでも挑戦するあたりはね。
でも、案の定脅かし役のお兄さんをぶっとばしてしまうなんて、ハナちゃんらしい。
いつもながら、ハナちゃんの色気もなにもない突き抜けた悲鳴も最高ですし。

◇今週の高岩さんと佐藤くん

これはもう、すっごく、なんていうか

すげーーーーー

4人いっぺんに憑かれちゃったりょうちゃん。
あれだけの表現ができるのは、佐藤くんでなきゃ無理でしょう。
踊りながらおなかボーンしてるし。
いやあ、すげーすげー

そして高岩さんも。

「日本一 良太郎」

でフィーバー!なクライマックスフォームもよかったけど、戦い終わってからのもすごい。
ちゃんとね。
キンちゃんの動きは左手の先から。
ウラちゃんはもっと肩の近くから。
リュウタは胸から。
動きがちゃんと別れてるんだもんね。

このふたりがいてこそ、電王はここまでおもしろくなったんだよね。
すごいことです。

しかし諸君。

お墓壊すのはマズイでしょー(~_~;)

| | Comments (0) | TrackBack (9)

第28話「ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ」

今日のTV欄は

仮面ライダー電王  「驚き新変身」

情緒もなんもないっす。

クライマックスフォーム、かっこいい?
なんだかデザインがねー。
もうちょっとこう、どうにかなんなかったのかしら。
あれ、誰のセンス?

クライマックスフォームって、おもちゃのためにむりやり作ったのかなー、なんてちょっと思えちゃったりしてね。

ウラちゃんたちが消えるってのも、ストーリー的につながってるとはいえ展開が唐突な気もする。

なんて不満が実はあるんだけど。
それでも・・・

それでも泣けたでぇぇ!!!.・゜゜・(/。\)・゜゜・.

時間としては短いと思うけど、りょうちゃんを初めとしてみんなの想いがあますところなく描かれていたと思うし。

数回前からの流れでいくと、ジークが消えかけた話ともちゃんと繋がってる。

「イマジンとのつながりは記憶」

そして劇場版の

「記憶が時間」

これが生かされていて、りょうちゃんの記憶が消えている時間のりょうちゃんに憑いたウラタロス達、という設定が出てくる。
通説的なタイムパラドックスについてはあまりこだわりのない電王でも、やっぱり同時に同一人物が存在するってことは無理なことなんだね。

そして、ウラちゃん達の存在を救ったのは、

「強い想い」

今回のオーナーは「アツイ想い」という言葉を使ってるけどもね。

他のイマジン達は、憑いている人間とそんなに強い絆なんか結ぶ状況にはならない。
(ユウトとデネブは別よ。 あと、キンちゃんと本条は可能性ありかな)
だけど、りょうちゃんと4人のイマジンにはすでにそれが存在しているわけで・・・。

もっと時間かけてやってほしかったけど、でも短いなかで最高にいい話だったなぁ。

本日のイマジン・カルテット

モモタロス

ウラちゃん達が消えると聞いても、あえて知らん顔をして知恵の輪をいじってる。
でも、いつになく無口でローテンションなその姿にほんとの想いが現れてて・・・・。

りょうちゃんとたった二人で戦っている間に、突然3人の不在を実感したのか、
「勝手にいなくなりやがって、このばかやろー!」
と叫ぶあのシーンで涙ぐんじゃったよ(T_T) ウルウル

そうやってホロリとさせておいて、いざクライマックスフォームになるときにはびびりまくり・・・

「わー、くまっ くまっ!!!!」

「わーーっ皮がむけたぁぁ!!!(」゜ロ゜)」 」

いいよ。
いいよそのリアクション!!!!

みんなが戻ってきてホントはものすごくうれしいのに、また憎まれ口叩いて陰でうれし泣き。
かわいいんだからもぉ~。
ほんとに萌えさすわ~(*^。^*)

ウラタロスキンタロス・リュウタロス

なんか書ききれない気がするので、3人まとめて。

消えないでよかったねーーーーー(ノ_<。)うっうっうっ

◇今週のりょうちゃん

どうにもできない状況に、とにかく体を鍛えることしかできないで・・・。

今まで一度も4人がついてることに愚痴をこぼしたことなんかなかったのに、初めて本当は

「モモタロス達が憑いていなかったらって思ったこと、あるんだ。何回も。」

なんて事を口にして。
だけど。

それでも。
みんなのいるデンライナーが好きみたいなんだ。

そうして、彼らのカケラに願ったのは。

「ずっと繋がっていれたらと思って・・・」

ケータロスを持つその手は震えてて・・・

もぉぉぉぉぉぉぉ!
またこの子は泣かせるしーーーーー(;_;) グスングスン

△今週のハナちゃん

イマジンを憎んで、デンライナーの4人すらはじめは嫌ってたはずなのに、ウラちゃん達が消えるとひっそりと泣く。
ハナちゃんとも、絆は生まれてたんだよね。

3人が戻ってきたときも、同じようにひっそり泣いて。
で、最後にモモちゃんをぶっ飛ばすパワーはいつもをはるかに上回ってる。

デンライナーこわしちゃだめじゃーん!_(_ _)ノ)))☆

おおげさで、むりやりな「お涙ちょうだい」的展開ではなく、みんなの想いがじんわりとしみてくる、いい話でした。

今回の高岩さんは、いつもに増してすごいねえ。
細切れでいっぺんに4人分だもんね。
決めセリフ連続技も、「わーいわーい」でばらばらな動きも感心しながら大爆笑!
今後もクライマックスフォームのたびにこうなのかな?
ハードル、どんどん高くなってるね、高岩さん(*^。^*)

映画の予告編に、ミニ電王までばっちり出ちゃってるけども(笑)
ネタバレしまくりですね(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (6)

第27話 ダイヤを乱す牙

今回のTV欄は  仮面ライダー電王「牙王登場」

なんだかやたらと賑やかで騒がしいと思ったら、石田監督だった(笑)
若干メリハリは欲しいものの、テンポがあって笑ったよ。

引き続き映画連動編。
これは映画公開の特別編なのかと思ってたけど、今後の展開を見るとちゃんと本編と映画は繋がっているようです。
この、劇場版と連動したエピソードがある上での、今後の展開、と。

今回はまんま映画へと繋がる話で、

おお!ここからあそこに繋がるのかっ

とか、

なんと!あいつはこういういきさつだったのかっ

なんて楽しみながら見ていたよ。
昨日のうちに見れてよかったなぁ、映画。

とはいえ、映画をまだ見てなくてもちゃんと成立してると思うので、それはそれで楽しめるでしょうね。

でも!
まだ見ていない方々。
早めにごらんになることをお薦めしますよ。
見て損はないと思うもの。

しかし・・・・

映画の映像を本編でこんなに使っていいのかしら。
今回の4分の1くらいは映画の映像じゃないのか?
しかも、あのシーンやこのシーンまでっっ

今週のイマジンカルテット

モモタロス

モモちゃんがいれば、防犯対策は万全ね。

遠慮なく暴れられるいいチャンス!
とばかりに楽しそうに泥棒に向かうM良太郎が_(_ _)ノ)))☆

だけど、パジャマ姿の愛理さんにどきどきして目のやり場に困ってるあたり。

またしても萌えさせるしぃ。

かわいそうに、またハナちゃんに殴られちゃうし。
殴られるほどのこと、してないのにねぇププッ ( ̄m ̄*)

そしてとうとうモモちゃんも着ぐるみで登場!
狼なのねー。
ちょいちょい顔がまがっちゃってるところがかわいいってばっ

うさぎ跳びする人(?)、ひさしぶりに見ました(爆)

トリオ・ザ・着ぐるみで尾崎を責めてた時、

「ああ見えてあの女は・・」

なんて言おうとしたんだろ。

ウラタロス

U良太郎かっこいいよ(*^。^*)
萌え~~(*^^*)

実際の肉体労働のほとんどをハナちゃんとユウト(ボクちゃん呼ばわり)に任せて、自分はバイクでかっこいいとこだけさらっていくとこなんか、もう最高ですな。

そして、劇場版でのあのシーンへ、ここから繋がるのだなぁ。
なるほど。

キンタロス

デンライナーの壁でどすこい稽古しないでください。
壊れたらどうすんだ(笑)

尾崎をみんなで責めてる時、着ぐるみのゾウの鼻を効果的に使ってたのには笑った。

ハナちゃんに殴られて曲がったモモちゃんの着ぐるみの頭直してあげたり、倒れたウラペンギンをおこしてやったり。
やさしいのう。

リュウタロス

泥棒には興味なし。
お姉ちゃんに危険はないから。
だから出番ないぞ(^。^;)
着ぐるみ着れば、お姉ちゃんに抱きつけたのに(笑)

今週のりょうちゃん

すごい寝ぼけ方_(_ _)ノ)))☆
ちょっとコワイよ。
夏だからいいけど、冬はあれじゃ風邪ひくよ・・と心配。

泥棒を心配して集まった面々みんなに振り回されてる姿が、やっぱり萌えポイント高いね(*^。^*)

しかし、ミルクディッパーってどうなってるのかしらね。
いつもは別のところで寝泊りしてるみたいだけど、
「良太郎が泊まってたから」
って、愛理さんはいつもここで暮らしてるの?
りょうちゃん1人で暮らしてるわけ?
って感じもしないのになあ。

愛理さん、あんなストレートな髪なのに、なんで頭にポンポンいっぱい付けて寝てるんだ(笑)

ユウトもだいぶよくなってきました。
戦うと強いけど、ずっとおっかけっこで若干くたびれてる感じとかおもしろかったし。

次回は大変な展開になりそうだけども

CMですでにネタバレしてる・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (6)

劇場版・俺、誕生!

公開初日に見てまいりました。

まずは「電影版・ゲキレンジャー」

去年は見なかったけど、その前までは戦隊のほうがイマイチだったので、あんまり期待してなかったの。
特撮の、特に巨大ロボの戦闘シーンばかりで、ストーリーのほうはおざなりというイメージがあって。

でも、今回のは良かったね。
ちょっとした演出とかが工夫してるなーと思う部分もあったし(細かいとこだけど)
小野真弓さんのキャラが好きだったよ。
アクションも見ごたえあったしね。

あたしの中では評価高いっす。

「モモタロスのなつやすみ」

どんなのだろうかとワクワク楽しみだった。

やっぱりウケた_(_ _)ノ)))☆

ほんとに短いちょっとしたものだけど、こんなものを作れる仮面ライダーはそうないよね。

あたし的には、キンタロスが一番笑った。

さて、メインの「劇場版仮面ライダー・俺、誕生!」

こちらは期待しすぎちゃったかな。
もっと大感動ものを予想してたから、その面では物足りなさがあるけども。

でも、おもしろかったよ。

もう一度言っておくが、去年の劇場版はまったく見る気もなかったので知らないのである。

が、響鬼の時のように、あとで一生懸命脳内補完しなければならないようなことは全くなかったし。

一番はやっぱりそれぞれのキャラが立ちまくってることがいいんだろうな。
劇場版でスケールが大きくなっても、モモタロスはモモタロスだし(笑)

冒頭のあたりのりょうちゃん達のやり方がちょっと珍しいな、と思ったけど、27話を見て納得した。
なるほどね。

今の段階では詳しいことはもちろん書けないんだけど、野上姉弟の家族の事とか、そのことに絡むりょうちゃんの、そして小太郎の想いとか。
なくしたモノも、過去に戻ったからと言って安易に取り戻せるわけじゃないけど、でも、それはそれでいいんだと。
覚えていることが大事だと。

なんかいいです。

それとね、牙王いいっすね。
さすが渡辺裕之さんだね。
コワイだけじゃなく、強いだけじゃない。
生い立ちとか詳しく描かれていないのに、なにか深みを感じるキャラでね。

ジークもいいっ
相変わらず空気読めない強引なやつ。
そしてとばっちりはモモちゃんへ_(_ _)ノ)))☆
最高だっ

もう一回見に行きたいと、やっぱり思う作品でした。

まだ見てない方、見に行くかどうか迷っている方。

これは見るべきよっ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« July 2007 | Main | September 2007 »