« June 2007 | Main | August 2007 »

第26話 神の路線へのチケット

すげーじゃん!
広川さんが!太一郎さんがリンリンシー役を!
なんてぜいたくなーーー

おっと。
これはゲキレンジャーの話です。

今日のTV欄は

仮面ライダー電王 「映画PR編」

今日も直球ストレートね( ;^^)ヘ..

ここまで公開前の映画の内容と連動してるってのも、珍しいというか。
ヘタな特集番組よりおもしろいと思う。
映画のほうのサイドストーリーにちゃんとなってるし。

どうやら映画の方ではユウトとりょうちゃんたちの関係も、多少違うみたいだし。
そのへんもうまく使ってるように思う。
映画との関わりも、ほんのちょっとだけのさわりじゃなくて、真っ向から出してくるってのも思い切ってるなぁ。

別の時間の同一人物が、同じ時間で出会うって、一般的なSFの常識ではあり得ない・・・ていうかタブーっていうか。
なんだけど、電王はそういうのはあえて無視の方向でやってるようなので、いっそすっきりしてていいね。
出来ることの幅も広がるわけだし。

しかし、過去の人間に未来のことあんなにしゃべっちゃっていいんかい?

りょうちゃんが映画のユウトに拉致られて何をさせられてるか、数日前に気づいてちょっと得意げになってました、実は。
でも、今日のでその辺もかなりはっきり出てきちゃったのね。
やっぱりそうなんだねー。
なるほどお。

で、メインの兄妹のエピソードもきちんと描かれてるし、どちらもいい加減じゃないところがさすがです。

今回のイマジンは、この前のカメとはまたちょっと違うタイプの分裂型なのね。
いろんなのがいるんだなぁ。
これって、憑いた人間によるのかな。
それとも、もともとのイマジンの個体の違い?

今週のイマジン・カルテット

モモタロス

行方不明のりょうちゃんをかなり心配してたみたい。
いいやつだなぁ。
ボロボロでユウトを追っていったりょうちゃんの強い意志は止められないと、ちゃんとわかってるんだねー。
うんうん。

でも。
電王の戦い方、悪役みたいだよ_(_ _)ノ)))☆

今日はあんまりギャグはなかったけど、はじけたアバレっぷりですっきり。
コントでもアクションでも、モモちゃんはいいなぁ(*^_^*)

ウラタロス

あんまり出番なし。

映画のほうでは、U良太郎が見れてちょっと萌え(うふ)

キンタロス

こちらも出番少なかったな。
コントがないとすることないのか?(笑)

リュウタロス

アブナイよ。
リュウタに刃物はアブナイよ(~_~;)
そりゃみんな慌てるよ。

またしてもモモちゃん押しのけてむりやりガンフォームになって、すぐやる気なくすし。
困った子ちゃんだな。

4タロスとも、オーナーが突然現れた時の驚きようには笑ったよ。

今週のりょうちゃん

訳わからないまま拉致られてボロボロ・・・・・
あ~あ。
ものすごくりょうちゃんらしくて、いいわ(おい)

それでも、どんなにボロボロでもイマジンとの戦いを放棄しないのはさすがだ。
りょうちゃんのそのへんの強さを、ちゃんとモモちゃんがわかってるのがうれしかったなぁ。

何度もデネブに抱きかかえられて拉致されてたけど、今日はとうとうお姫様だっこ!

行方不明の桜井侑斗と愛理さんがよく行った希望が丘。
その場所を知っていて、星にも詳しいユウト。
ほんとに同一人物なの?
いや、桜井さんとか愛理さんから星の事を聞いて育ったからという可能性も・・・

やっぱ違うのかなあ。

ラストのオーナーの映画へのお誘いはすばらしいねぇ。
渋いつーか。
かっこいいよ、オーナー(笑)

ナオミちゃんのコーヒーは、やっぱ一般人には出してはいけないと思います(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (9)

第25話「クライマックスWジャンプ」

今日のTV欄は

仮面ライダー電王  「映画連動編」

なるほど連動なのね。

しかし、なんというか不思議な話になってますねー。
映画の予告で見たシーンがちらほらちらほら出てきて。
これが単なるお遊び編かと思えば、ちゃんとイマジンにとり憑かれた妹思いのお兄ちゃんのエピソードもあって。
そっちのイマジンはとっとと倒しちゃったけど、兄妹のエピソードはまだ続きそうだし。

で、りょうちゃんがユウトとデネブに拉致されてるらしい事件は、なにがなんだかわからない状態。
あのユウトたちは別時空のユウトたちとか?
デネブの後ろをもう1人のデネブが走ってたし。

う~ん。
なんだかわからなくてワクワクo(^o^)o

かねてより楽しみにしていた(笑)りょうちゃんの部屋。
健くんが「良太郎らしい部屋」とブログに書いてたので、きっとシンプルでさ~っぱりす~っきりした部屋だろうと想像してました。
片付いてすっきりしてたのは確かだったけど、なんだろうあの不思議空間は・・・。
和室にベッドはよくあるからいいとして、飾ってある和モノの数々。
あれ、りょうちゃんの趣味?
ミルクディッパーの雰囲気とはかなり違ってておもしろい。

ユウト、なんだかんだ言って用もないのにミルクディッパーに来てる様子。
やっぱり愛理さんの顔が見たいのかな?
だけど、飾りつけに夢中になってる時の顔は、とっても素直な笑顔に見えるよね。
りょうちゃん達に向ける仏頂面は、意識的にやってるとも思える。
正体がわからないとその辺も不明だけど、なぜなのかしらね。

コーヒーに砂糖たくさん入れてますが、あの「ん~、あま~」って顔はおいしいのか甘すぎるのか、どっちなんだ。

なんにしても、キャラに深みが出て来ていい感じ。

行方不明の桜井侑斗と同じように星が好きな様子だけど。
侑斗とユウトはホントに同一人物なのか?どうなのか?
あたしは違うほうがいいな~。

デネブもねー。
「ユウトの友達」に関する事になると、ほんとに一生懸命。
やっぱりそれが契約?
単にああいうキャラ?

二人で歌ってる歌、いい感じね。
変身後のボケ突っ込みもおもしろいし、いいコンビ出来上がってます。

ユウトに関しては「無駄だと思うよ」とちょっといつもと違うりょうちゃんに向ける愛理さんの表情・・・。
なにかあるように思えるのは、あたしだけだろうか。

本日のイマジン・カルテット

◎モモタロス

わさびの効果・・・・てあれはなに?

眉毛がっ眉毛がっ

「ドゥリ~ム」って。

「あは~ん」って。

「おスケベカメくん」って_(_ _)ノ)))☆

コーヒーの名前が「ゴールドジェントルマンコーヒー」だっつっても、あれはジェントルマンって感じじゃないよね。

片膝立てて座ってるとこを、ウラちゃんにヒョイッて引っ張られてるところで爆笑した。

今日も「オレ、参上」はなし。
徹底してイマジンコント・イン・デンライナーで活躍だったのね。
おもしろすぎるっ!
でも戦うモモちゃんも見たいよー

◎ウラタロス

予告では、恐竜世界でせまってくる時、巨大化してんのかと思った(笑)
あのアヤシイコーヒーの被害にはあわなかったけど、もし飲んでたらどんなになってたんだろ。
モモちゃんたちと同じようなタイプなら、いつものウラちゃんがバージョンアップしただけみたいだよね。

◎キンタロス

こいつもおかしいってば。
モモちゃんとちょっと違って、どっちかっちうとリュウタ寄りのキャラになってないかい?
でも、おっさんがラッパー気取ってるみたいだ(爆)

「きいちゃったりなんかしちゃったりすればいいじゃんさー」

なつかしの広川太一郎さんのフレーズを思い出したのは、多分あたしくらいのもんだろうな。

◎リュウタロス

今日は騒がず、一人で拗ねてる。
今回の不思議事件には関係してるわけじゃあ・・ないよね。

◇今週のりょうちゃん

寝顔♪寝顔♪

あんなにデネブが大騒ぎしてるのに、全く起きる気配がないってのも・・・。
やっぱ大物ねぇ。

デネブに抱きかかえられて運ばれるとこも萌え~。
さすがにお姫さまだっこではなかったけど、あれ、子供がだっこされてるみたいじゃない?(笑)

反感持ってはいても、ユウトが星好きな様子に気づいて複雑な表情。
優しかった桜井侑斗と同一人物とはとても思えないけど、でも、なにか通じるものもあり・・・。
これからも悩みそうだねぇ。

ユウトとデネブの体の取り合いの様子を見て、すっぱい顔してましたが(笑)
モモちゃんたちが取り合ってる時の自分も、こんな風に見えてるのかと思ってたりしてね。 

いつも不運なアンラッキー王子だけど、今回は特にわけのわからない状況に振り回されてますなー。

「だいぶ鍛えられた感じ」(byりょうちゃん)ではあってもすでに体ボロボロだし。
また倒れちゃうんじゃないかとわくわく心配。

ラストの実体化したイマジンカルテットのシーンは、あれはモロに映画のシーンよね。
リュウタとか予告そのものだし。
次回のサブタイが「神の路線へのチケット」

コレを見ないと映画は見れないぞってとこ?

次回はソードフォームの出番ありそうだし、楽しみっす♪

さて、このところの電王コラボはすごいね。

クレヨンしんちゃんは同じ局だしまだわかるけど、局違いの「ケ○ロ軍○」がすごかった。

「僕、参上」「僕は最初から最後までクライマックスだよ」「僕の必殺技、パート999!」

って言ってたのが関さんだし_(_ _)ノ)))☆

いろんなとこを「ここまでやるのか?????」ってくらい。
いやあ、すげーもんを見た。

見逃したけど、「ハ○テのごとく」「銀○」でもパロってたという。

恐るべしっ電車の王様

| | Comments (0) | TrackBack (6)

第24話「グッバイ王子のララバイ」

今回のTV欄は

仮面ライダー電王「さらば王子」

いやあ、態度でかいですな~、ジーク(笑)
よく考えたら、犬や猫といっしょくたにリュウタに拾われてきたのよねー。
なのにすっかりお召し列車で主気取りだもんね。
デネブまで小さくされて。
しかもデネブは喜んでるし。

ハナちゃんの鉄拳で反省したり、消えかけてる状態でも「ご苦労だった。感謝する。」
と王子を貫くあたり憎めないキャラなので、消滅しちゃわなくてほんとによかった。
劇場版ではあのあとのジークが出てくるのかな?
あのままいれば、10年間の時を過ごしたジークと2007年に再会できるもんね。

ハナちゃんに2度目に殴られてぶっ倒れたのにはウケた。

今週のイマジン・カルテット

モモタロス

出番少ないよ~。
ちょっとさびしいよぉ~。
出番といえば、取調べ中のりょうちゃんを危うく有罪にしかけただけだし(^^;;;

なんで今回は電王になりたがらなかったんだろう。

ウラタロス
 
取調べのシーンはウラちゃん大活躍!
口からでまかせで相手を否応なく納得せざるをえないようにする
ってのは大得意だもんね。

ロッドフォームも強かった。
キック技はさすがです。

キンタロス

取調べ室に砂状態で行った時には起きてたのに、なんであそこで寝ちゃうかなー。
りょうちゃん助ける、本気であったんか?(笑)

K良太郎、久しぶりに見たわ。

「カメの字」って言った?「カメの字」って_(_ _)ノ)))☆
ウラちゃん、よく素直に聞いてあげたのね。

なんだかんだいいながらみんな、やはり消え行くジークのこと、やりきれなく思ってるんだよね。
せめて敵イマジンを倒して、ジークを安心させてやろうと、そういうとこよねぇ。

リュウタロス

今日は後ろでちょろちょろしてるだけだったね( ;^^)ヘ..
モモちゃんといい、わんぱく兄弟は出番なしって?

でも、ユウトがそばに来た時のいやそうな態度とか、はっきり出てました。

◎今週のりょうちゃん

取調べ室。

ナゼ赤ちゃんといっしょだったか。

「たまたま、歩いてたら・・・」

ナゼ赤ちゃんの身元を知ったか

「それもたまたま・・・」

りょうちゃん。
もうちょっとなにか考えようよね(^。^;)
ウラちゃんみたいにでまかせ言いまくれとは言わないけどさ。

そんなところももちろん萌えポイント(*^_^*)
刑事さんの迫力に気失ってるし。

でも、ジークの窮地を救ったのはりょうちゃんの機転。
こういうとこは気がつくのに、やっぱり嘘とかつけないのねぇ。

過去へ飛んださそりイマジンを追って行った時のプラットフォーム。
高いところからアワアワしながら落ちてましたが_(_ _)ノ)))☆

◎今週のハナちゃん

ジーク、3回も殴ってた・・・。
ほんと強いわ~。

愛理おねえさん。
りょうちゃんが連行されたと聞いてさすがに心配顔・・・

だけど。

やっぱり落ち着いてるよね。
不運慣れしてます。

あの場にいた人たちが、全員りょうちゃんは誘拐事件に巻き込まれたとしか思わないってのは、う人柄と、常日頃の不運っぷりをよーく知ってるからなのね。
誰ひとり、りょうちゃんが犯人だとはこれっぽっちも思ってないもんね。

あ、昨日機種変したら尾崎さんと携帯がおそろいになっちゃいました。色は違うけども。

さて、来週はいよいよタケルくんがブログに書いてた「りょうちゃんの部屋」が見れるかな?
o(^o^)o

| | Comments (0) | TrackBack (8)

第23話 王子降臨、頭が高い!

今回のTV欄は
仮面ライダー電王「王子降臨!!」

オープニングにゼロノスが加わりました。
四隅のダンスも微妙に変化があるみたいね。
ゼロノスって、立ち居振る舞いがなんだかかっこいいわ。
大人の余裕があるっていうか。
ユウトっぽいかどうかは別としてね。
さすが、中の人が元響鬼だけのことはあるよね。

デネブとユウトのやりとりも、だいぶ板についてきたというか。
デネブのズレた発言を、自分の頭グリグリしたりして黙らせるユウトとか。
なかなかおもしろいです。はい。

最近のトラブルは、ほとんどリュウタが原因。
こまったいたずら坊主ねー。

それにしても、あんなイマジンがデンライナーに乗っている事に気づかないとは。
モモちゃんの嗅覚(?)も鈍っているのでは?

赤ちゃんに憑くイマジンって、何考えてんだ??と思ってたけどね。
一緒に生まれてしまうとはっ。
その手があったのね。
ナイスアイディアですわ。
未来からエネルギー体だけでやってくるイマジンが、2007年に生まれることで、その存在エネルギーが強まるってのはおもしろいね。

しっかしエラそうなイマジンだわね、ジーク。
言葉遣いもアレだし。
未来の世界ではホントに王子なのかい?
そんなセレブまでがなぜ、2007年に?
それとも、単なる勘違い野郎?(笑)

と、ジークの強烈なキャラに感心していたら、もう1体のイマジンのキャラもいいよねぇ。
「めんどくさがり」

ほんとに、電王っって穴がないっていうか、隅から隅まで見ごたえありね。

今週のイマジン・カルテット

モモタロス

泳げないに続いて弱点発覚!
あんな子犬も怖いのか?_(_ _)ノ)))☆
仔犬に追いかけられて、通路の角にはりついてる姿ってば。
どこまで萌えさすのよー。

泳げないについては、こちらで努力はするらしいね
ププッ ( ̄m ̄*)

ちっちゃくなっちゃって、カップに入れられたモモちゃん達。
カップのふちから一生懸命手を伸ばしてたのはスプーンを取ろうとでもしてたの?

久しぶりに俺、参上!」だーo( ̄w ̄)9"うっしゃ♪
ソードフォームの戦いぶりは、頭使ってないけど勢いがあって大好き(笑)
とどめさせなかったけども。

「海より深い」おバカキャラ・キンちゃんに「アホか」と言われてしまいました。
勘違いを訂正されて「あ、そうなの?」って。
もぉ~。
萌え疲れさす気?

ウラタロス

さすがのウラちゃんも、ジークのでかい態度にはキレてた。
モモちゃん止めるふりしてキンちゃんといっしょになって、J良太郎を蹴ってたもんね。

キンタロス

前回のおバカぶりとは打って変わって、瓦礫のなかで赤ちゃんのお母さんをかばってたあたり、ちょっとかっこよかったね。

リュウタロス

リュウタがすごいと思ったのは、ああいう子犬達を見つけてきちゃうとこ。
野良犬には見えないし、血統書ついていそうな子達だし、そう簡単にその辺に落ちてないぞ普通・・・・
まさか、よその家とかペットショップから盗んできてるんじゃないだろな。

「ハナちゃんに殴られた~<(T◇T)>」
とか、
「わーっ!こんなの出てきたっ」
なんて、無邪気な子供っぽくてかわいいのにねぇ。
トラブルメーカーなんだから( ;^^)ヘ..

今週のりょうちゃん

髪短くなったね。こっちのほうが好き(*^。^*)

がんばって鍛えてるのね。
成果が出てきてるのねぇ、うんうん。
あれでね・・・(~_~;)

どうみてもヘロヘロでヨレヨレなのに、
「かなり鍛えられた感じ」って・・・・

いいんだよ。
昨日より今日、今日より明日。
少しづつでも前に進むのが大切なんだよね。

でも、あのレベルで記録って、ねぇ。

アンラッキー・萌え王子も、どんどんパワーアップしてきてる感じ(爆)

4人に取り付かれてるだけでも大変なのに、この上さらに体乗っ取られちゃうりょうちゃん。
まだこんな引き出しがあったのね。
すごいね、タケルくん。
カップを持つ手つきが最高だっ

ジークに「そこのお手伝い」と言われて、真っ先に自分だと思うあたり、りょうちゃんらしいっていうか。

今週のハナちゃん

モモちゃん達がちっちゃくされて、
「あんた~( ̄△ ̄#) 」
と見上げる顔が、コワイ・・・。

昨日、劇場版前売り券・フィギュア付きをゲットしたのよ。
砂バージョン・モモタロスは、通常バージョンより顔がコワイ(笑)
でもらぶり~♪

| | Comments (0) | TrackBack (4)

第22話 ハナせない未来

今回のTV欄は

仮面ライダー電王  「話せぬ未来」

元の「ハナせない」にはいろんな意味がこめられてると思うんだけど、「話せぬ」って意味限定しちゃってますがな。

石田監督の回は、いろんなギャグ的演出がギリギリで、あと一歩で引いちゃうぞ・・・(~_~;)
なんだけど、アクションシーンは見ごたえあるのよね。
今回も、冒頭のリュウタVSゼロノスも、ロッドフォームVSウサギとカメも細かいとこも考えられてる感じでよかったかも。

細かいとこだけど、ガンフォームの足裁きがちゃんとステップぽくて感心。
毎回すごいな、高岩さん。

ギャグがギリギリと書いたけど、今回はウケたとこいっぱいよ。

着ぐるみを使って漫才を繰り広げるウラちゃん&キンちゃん。
珍しい組み合わせよねぇ。
ペンギンの着ぐるみでいつものポーズを決めるウラちゃんに萌え(笑)
ナースに抱きついても、U良太郎だったらモテたのにねぇ。

突然現れたイマジンに、
「あ、イマジン」
て・・・・。
しかももめてるウラちゃん&キンちゃんをよそに、しゃがみこんで考えてるし、イマジン。

ユウトもだいぶかっこよく見えてきました。
よかったよかった。
中村くん、卍固めとか得意になりそうだわね。
しかし、デネブくんよぉ。
どこからアメちゃん出すんだよぉ~(^。^;)

ゼロノス、アルタイルフォームはまだいいんだけど、あたし、ベガフォームはあんまり好きじゃないなぁ。
ゴテゴテしてるんだもん。
シンプルなほうがカッコいいと思うんだが・・
ま、好みはそれぞれだけどもね。

◎今週のイマジンカルテット

モモタロス
ほとんどデンライナーでしたな。
絵、かたづけなさいよ、だから(^^;;;

なんで1人で残ってたのかしら?
なんかスネてるように見えたけど。
みんなが天敵・ハナちゃんのために動いたのがおもしろくなかった?
リュウタとあんまかわんないじゃんね、それじゃ。
そんなとこもらぶりーだけど。

とは言っても、イザという時にはさっと参上してコワイ兄さんをぶっとばしてくれるって、かっこいいよ。
ハナちゃんもちょっと感動(大げさ?)してたし。

ラストは結局ハナちゃんにやられちゃった。
すっかりお約束~。

でも、今週も「俺、参上」は拝めなかったのね。

ウラタロス

大活躍でしたな。
アクションシーンも、やられたフリしてひきつけて攻撃。
とか。
ウラちゃんらしい姑息さ(爆)
久しぶりの必殺技のライダーキックも相当かっこいいし。

ちょっと惚れそうになった。

「もう電車じゃないよね、あれ」

ってのは、視聴者がみんな思ってたこと、ちゃんと突っ込んでくれてありがと(爆)

キンタロス

海より深いバカ全開_(_ _)ノ)))☆
大丈夫なのかいなぁ、キンちゃんてば。
すっかりお笑いキャラで決定しちゃって。

リュウタロス

完全に「だはんこき」(北海道弁:意味・駄々っ子)な幼児。
ひたすら「お姉ちゃん」をとられたくないという衝動のみ。
でも、りょうちゃんの事はたぶん似た立場だと認識してるんだね。
つまり、「お姉ちゃんはボクと良太郎のお姉ちゃん」と。

ユウトのことに関しては、愛理さんの言葉も聞かない可能性が高いし、今後抑えるのが大変だぁ。

◎今週のりょうちゃん

物陰に入ったハナちゃんを追っていって、
「うぉあ~」
ってなって、必死で通行人の視線をさえぎろうとするりょうちゃん。

モモちゃんの無茶な動きで目が回ってヨタヨタなりょうちゃん。

もー!
萌え萌え~(^^*))((*^^)

と、同時に。
ユウトに対して、ハナちゃんとの約束を守らないなら「絶対に許さない」と言い切るまっすぐな視線とか。
リュウタを諭して「それでも止めるよ。何をしても止める。君と一緒に消えることになっても・・」

なんて、りょうちゃんの強さがしっかり出てたもんね。
ユウトへの言葉も、リュウタへの言葉も、優しいからこそ出てくる強い言葉。
これだからりょうちゃんっていいんだよな~。

ハナちゃんへの「ありがとう」の笑顔もよいよね。

◎ハナちゃんもね。

着ぐるみ被ったはいいけど、愛想の振りまき方がわからず途方にくれてる姿とか、りょうちゃんにありがとうと言われた時の笑顔とか、かわいいよねー。
いつもは男前だけど、本当は素直なんだよね。
不器用なだけなんだね。

さて、予告・・・

あれ?
あの西遊記でキムタクがやってた「白いハウル妖怪」みたいなイマジンって、劇場版の?
で、りょうちゃんについちゃうの???

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« June 2007 | Main | August 2007 »