« May 2007 | Main | July 2007 »

第21話「ケンカのリュウ儀」

今回のTV欄は

仮面ライダー電王「VS.ケンカ龍」

なんか、Vシネマのタイトルみたいだ。

2週間ぶりで待ち遠しかったわりにワキワキが足りない気がする。
それはなぜか。
モモちゃん達の活躍が少なかった・・・というかなかったからかな。
それなりに楽しませてくれたけど。
やっぱライダーが増えちゃうと出番減っちゃうよね(T^T)

今回のイマジンはカメ・・・って、ウラちゃんとかぶってますが。
と思ったら、東映サイトでは某プロデューサーが開き直ってる。
まあいいですが。
ウラちゃんは「浦島太郎」のカメだから日本風、かたや「ウサギとカメ」のカメだから洋風?
あの話し方、チームナックスの安田顕さんが時々やるなー、と思ったのは北海道人だけだろうな(笑)
分身がウサギってのがすごいなぁ。
2体で「ウサギとカメ」完成だ。

ユウトとデネブ、漫才コンビみたい。
デネブと二人だけの時とりょうちゃんの前に現れるユウト。
かなり二面性があるっていうかねー。
なんかリュウタと似てる気がするね。
両方とも子供。
あ、でも、リュウタのほうはホントに子供で、ユウトは子供っぽいだけかな。

モモちゃん達大人な(それも疑問だが)イマジン達からも「イケすかないヤツ」と思われているユウトだけど、リュウタとの関係は難しいねぇ。
リュウタをどうにか納得させないと、今後もずっとあんなだろうなぁ。
イマジン退治に支障もあるし。
りょうちゃんも未だにリュウタを抑えられていないわけで。
どうするんだろ。

ふと思ったんだけど、愛理さん、ホントになんにも覚えてないのかなぁ。
なんてね。

デンライナー、どうやら大きなお風呂があるらしい。
あの3人が一度に入れて、しかもモモちゃんが泳ぎの練習までできるって・・・・どんな列車だよっ_(_ _)ノ)))☆

今週のイマジン・カルテット

モモタロス

なんでお風呂はいるのに鉢巻してんのよう。
そんなところも萌えポイントだし。

リュウタの絵を踏んじゃってえらい目に合わされてるモモちゃん。
つっかかってくるリュウタをまともに受けちゃうところが、モモちゃんだよな。
うまく受け流せないのね。
そこがいいよ、モモタロス♪

でもね、でもね。
やっぱカッコよく「俺、参上!」してほしいよぅ。

ウラタロス

あんたは何でタオル巻いてるですか?(笑)

リュウタの、ユウトに対する感情の危うさにいち早く気づくあたり、さすがです。
リュウタのあしらい方も、やっぱり一番うまい。
キンちゃんにだいなしにされてましたが~。

キンタロス

このところ、なんかお父さんみたいで頼もしく見えてたキンちゃんなのに、やっぱりなんもわかってませんな(^_^;)
あんな答え方したら、リュウタのスイッチ入っちゃうのわかるだろーに。
モモちゃんでさえわかってたのに。
ま、キンちゃんらしいけどもさ。

だけど、男の強さは力だけじゃないんだぞー

リュウタロス

とうとうスイッチ入っちゃいました。
リュウタはほんとに感情と願望のみで生きてるのねー。
ユウトに勝ったからって、愛理さんを独占できるわけじゃないのにねぇ。
それがわからないほど子供なんだな。
ある意味純粋に衝動のみで動くから、りょうちゃんにも止められないほどの力を発揮しちゃうのでしょう。

床に寝転がって絵を書いてる姿は、かわいらしいのにねぇ。

今週のりょうちゃん

まだまだ問題山積みで、あっちもこっちも考えなきゃいけなくて大変だ。

ハナちゃんといきなり出てきたとこ、指だけがにゅ~っと出てきたときは一瞬「ホラー?」とか思っちゃったよ。
でもね、あのあと、ふたはちゃんと戻しとかないとアブナイじゃないの。

リュウタロスダンサーズとのダンスシーンとか、見ごたえあったけど、あたしはやっぱりソードフォームが好きなので、ちょっとさびしかったな。

オーナーの怪しさもすごく楽しかった。

感想がばらけててまとまらないんだけど、とにかくそこそこ楽しめたってとこかな?

| | Comments (0) | TrackBack (8)

第20話「最初に言っておく」

今日のTV欄は・・・・・

仮面ライダー電王「2号新登場」

もうサブタイトルとか無関係?

いやぁ、デネブには笑わせてもらったよ。

「最初に言っておく。胸の顔は飾りだっ」

って、そんな力強く_(_ _)ノ)))☆

確かに、デネブが抑えて身動きできないイマジンをユウトが一方的に攻撃ってのは、ちょっと卑怯だと思ったけど。
デネブの攻撃だって、なんかどっかしらずるい気はするんだけど。
本人は正々堂々のつもりなのかな?
でも、相手にしてみれば調子狂うよね。

冒頭のいかにもな手料理といい、なんか、デネブってお母さんていうよりはばあやみたい(爆)

ゼロライナーが消えた時間と共に消滅したはずというのは、びっくりだった。
ユウトはその時間に属していたのか?それともその時間(時系列?)とは無関係だけど列車を託されたのか?
もしユウトが属していたのなら、愛理さんの婚約者の若い頃ではありえないよね。
属していないのならまだその可能性は残る。

りょうちゃんは、やっぱり桜井侑斗とは別人だと考えてるようだけど、あたしもそう思う。

それに、リュウタがこだわった「良太郎じゃないのにおねえちゃんの匂いがする」ってのも気になります。
若い時の桜井侑斗なら、愛理さんとはまだ1回しか会ってないんだよね。
会っただけでつく程度の匂いなら、ユウトよりも尾崎・三浦コンビのほうがよっぽど強いだろうと。
「良太郎じゃないのに」ってことはやっぱり・・・・

ええ、妄想にこだわっちゃってますが。

その「匂い」って、愛理さんと血縁関係の・・・?
なーんてね。
どうなんだろ。

今回もまた、響鬼の桐谷と比べちゃいます。
ただ、今日は29話以降がどうとかいうことじゃなくて、桐谷とユウトはちょっと似たとこのあるキャラなのに、なんで気持ち悪くならないかって事で。

桐谷は諸々の理由で見るたびにむかついてたのに、なぜか明日夢くんを差し置いてヒビキさんの弟子になり、ついには鬼にまでなってしまった。
明日夢くん側から見るとほんっとに腹の立つ展開だった。

ところがっです。
ユウトに関してはそういうの、ないんですね。
デネブの存在も大きいと思うんだけど、なんと言ってもりょうちゃんですよ。

ジェリーイマジンを圧倒的強さで倒すという、主人公を差し置いていいとこを持っていかれちゃったにもかかわらず。

「やらなきゃいけないと思ったらやるよ。」

この時のゆるぎのないりょうちゃんの言葉があったからね。

「弱くても、運が悪くても何も知らなくても」

それでもできることはやる。
まっすぐ目を見返して言うりょうちゃんの強さが、やっぱり電王になるべくしてなった理由だなーと。
ユウトよりもりょうちゃんの方が絶対人間として強いと納得できちゃったからね。

お姉さん、嬉しくなっちゃうよっ♪
りょうちゃんをなめんなよってことで。

デネブはユウトと契約してるようだけど、どういう契約なんでしょうかねー。
あれだけ「ユウトの友達」にこだわってるって事は、そういう関係?
たぶん、ユウトが「おまえはズレてる」っていうのは、やたらと友達を作ろうという方向に持っていくデネブのことなのかなぁ。
でも、案外ズレているようでほんとはそれがユウトの本当の望みだったりしてね。

◎今週のトリオ・ザ・イマジンプラス1

モモタロス

「この飴ちゃんはなんだよ」

低姿勢のデネブには、やっぱり調子狂うみたいだわねー。

「お前、“オデブ”って言ったか?」

んなわけあるかいっ(≧∇≦)

「これはモモちゃんコーヒーじゃねえか」

って、なんかしゃべり方変だと思ったら、口に飴ちゃんくわえてるし。

アルタイルフォームなユウトに、首根っこつかまれて
「にゃあ!」
と放り投げられるモモちゃん。

やっぱあんたが一番!!だわよぅ(^^*))((*^^)

映画の予告が流れたけど、あの人力車引いてるモモちゃんの格好に爆笑!

ウラタロス

モモちゃんキンちゃんが追い出されても、ウラちゃんとリュウタは追い出されなかったね。
リュウタは危ないんじゃないかと思うけど、ウラちゃんは冷静だからね。

なんだかんだ言って、リュウタを一番うまくあしらえるのはウラちゃんのような気がしてきた。

キンタロス

特に活躍はしなかったけど、なんかデネブと一番話は合いそうな気がする。

リュウタロス

だいぶみんなと馴染んできたね。
それにしても小柄だわ。ナオミちゃんとあんまりかわんないもんね。
飴をもらって一番大喜びでした。

でも、
「カメちゃん、あいつ良太郎じゃないのにおねえちゃんの匂いがしたよ。やっていい?」

って、やっぱりアブナイ(^_^;)
これは次回への伏線になってるわけね。

◎今週のりょうちゃん

初めのほうにも書いたけど、りょうちゃんえらいよ。
けんかが強けりゃいいってもんじゃないし、弱いからって落ち込んでなにもしないでいいってわけじゃないもんね。
そんな勇気、なかなか持てないと思う。
それをまったくぶれずにいるりょうちゃんは、ほんとにヒーローだわー。

でも、アワアワなりょうちゃんも見たいので、よろしく(←オニ)

さて、ゼロライナーとハナちゃんの「消えた時間」の関係は?

りょうちゃんはリュウタを抑えられるのか?

次回!「ケンカのリュウ儀」を待て!

って、1週お預けですか?(爪▽爪)
そうなんですか(ノ_<。)

| | Comments (0) | TrackBack (13)

第19話「その男、ゼロのスタート」

昨日は体調を崩してレビューがかけなかったので、サブタイチェックはパス。

え?飲みすぎで頭痛?
それは内緒だってば。

先週ラストでとうとう登場した、桜ナントカ・・もとい、桜井侑斗(自称)。
今回も、最初の視聴時は正直言ってこだわってたのね。
どうしても過去の彼と重なってしまって、ストーリーもまともに追えなかったあたしって、やっぱ未熟者よねぇ。

でも、3回目あたりからそれもどうにかおさまってきた。

確かに今回の桜井侑斗(自称)と、響鬼の桐谷とは共通点のあるキャラである。
主人公に一見理不尽につっかかってきたりするとこ。
その本心は、ほんとはデネブの言うように裏腹なものかもしれないとも思えること。

だけど、桐谷の言動のような、理解も共感も一貫性も感じられないバラバラな気持ち悪さが、桜井侑斗(自称)(めんどうなのでユウトにしよう)にはないのです。
靖子にゃんの脚本で、その心配はないと頭では思っていたけど、実際に見てそのへんは安心したですの。
あーよかった。

りょうちゃんに絡んでくる時のユウトは、どうにも小憎たらしいけど、デネブと会話してる時のユウトはそれほど嫌いにならないですむかもしれないね。
性格も味覚もかなりお子チャマのようだし。

さて、このユウト。
愛理さんの婚約者にしては若すぎる事から、過去の桜井侑斗かと思われてたけど。
まあ、性格も違いすぎるし。
見ているうちにふと思った。
彼、過去じゃなくて、実は未来から来たんじゃないのかなと。

こじつけかもしれないけど、「過去の桜井侑斗にかかわるな」というセリフとかがちょっとひっかかったり。
若い時の桜井さんなら、自分こそが「過去の桜井侑斗」だろうに、なんてね。
これは見当違いのことかもしれないけど。

あとは、ミルクディッパーに行った時の態度。
自分の未来の婚約者を見て見たいだけの人間にしては、なんだか別の「心」があるように感じられたから。

ちらっと。
ほんとにチラ~と思ったのは・・・・

桜井侑斗と愛理さんの子供・・・だったりして・・・・

いや、ほんとにちょっとした妄想なので、信じないでください(~_~;)

デネブに関しては、これまたおかしなイマジンですなー。
ずいぶん弱気。
ユウトと契約してるくらいなのに、なんであんなに下手なんだろ。
もともとの性格なのかな?
イマジンにもいろんなのがいるねぇ。
あの姿がユウトの描く弁慶のイメージって、じゃあユウトは牛若丸なのかいっ。
タッキーと張り合う気かいっ。

ていう突っ込みはおいといて。
弁慶つーより忍者かと思っちゃった(笑)

◎今週のトリオ・ザ・イマジンプラス1

モモタロス

オーナーを怒らせて
「ごめんねー、ごめんねー」

いやー!!
ますますらぶりーヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

「俺に前フリはねえ」
ってのが、実は前フリだったと今回初めて気づいた(爆)

ゼロライナー遭遇時、リュウタに頭バシバシやられて、そのうえ頭ブンブンされてた。
子供に翻弄されるおじさんだよ_(_ _)ノ)))☆

本編ではないけど、「特撮ニュータイプ・モモづくし」のピンナップ、最高ですな。
特に裏側の。
なに?あのグラビアアイドルみたいなポーズはo(>▽<)o

モモちゃんのピンナップなんか見てると、ワクワクしちゃう。
すでに、モモちゃんへの思いは愛に変わっているあたしです(萌)

ウラタロス
今週は出番あんまりなかったね。
「ますます影うすくなるね」
って、モモちゃんよりあんたのほうがヤバイって。

キンタロス
ウラちゃん以上に出番なし。
でも、あの「乗車拒否」の紙、いつ書いてたのよっ

リュウタロス
今回も電ライナーで好き勝手にやってますなー。
今度はマジックを覚えたらしい。
まだまだ未熟のようだけど。
ファンタスティック・テックニックまでの道のりは遠いわねー。

◎今週のりょうちゃん

いいです。
りょうちゃんいいです(*^_^*)
以前のライダーは、謎の新キャラ出てきてもろくに追求しないまま見送っちゃったりしてて、なにやっとんじゃいと思ってたけど。
りょうちゃんは、まともな答えが返って来なくても、ユウトに食い下がってる。
本気のやる気が見えてます。

成果はまだないけども。

ユウトを追ってきた愛理おねえちゃんに言った
「いいから戻ってよっ。関係ないからっ。」
今まであんな強い口調で姉さんに話した事なかったよね。
それだけ真剣に姉さんを守りたいんだね。

どんだけひ弱でも、しっかりとした意志を持っているのがちゃんと見えてて、かっこよかったよ。

さて、初めて出てきた電ライナー以外の時の列車。
あれ、水牛だよね?
デネブとか、ゼロノスのモチーフは「七夕伝説」って聞いたけど、なんで水牛?
白鳥とかカササギならわかるのに。
彦星、水牛連れてたっけ?(^。^;)

あ、新たなクラゲイマジン(ゲキレンと連動?)の被害者のほうだけども。
今回影薄いですな。

一言言いたいのは、

公園の砂場にタイムカプセル埋めるバカ者がどこにいますかっ

公園はみんなのものです。人の迷惑になるようなことはやめましょー(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (9)

« May 2007 | Main | July 2007 »