« April 2007 | Main | June 2007 »

第18話「時計じかけの婚約者(フィアンセ)」

今日のTV欄は

仮面ライダー電王「時の婚約者」

愛理さんの婚約者、桜井侑斗の失踪と愛理さんの記憶が失われたこと。
実はこの時何があったのかは、結局謎のまま。
失踪の時点では保っていた記憶が、なぜ突然封じられてしまったのか・・。
それがわかる時、桜井侑斗の謎もわかるのかな?

りょうちゃんの記憶の中の、湖で微笑む愛理さんが悲しくてきれいで、きれいなだけに余計悲しかった。

由香ちゃんに「覚えていればそれはなくならない」と語った愛理さんも、自分がどんなに大切なものの記憶をなくしているかを知らないと思うと・・・ねぇ(涙)

過去で暴れるイマジンが、むやみに暴れているわけではないというのもわかった。
ちゃんと攻撃目標が伝えられていたようね。
今回、あの時計の男がゆくえをくらましたことと、ウルフイマジンに指令が届かなくなったことの関係が気になるところです。

りょうちゃんとタロウズ達の会話が、しっかりと心の交流とか、そういうものが感じられるものでなんだか見ていてうれしかったりもした。
キンちゃんもやたら寝込まずに話してるし。

りょうちゃんの負担を目の当たりにして、自ら離れる決心をするトリオ・ザ・イマジン(こっちのほうがしっくりくるわ)
キンちゃんはもちろん、モモちゃんも、そしてウラちゃんまでがりょうちゃんを守るべき者と認識している事がよくわかった。

特にモモちゃんはいいですなー、やっぱり(*^_^*)

りょうちゃんが1人でかかえていた愛理さんの身の上も、イマジン達にたよらずに1人で強くなろうとしたことも、ショックだったんだろうね。
なんていうのか、もっと自分を頼りにしてほしいしなんでも話してて欲しい、みたいな?
ホントに弟みたいに思ってるのかなぁ、今となっては。
なんてね。

そのショックで理屈抜きにすねまくってるのがもう、愛しくてしょうがないわ

4体のイマジンの中で、モモちゃんはやっぱ特別。
付き合いが長いというのもあるし。
一度りょうちゃんに怒られて「ごめんなさい」を言わされた時に、真っ向からぶつかり合った経緯もあるせいか、一番「絆」みたいなものを感じる。

今日は前とは反対にりょうちゃんが「ごめん」を言って、そして「ありがとう」を言って。
それですかっと元通りになる二人って、いいな。うん。

由香ちゃんは、ちゃんと気分をリフレッシュして前向きな心を取り戻して旅立っていった。
こういうハッピーエンドっていいなぁ。

◎今週のトリオ・ザ・イマジンプラス1

モモタロス

いやもう、全編いいっすよ~。
論理的でもない直情まっしぐらなモモちゃんの、まっすぐな思いってのが胸を暖かくしてくれる気がしたよ。

かっこ悪いといわれようがどうしようがね。

投げやりな
「俺、参上。」

「お前がうるせぇ!このやろー」
なんか好きだ(*^_^*)

「俺の必殺技!パート5!」
なんで5やねん?
と思ったら、ちゃんとりょうちゃんの突っ込みも入り。

「いっこ飛ばすくらいすげえんだよ」
あ、なるほど。

「1.2.3.5.6・・・・」

それ、ジョークよね?ね?(^。^;)

ウラタロス

今日はウラちゃんのクールも温かみがありましたです。

「女性関係なら得意だよ。僕と契約してみる?」

なんか、かっこよく見えちゃったよ。

キンタロス

なんか、なんか、お父さんみたいだ(笑)
寝てばっかりのわけわからないやつかと思っていたけど、頼りがいのある、感じで。
戦闘シーンもかっこよかった。

リュウタロス

今回はおとなしかったのねー
それにしても、モモちゃんたちが締め出されている間も、リュウタだけはしっかり憑いてってのは、やっぱりすごい。
こいつだけはまだ用心が必要って感じねー。

◎今週のりょうちゃん

ひとりでうずくまってるりょうちゃんなんかは、もちろん萌えポイントですな~(*^^*)

タイヤ引きずってヨレヨレ走ってる姿にも萌えるぅ

どんな不運にもめげずにヘロヘロとがんばってるりょうちゃんだけど、シリアスな悩みもかかえているところも描かれました。
1人で鍛えようと倒れるまでがんばるあたり、やっぱり芯の強さが伺える。

しかしね、もともと虚弱な上に食も細そうなくせに、いきなりタイヤ3本とあの食事量はだめよね~。
そりゃあ胃腸もびっくりするよね~。
倒れた時、いつもと違っておなか押さえてたから「おや?」とは思ったんだよねぇ。

人一倍虚弱なのにヒーローになっちゃったってことも、アンラッキー王子ならではだわ。

がんばれっりょうちゃんっ
モモちゃんたちも応援してるぞっ

さて。
気になる「彼」ですが・・(ーー;)

公式サイトでの「響鬼での好演」って言葉にはか~なりひっかかりがあったのはあたしだけかしら?

まあ、今日はほんとにちょっとだけの登場だから、まだなんともいえないけど。
そのちょっとのシーンでも、予告のセリフからでも、あんまり感じのいいキャラには思えないなぁ。
一瞬だけ、ミルクディッパーでのシーンに期待だけど。

やっぱりニュートラルには見れません。
どーしても、どぉ~しても!
胸がもやもやしちゃうのよぉ。

これがほんとに好人物キャラとかならまだよかったかもしれないのになぁ。
テレ朝公式サイトでは、彼にもイマジンが憑いてるって事だから、やっぱり2号ライダーの可能性大なの?

やだなあ・・・。
彼に関して以外はとっても良かっただけに、余計にやだなぁ。
今まで本当にいやなキャラは出てきていないのが、電王の魅力のひとつでもあるわけで、そのへんをぶち壊さないでくれるといいのだけど。

ところで、6月1日発売の特撮ニュータイプ7月号は

「モモづくし」

だそうで。

いきなり彼のインタビューはちょっとアレだけど、モモづくしは楽しみですっ

| | Comments (0) | TrackBack (5)

 第17話「あの人は今!も過去?」

本日のTV欄

仮面ライダー電王 「あの人は今」

違う番組みたい・・・。

前回の閑話休題的なコメディを経て、ついに本編に突入って感じですね。
野上姉弟の過去が徐々に明らかになってくる様子。

・ミルクディッパーにある望遠鏡とその下に隠された時計は、愛理ねえさんの恋人のものらしいこと。
・なにかがあって、その人はいなくなり愛理姉さんはその記憶を失っていること。
・過去にいつも登場する謎の男が、同じ時計を持っていること。

ここまでは今までにもわかっていたけど、今回新たにわかったこと。

・愛理ねえさんが記憶を失った事が原因(たぶん)で、りょうちゃんが学校をやめなければならなかったこと。
・過去の謎の男が(やっぱり)愛理姉さんの元恋人で、名前が「桜井」だということ。

かなり辛いできごとだったみたいなのも伺えるので、りょうちゃんが心配だわ~。
とはいっても、今までその記憶を1人でかかえて、お姉さんを見守ってきたんだもんね。
がんばってるんだよね。
えらいよりょうちゃん。

前回はキャラが活かされまくっていて、すっごい楽しかったけど、さすがに今回はストーリーのほうで見ごたえがあるのね。

タロウズ(公式HPより)の負担で弱っていくりょうちゃんを心配するハナちゃん。
ハナちゃんはイマジンの数を減らすしかないという考えみたいだけど、たぶんりょうちゃんの「なんとかしないと」というのは、また別の事なんだろうと思うの。

電ライナーを降ろされて永遠に時の砂漠をさまようって事を知っている以上、りょうちゃんはモモちゃん達の誰かのリストラなんて、たぶん考えないでしょう。

今回ひとりで戦おうとした事もなんとかするためなんだろうね。
自分を鍛えるとか、そういう方面のことかしら?

リストラの恐怖に脅えるタロウズは、またドタバタをくりひろげてますなー(笑)

さすがのキンちゃんも寝てばっかりもいられないし。
彼らは彼らなりに真剣なのね。

でも、無理やりではなく、りょうちゃんの役に立とうとするあたりがかわいい奴らです。

なんか、今回は感想がまとまりにくい・・。
すごく見ごたえがあったから余計かしら。
まだ前半だしね。

予告のショックのせいかしら・・・。

レギュラーなのか・・・。
いや、彼自身には罪はないのよ。

うらみもないの。
うん、わかってるの。
名誉挽回のチャンスがあってもいいと思うし。

だけど・・・だけど・・・・・

悪夢の記憶があああああああ

それに、ライダーは電王だけでいいんだってばっ

| | Comments (0) | TrackBack (11)

第16話「幸福の星、降伏の犯人」

今回のTV欄は

仮面ライダー電王「幸福の犯人」

えー

隣なのかよっ

ってオチは想像してなかったです、はい

前半での細かい突っ込みどころ、たとえば「警察の到着早すぎっ」とか、「愛理さんがやけに簡単に入ってこれたなあ」とか。
これ、現場が隣だったって事で納得ね。
そう考えるとなかなかうまいオチかなと。

終わってみればなかなかいい話だった。
人情話ってね。
ほんとは若干つっこみたくなる所もあるにはあるけど。

あの状況でハカマダを疑う根拠が、ちょっと弱いかなーと思うしねぇ。

でもま、今回もそんなに気にならないからいいやね。
おもしろかったから。

警察に追われているからと、一度は人質をとって立てこもったものの、何度も「迷惑をかけてすまない」といい、いさぎよく出頭しようとする袴田にも好感がもてる。
過去に行った時も、現れたイマジンから社長をかばおうとしたりね。
社長と和解してからも、ちゃんと「償わなきゃならない罪がある」ってきっぱり言える。
かっこいいね。男だね。
まあ、そもそも社長のとこ飛び出さないで、もっとちゃんと話合えばよかったんじゃ・・・ってのもちら~っと思うけどさ。

愛理さんのあのものすごいおにぎりにはちょっと引いたけど、それから社長のおむすびを思い出して泣くシーンとかはいいよね。

細かいシーンがうまくいってる感じがしました。

◎今週のツボは

やっぱり「がんばるモモちゃん!」
これに尽きます。

リュウタロスに翻弄されて八つ当たりしようとしたキンタロスにも拒否されて、

「ばかにしやがって・・ 」

しゃがみこむ姿に萌えました

りょうたろちゃんに「お願いがある」と言われて嬉しそうなモモちゃん。
ここしばらく活躍できなかったからねー。
リュウタロスを追い出すのは至難の業で、何度もはじきだされて、まるでりょうたろちゃん並みにヘロヘロになるモモちゃん。
でも、がんばってりょうたろちゃんの頼みをはたす根性!
えらいぞ!モモちゃん!

ぶっ倒れてキンちゃんを下敷きにしておいて「楽勝だぜ」と強がる姿もらぶり~だわ~

やっとソードフォームになれたねぇ。
あれだけ消耗させておいてモモちゃん呼び出すりょうたろちゃんも結構鬼だと思ったけど(笑)
でも、桜とモモちゃん、似合ってる。
「俺、参上!」のあの場面、壁紙にしたいわ。

今までの鬱憤を晴らすようにおお張り切りのソードフォーム。
海に逃げられても、今回はあきらめず。
デンガッシャーを釣竿がわりにして、ホエールイマジンを釣り上げてたよね。
あれはウラちゃんの戦いを見て思いついたのかしら。

しかし、
「俺の必殺技、パート3!・・・・と見せかけて、ストレートどまんなかぁ!」

って。

モモちゃんらしいわ

りょうたろちゃん、今回は(も?)リュウタロスに苦労してたけど、なんとか制御できる方法を見つけたみたいね。
まあ、やり方が難しいけどもね。
困った小僧だね、ほんと。

◎ちょっと心配

愛理さん、一応喫茶店やってるのよねぇ?
コーヒーはおいしいみたいだけど、他のメニューは大丈夫?だって、あの「にんにくわさびおにぎり」とか、味覚おかしいんじゃ・・・

さて、来週のゲストは「ウルトラマンマックス」のエリーですね。

りょうたろちゃんの制服姿も見れそうだし、楽しみ♪

| | Comments (2) | TrackBack (5)

 第15話「銭湯(バス)ジャック・パニック」

今回のTV欄は

仮面ライダー電王 「パニック湯」

どこにあるんだっ、その風呂屋(T▽T)ノ_彡☆ばんばん!

よく考えるとツッコミ所は随所にあるんだけど、なんか「どうでもいいか」と思えてしまうのでいいや。
今日のはコメディ編ってことでね。

いつもコメディみたいだけどもさ。

買い物に行っただけで偶然のように(自称)凶悪な強盗犯に人質にされる主人公・・・・

他の番組なら、なんてご都合主義な・・と思うところだけどねえ。
電王ならさすがアンラッキー王子・りょうたろちゃんだと、心底納得ですから、はい。

賛否両論とか、好き嫌いあるかもしれないけど、ミルクディッパーでのやりとり、あたしは好きだった。
間抜けなやりとりも静と動のメリハリがばっちりだったし。

愛理さんの天然もあそこまでいくと常軌を逸しているんだけど、おもしろかった。
銭湯に入ってきた愛理さんは、まるで保育園に迎えにきたお母さんみたいだよ(爆)

お姉さんよりは常識をわきまえてるりょうたろちゃんも、おたおたしてたりびくびくしてたりするくせに、自転車を追いかけ回す根性とか、電話をかけることを要求するとか、せっかく外に出たのに帰ってきたりとか・・・
さすが、あの姉にしてこの弟あり?

しかし、ハナちゃん強いっ。
アッという間に(自称)凶悪強盗犯倒しちゃうし。
男前だな~(笑)

ゲストはもとメガレッド・大柴隼人さん。
そうか、もう10年も前ですか。
あの健太がねぇ。
大人になったよね~(しみじみ)

でもね。
コーヒー入れるんで「お湯ありますか?」と聞かれて

「ああ、それだけはたっぷりある」

って、風呂場のお湯でコーヒー入れろってかいっ

今回のイマジンはホエールイマジン
あのしゃべり方は、モモちゃんじゃないけどいらいらするぜ~。

くじらっぽいといえばぽいのかなぁ。
戦う気があるんだかないんだか。強いんだか強くないんだか。
電王達に攻撃されているところは、どっちが悪役かわからないくらいに見えちゃったんだけど(^_^;)
一方的にヤキ入れられてるみたいなんだもん。

◎さて、今回のトリオ・ザ・イマジン+1

モモタロス

せっかくりょうたろちゃんからのお呼びがかかって、わくわくしてる様子のモモちゃん。
ハナちゃんにがっつり角つかまれてお預け状態となりました。
その後、イマジン出現までずっとハナちゃんとケンカしてたのかしら(笑)

イマジンが出てきて今度こそと大はりきりのモモちゃん。
もったりしたしゃべり方のイマジンにいらつきながら、やっと「俺!参上!!」まで行ったのに・・・・
キンちゃんにぶっ飛ばされたっ
きれいに吹っ飛ぶモモちゃん!爆笑その1_(_ _)ノ)))

「俺に任せろ」と言ったのに、「モモタロスじゃ姉さんにばれちゃうよ」と言われた時の、「オーナー残念ポーズ」がまたかわいい

キンタロス

ずっと寝てて話の前後を聞いてないから「化ける」も「泣ける」に聞こえるんじゃあ・・・

それはともかく、いきなり覚醒してモモちゃんをどツキ出しての変身ポーズ。

「東映ヒーローMAX」での高岩さんによると、スーツアクター岡元さんはキンちゃんをどすこいキャラにはしたくないって言ってたはずなのに・・・・

これをどすこいキャラと言わないでどうするの???
「ごっつぁんです」まで言っちゃったよ。

そしてついにお披露目の「Double-Action Ax form」

爆笑その2!
しかも最大の爆笑ポイントっ(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

「ぶらり旅」って_(_ _)ノ)))

いや、キンちゃんらしいけどもさ。
今後アックスフォームで戦うたびにかかるんですか?
耐えられるかしら、あたし。

ウラタロス

冷静にアタマを使う・・・・ていうよりは裏工作とか丸め込むとか、弱みを握るとかそういうのはさすがに得意。
デカ長さんのあんな行状も把握してるってことは、ハナちゃんの目を盗んで相変わらず外をふらついてるんじゃないのかい?

イマジンにとり憑かれたりょうたろちゃんの中で、外見はやっぱりUりょうたろちゃんが一番好きだな~。
ちょっと萌え(。-_-。)

相手が水を得意とするクジライマジンなんだから、ウラちゃんが一番適格なんじゃないかと思うのに、またしても自分勝手な理由で追いかけるのやめちゃうし。
相変わらずですな。

リュウタロス

これまた、あのままりょうたろちゃんの中にひそみ続けているわけねぇ。
デンライナーにいたら、ずっといびられそうではあるけどさ。
今回の行動の理由は、要するに愛理さんが困ってるから、なのかな?
他のイマジンにも気づかれずに深いところに憑依するだけあって、さすがのりょうたろちゃんもリュウタロスを押さえるのは難しいってことなのね。
だめだよぉ。
りょうたろちゃんの体で人殺したりしたら、愛理お姉ちゃんがもっと悲しむんだぞー。

今回、4人のイマジンの性格とか、うまく出てた気がする
演じ分けもむずかしいんだろうけど、たいそうおもしろいよ。

りょうたろちゃんの萌えポイント\(o⌒∇⌒o)/ 

八百屋のおじさんに「りょうちゃん」と呼ばれてる

いや、それだけでなんかかわいいんだもん。

(自称)凶悪強盗犯にベルトつかまれて振り回されてるりょうたろちゃん。

拳銃に「ひゃーーっ」なりょうたろちゃん。

拳銃(おもちゃ)をゴミ箱に捨てて、お姉ちゃんのとなりにちんまり座るりょうたろちゃん

萌えポイント満載(爆)

さて、ホイールイマジンにあの火口のおっちゃんがナニを願ったのか。
籠城事件は世間的にどう収まるのか。

また来週が楽しみであります♪

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« April 2007 | Main | June 2007 »