« March 2007 | Main | May 2007 »

14話 ダンス・ウィズ・ドラゴン

Dc0429410001 今回のTV欄

仮面ライダー電王 竜と踊る

直訳!

◎今週の「ええーー?!Σ( ̄□ ̄;)」その1

リュウタロスが憑いたのはウラタロスと同じ時?
うっそー。
あたしはてっきり第1話の木の上だと思ったのに。
「目に砂が~」とか言ってたあの時ですね。
だってさ、そうじゃないとあの、モモタロスが憑く前から砂まき散らかして歩いてたのは、いったい何??

まあ百歩譲ってウラタロスの時だとしても、あれだけ時間差があったらモモちゃん気づくよね?
確かに、ちょっと前から、
「匂うぜ、イマジンだ」
「イマジンはあんたでしょ」
「・・・そうでした」
とか言ってたけども。う~ん・・・。

リュウタロスが嘘ついてるって事も、もしかしてあったりして?
ほんとは1話の時点で憑いてたのに・・・って。
そんな嘘の理由なんてあるかなー。

ちょっと釈然としないの。

◎「「ええーー?!(≡≡;) !!!」その2

自転車に轢かれて手当てが間に合わずに死んじゃったはずの子犬。
イマジンが現れたあの世界では、むしろさらに病院に行くの遅れてんじゃないの?
しかもあの先生、聴診器あてるだけで全然手当てしてないんじゃ・・・
つーか、そもそも怪我してないんじゃ・・・・。

なんか今回は、あの公園のおじさんとのエピソードが、どうもいいかげんに描かれているような気がして・・・。

公園で安易に放し飼いするから自転車に轢かれるンじゃん。
とか思ってみたり。

描きようによってはいいエピソードになりそうだったのになぁ。

と、イマジンの被害者エピソードについては不満なんだけど、デンライナーチームのほうは見ごたえありました。

一番凶悪っぽい外見なのに、子供っぽい言動のリュウタロス。
あの姿がリョウタロちゃんのイメージなの?
先輩のトリオ・ザ・イマジンに詰め寄られるところはイジメられてるみたいだけど(笑)

それでもまるでめげてないリュウタロスは、ほんとに扱いづらい子供みたいだわねー。

リョウタロちゃんを倒すとか、列車の車掌に、とかいう指令の元は不明なのね。
頭にかってに入ってくる指令に従って、イマジンはああいう行動をとってるわけだ。
モモちゃんたちはそれを無視してるわけだけど、他のイマジンはなんの疑問もなく従ってるってわけか。

謎は深まるばかりでございます。

愛理おねえちゃんのほうは、無意識のうちに希望が原の丘に来ちゃったけど、いったいなぜなのかは覚えていないらしい。
いったい何があったのだろう。
「思い出したら姉さんは・・・」
どうなるというの?
リョウタロちゃんはかなり心配しているみたいだね。
悲しいことなのかしら。

◎今週の萌えポイントv(≧∇≦)v イェェ~イ♪

*いがみ合ってる場合じゃないと言いながら、一触即発なトリオ・ザ・イマジン

「ようし、一緒に力を・・・あわねぇ・・・」

って_(_ _)ノ)))☆

たぶん、3人ともこめかみに青筋ヒクヒクしてるんじゃないかと。
イザとなったら見事なコンビネーションでリュウタロスを追い出してたけれどもね。

*「俺、ようやく参上!!」
力入りまくりっ。
今日の必殺技は、パート何の予定だったのかしら。

時間の運行を変えようとするイマジンと、趣味で戦う男モモタロス、「最初から最後までクライマックスだぜっ」
を、よろしくお願いします。(時効警察風)

ほんとにソードフォームの出番が減ってさびしいなぁ。

ところで、イマジンが暴走した姿って2種類しかないの?
今回はなんで2体になっちゃったの?

お姉ちゃんが泣くからリョウタロちゃんを殺すのやめる、って事で、ある意味めでたしだけどさ。
なんかずいぶん簡単に・・・(^_^;)

前回、今回はリュウタロス登場編で、まあ、そっちがメインだったけど、次回はまたなかなか楽しそう。
「銭湯(バス)ジャック・パニック」
って、サブタイトルもおもしろいね。

| | Comments (0) | TrackBack (7)

第13話 いい? 答えは聞いてない

今回のTV欄は

仮面ライダー電王 「いいよね?」

こんなに作っちゃっても問題ないもんなのかしらねぇ?(笑)

前回はテンション上らずじまいだったけど、今回はしょっぱなからグイグイきましたね。

3体のイマジンに憑かれてヨレヨレのリョウタロちゃん。
またウラタロスにだまくらかされて体乗っ取られてる。
優美さんの時に懲りたかとおもったら、全然懲りてないのね、リョウタロちゃん(笑)

ストレスたまり気味のモモタロス、とにかく出たがりキンタロス。
リョウタロちゃんの体の奪い合い(と書くと、またある趣味の方々の餌食になりそうだけど)がおもしろかった。
こういうのが電王の楽しみの一つでもあるわね。

前回は「泣く」という言葉に対するキンタロスの反応の仕方にちょっと不自然を感じたけど、今回はそれもなく。
モモタロスの「なにかといやあ泣ける泣けるって・・」とぼやきたくなるのもうなずけちゃうしね。

自称スーパーカウンセラーという、うさんくさい職業の三浦の存在は、リュウタロス登場の為にあったと言っても過言ではないようで。
今まで奥底にひそんでいたリュウタロスが見事にひっぱりだされてしまったわけですが。

リュウタロスが取り付いたR良太郎も、これはまた強烈キャラだわねー。
4体のイマジンの中でも一番幼く、一番アブナイ感じ。

ウラタロスも、女の子達を問答無用で虜にしちゃう、暗示みたいなのを使ってるのかなーと思ったりもしてたけど、リュウタロスはもう、はっきりとそんな力を使っているようで。
その名もリュウタロスダンサーズを意のままにしちゃっている。
今後も毎回登場しそうね、あのダンサーズ。
その中の1人が、公園のおじさんと関わりがあるみたいだから、来週あたり絡んでくるんだろうな。

ブレイクダンスは久しぶりに見たけど、ダンス自体は楽しそうでいいよねー。
ただ、公園で人や動物の迷惑になったりしちゃあいけませんが、

で、リョウタロちゃんのダンスは吹き替えなしの純度100%健くんだそうだけど、すごいね~。
趣味がブレイクダンスってのは知ってたけど、あそこまで踊れるなんてっ!Σ(・□・ )
あんなに動けるのに、ブログでは「運動不足で筋肉痛が・・」ってリョウタロちゃんみたいな事言ってますが(笑)
で、健くんもすごいが高岩さんもすごい。
ダンスが苦手とか東映公式サイトに書いてあるけど、うそでしょー!って感じ。
見事に踊りながら戦ってるもんね。
これから出てくる、単体のリュウタロスも踊るのよね?
そっちのスーツアクターさんのダンスも楽しみだこと。

高岩さんといえば、砂バージョンのモモタロスを蹴り飛ばしたガンフォームも高岩さん、粉砕されたモモタロスも高岩さんなのよね?
だからどうしたってわけじゃないけどおもしろい。

リョウタロちゃんに憑いた理由が、「良太郎をやっつけること」とは言うけど、予告の言葉を信用するとデンライナーみたいな列車の車掌になるため?
一瞬、そんな約束できる立場にいるのは、オーナー?と思ったけど、「デンライナーの」とは言ってなかったもんね。
また新たな謎ですかね?
車掌になりたいってタイプにも見えないけど、なにかメリットがあるのかしら?

ひそかに暗示にかかっちゃった様子の愛理おねえちゃんの過去も、少し出てきそう。
・・・にしても、お姉ちゃん、弟同伴でデートしてたんですか?(^_^;)

ちょっと気になったのは、公園での犬と猫なんだけどもね。
鳥はともかく、あの子達は公園で飼ってるのかな?
まさか野良ちゃんじゃないよね?
もしそうなら、犬好きとしてはちょっと釈然としない。
普通の飼い犬でも、公園のああいう場所で安易に放し飼いはマナー違反だと思うし、人間にも犬にも危険なのに。
そのへん、気になっちゃった。

犬好きのこだわりでした、はい(笑)

今週の萌えポイント~\( 〇 ⌒   ▽   ⌒ 〇 )/♪

しょっぱなからヘロヘロのリョウタロちゃん。そして、おじさんに抱きかかえられて「けっこう・・・きついでス・・・・……(o_ _)o 」
きゃー!久しぶりの萌え~~~←ばか

◎3人でせまい座席に押し込められてハナちゃんに怒られる、イマジントリオ。
ハナちゃんつおい!
特に、キンタロスによっかかられるモモタロスがっ(*^。^*)

◎実体じゃないから突進してもだめなのに、そんなことお構いなしにイマジンに突撃して粉砕するモモタロス。
学習能力ないんかっ_(_ _)ノ)))☆

電王はこうでなくっちゃっ!
来週が待ち遠しいよぉ~!

ところで、4歳の甥っ子が電王見始めてハマッたらしい。
モモタロスお気に入りなんだって。
でも、ハナちゃんはあんまり好きじゃないそうです。
4歳には、ちょっと乱暴なおねえさんは怖いのかもね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (10)

12話 走れタロス

今日のテレビ欄は、まんまだった。
もともと5文字だからな(^。^;)

今までもわりとよくあるシチュエーションのエピソードながら、「おおっ」と思わせる何かがあったり、萌えポイントも満載だったんだけどね。
今回は、な~んかね~・・・。

いや、いい話ではあるんだけどさ。
ああなってほしいとは、もちろん思ってたけど。
ん~・・・。
あんまりおもしろみがなかったな。

かすみ草の人がお父さん・・まんまだったのね。
そうかそうか。
ふーん・・・。
と、そんな感じ。

キンタロスは、勝手な解釈をしてしまうイマジンの特質そのもの?
相手のためにという気持ちがあるとこが、もちろん違うんだけども。
なんていうか、一途がすぎるのねー。
けっして憎めはしないけど。
今後の課題は、もうちょっと視野を広げることですかね。
つーか、寝てばかりいないで人の話を聞けっ(^_^;)

今回、唯一おもしろいと思ったのは、タイムパラドックスがはっきり扱われたことかな。

過去を変えてしまった結果、イマジンとの契約もなくなり、キンタロスの暴走もなくなったので追放の理由もなくなったと。

ものすごい矛盾。
電王の世界でも、そんなパラドックスは歴然としてあるということがおもしろかった。

時間モノにはどうしてもつきものだもんねー。

ところで、今回OPに「ダイアログ監修・小林靖子」ってあったけど、これはなんなのかな?

今回の萌えポイント

◎出番がなくて嘆くモモタロス

以上!

少なすぎ~~(・_;)しょんぼり

来週はいよいよ例のヤツ登場ね。
あたらしいりょうたろちゃんはどんなかな?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

第11話 暴走・妄想・カスミ草

今回のTV欄

仮面ライダー電王「妄想、暴走」

ちょっと当たり前でつまらない・・・

リュウタロスのことを友達と話してるうちに、不思議に思っていた1話の木の上で目に入った砂とか、この間モモタロスもついてないのに空手兄さんをふっとばしたリョウタロちゃんとかが、なんとなく腑に落ちた気分。
やっぱそうなのかなぁ。
だとしたらすごいよねぇ。
あんなにイマジンの匂いに敏感なモモタロスが気づいてないし。
どうなのかな?
(わかりにくい?すいません<m(__)m>)

先週までは、キンタロスは扱い易いイマジンなのかと思ってた。
だって、モモタロスみたいに暴れん坊じゃないし、ウラタロスみたいにうそつきじゃないし。
リョウタロちゃんやハナちゃんに恩義を感じてるみたいだし。

ところが、ふたを開けてみたらとんでもなかったね。
誰よりマイペースで人の話全然聞かないんだもんなー。
人の都合お構いなしだし。

大体、「なく」とか「なき」とかの言葉にことごとく反応して飛び出すって・・・・。
モモタロスじゃないけど、めっちゃ「ウザい」(;^_^A アセアセ・・・
「なげない」と「なけない」はかなり無理やり_(_ _)ノ)))☆

おせっかいっていうか、まあ、気はいいんだろうけどもさ~。
これは大変だわリョウタロちゃん。

ウラタロスとは、思い切りケンカできるからまだマシっぽいけど、キンタロスとは話通じてない状態で、モモタロスもいらいらたまるよね~。
憎めないんだけど・・・・・かなりウザい(^。^;)

キンタロスに関してはハナちゃんも責任を感じてるみたいで。
モモタロスやウラタロスとは、気持ち的にちょっと違うみたいね。

K良太郎は、またがらりと雰囲気が違う。
健くん、なかなかやるな。
動きが完璧キンタロスだもん。

今日着てたあわいピンクとグレーのしましま、リョウタロちゃんにはよく似合ってるけどM良太郎だと似合わなくなるね。
それだけキャラクターが別人だ。

さて、ジュニアモデルのお仕事ってよくわからないけど、パリコレにも出られるんですか。
すごいねぇ。
ハナちゃんもモデルにスカウトされてもおかしくないのですが、あの現場に見る目のある人いないのか?

「カスミソウの人」、いきなりかすみを追い出したお父さんの真意、そしてイマジンの契約者。
3つの謎があるわけだけど、今日の感じではお父さんが契約者のように思わせられる。

ハナが見た足がかすみのお父さんだとしても、あれはほんとにイマジンの砂なのかな?
なんて疑えなくもない。
足元にあった箱の中身が気になるし。
これは考えすぎなのかなぁ~。

なんていろいろ考えてたのに、テレ朝公式サイトの予告ではっきり「契約者はかすみの父」とか書いてある・・・・・・ _| ̄|○

カスミソウの人は、あの人かあの人のどっちかだろうなぁと思う。
お父さんとマネージャーのどちらかね。
あたしとしては、マネージャーだったらいいなぁ、なんて。
お父さんにもなにか思うところがあって、たぶんかすみのためにしてることなんじゃないかと思うけど。
常に見守ってる様子のカスミソウの人とは、またちょっと違うのかなー、と。

またおおはずれかもしれないけどね(^_^;)

今週の萌えポイント

◎キンタロスの所業の結果にあやまりまくりのリョウタロちゃん。
 自分は悪くないのにねぇ。かわいそう(笑)
 特に電話で謝ってテーブルにデコぶつけてるのが_(_ _)ノ)))☆

◎女の子達になぎ倒されるリョウタロちゃん。
 
◎「やっぱ戦ってる時が最高だぜ!」なモモタロス。
 あのポーズはかわいすぎる(*^。^*)

◎むりやりキンタロス乱入中のぼーっと立ってるソードフォーム。
 ぼーぜんとしたようなポーズはすでにプラットフォームぽいよね

◎プレゼントタイム告知の時、またしても後ろでいろいろやってる モモタロス_(_ _)ノ)))☆

あ、OPのキンタロス「どすこいダンス」はなかなかいいと思います(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (6)

特ニューとエンディングテーマ

ゲットしました!

と、昨日アップしようと思ったらココログがメンテ中でした(^_^;)
気を取り直して。

特撮ニュータイプNewtype THE LIVE 

表紙にはすでにソードフォーム、ロッドフォーム、アックスフォー
ムそしてガンフォーム勢ぞろい

本格的に電王の特集を待ってましたっ

改めて読むと、やっぱりモモタロスの人気はあたしのまわりだけじ
ゃないんだなーとうれしくなっちゃう。

モモタロスを「良太郎と兄弟に見えなくもない?」なんて事も書い
てあって、

なるほどなぁ。

と妄想。

モモタロスはあれね。

根は悪くないのにお父さんとかとぶつかりまくって、ちょっとぐれ
て勘当されてたお兄さんぽいよね。

で、リョウタロちゃんはお兄さんを心配しながらも、まじめに家業
を手伝ってきた弟・・・みたいな。

で、帰ってきたお兄さんも、弟には頭があがらない・・

な~んて、時代劇にありがちな妄想しちゃったりしてね。

良太郎役の佐藤健くんは、ブログの文章なんかもかわいくて好きな
んだけど、愛理お姉さんとの対談もやっぱりどっかしらかわいいね
ぇ。
かわいいんだけど、中心はしっかりしてるっていうかね。
いいね。

イマジン達を演じているそれぞれの方の話が載っていてうれしかっ
た。
特に高岩さんがどんな気持ちであれだけの役を演じ分けているのか、
聞いてみたかったから。
数多くて大変だろうけど、たぶん、楽しんでやってるんだろうな。
高岩さんだからこそのモモタロスだし。
これからもがんばって、クライマックス貫いてください。

ウラタロスとキンタロスはそれぞれ声優さん。

なんか、3人のスーツアクターさんと声優さん、全員の対談とか読
みたいなぁ。
実現しないかなぁ。

小林靖子さんのインタビューのページにある、モモタロスのアップ
写真に一番萌えた(笑)

しかし、リュウタロスについて、そこまでネタばらしてもいいの
か?
てか、これでもまだ謎だらけだが。

「スカルマン」の特集もあったよ。
久々に特撮な細川さんだぁ。
やっぱすてきだあああ!!
ヒビキさんとはまた違うかっこよさだ。
これも是非、見てみたいでっす。

リョウタロちゃん&モモタロちゃんの歌うエンディングテーマ(ほ
んとにエンディング?)の発売日だー!
ポスターついてるかなぁo(^o^)o
と、時間の余裕ギリギリで買いに行ったのに、ポスターはついてな
かった(ノ_・。)

歌はねー。
なんか、あたしのラジカセのせいなのかしら?
伴奏のレベルが高いっていうか、もっと二人の声をちゃんと聞かせ
てよーって感じがしたけど・・・。
あと、健くんもキーが低めと言ってたように、もうちょっとキーは
高いほうがよかったかなー

2曲目に「モモタロスセリフVer.」が入ってるんだけど、これ
がツボ。
「俺、参上」とか、「最初から最後までクライマックスだぜっ」は
もちろんだけど、あ~んなセリフやこ~んなセリフまで。
しかも、ラストの一言がそれかいっ_(_ _)ノ)))☆

是非、聞いてみてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第10話 ハナに嵐の特異点

TV欄のサブタイトルは

「ハナに嵐」

うん、まあ、うまいこと省略。
ていうか、こっちのほうがわかり易い気もしないでもない。

ハナちゃんの身の上は、彼女も元特異点だったこと以外は予想通りだったかな。
イマジンを嫌うどころか憎むのも当然。
でも、リョウタロちゃんに憑いたモモタロス、ウラタロスと出会い、そしてキンタロスとの出会いでイマジン全てが憎むべき相手ではないのではないかと思い始め、でもイマジンへの憎しみは消えず・・。
迷い始めて混乱してのあの暴行、なのね(笑)

で、特異点について、時間の変化に干渉されないという事が判明したね。
ま、よくわからないけども(^_^;)
ただ、自分の時間が消滅しちゃったのに自分だけ残るのって、そりゃあ辛いだろうなぁ。

リョウタロちゃん、相変わらず虚弱だけど、あのチームの中での立場がだいぶ決まってきたのかなと思う。
実働メンバーは他の3人に任せて(まあ、体だけはリョウタロちゃんもだけど)、リョウタロちゃんは徐々にリーダーになっていくのかなぁと思ったのは、モモタロスとウラタロスにハナちゃんについて行くようにという発言の時。
先頭を行くリーダーではなくて、一歩引いて指揮を取るほうのタイプね。
初めはおたおたしてるだけだったのが、だんだん冷静な判断をするようになって、そして少しづづ自信を持ち始めてるんじゃないかなとね。
ますます三蔵法師に近づいてる気がするんですが(笑)

でも、キンタロスに、「なんでもいいから撃って!」ってのは・・・モモタロスの影響も受けちゃってるのかもね_(_ _)ノ)))☆

キンタロスについては、予想はずれちゃったなー。
本条くん、死ななかったね。
はずれたけど、良かった。
本条くんとキンタロス。
強さを求めるもの同士の、相通ずるなにかで一種の友情のようなものまで感じられる。

むちゃくちゃな、勝手な解釈で願いをかなえようとするのがイマジン全般の特質なのかと思ったけど、キンタロスはまるで違う。
「もう一度空手をやりたい」という願いをかなえるために、とり憑いた自分が空手を身につけようってのは、やっぱりちょっとずれてる気はするんだけどね。
でも、他のイマジンのような本人の気持ちとかはまるで無視の形式だけのかなえ方ではなく、本人の気持ちを第一に考えてるように思える。
結局、本当の願いは「果たせなかった決勝戦の実現」とわかれば、それは自分が憑いている必要はなく、「生きてさえいればかなえられる」っていうのは、イマジンらしくないもんね。

人の為になにかをしようという気持ち、他のイマジンにもあるんだろうか。

リョウタロちゃんから見たら、一番安心して付き合っていけるイマジンでしょうな。
モモタロスみたいに暴れん坊じゃないし、ウラタロスみたいにうそつきじゃないしね。

おもしろいやつだね、キンタロス。
先週も、確かに「あれ、空手?」って思ったんだけどさ。
どうみてもすもうの稽古だもんね。
そしたらほんとにわかってないでやってたんだね_(_ _)ノ)))☆
そんな抜け作なとこが憎めないわ。

どうやらKリョウタロちゃんも楽しめそうだし

電王は、各エピソードの結末がハッピーエンドだからうれしい。
イマジンに憑かれる人達はそれぞれいろんなものを抱えてるけど、勝手な願いのかなえ方をしようとするイマジンを見て、自分の本当の願いに気づき、そしてそれを自分でかなえようとする力を得ていく・・・そんなストーリー。
イマジンの被害を受けた人達には冗談じゃないけどね。
このままで、最後まで続いてほしいな。

過去のむにゃむにゃ・・みたいにならないでね・・・
と、これがあたしの願いかな。

今週のツボ。

◎問答無用で戦えるイマジンに気づいてうれしそうなM良太郎。

◎コーヒーを吹くウラタロス

◎「ダイナミック・チョップ」
 「あとで言うんだ」

◎「オレにやらせろーー!!」byモモタロス

相手を殴る電車
 こんな攻撃、初めてみた(笑)

◎動きがアヤシイオーナー

◎プレゼントのお知らせで、リョウタロちゃんたちの後ろで『こいつら何やってんだ?』風にウロツイて、しまいにはいっしょになって小さく手を振ってみたりしてるウラタロス

今週は、ちょっと萌えポイントすくない(ノ_・。)

来週はまた、女の子達にもみくちゃ、っていうか踏まれてる風味のリョウタロちゃんが見られるぞ!(あたしはオニか)

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« March 2007 | Main | May 2007 »