« February 2006 | Main | February 2007 »

いいーじゃん、いーじゃん、すげーじゃん

とっても久しぶりのアップでございます。

正直言って、仮面ライダーカブトに関してはもうなんにも書きたくないというか。
言いたいことは多々あったけど、愚痴ばかりになりそうなので遠慮していたというか・・・。
あたしは全く受け入れられなかったけど、それをおもしろいと思う方もいるわけなので、あまり悪口ばかり言うのもどうかと思ってたの。

ただね。
もう仮面ライダーはあたしの望むヒーローではなくなったのだと。正義やヒーローに対する認識が、もうかけ離れているのだと、あきらめの心境でいたこの1年だった。

さて、今日から始まった「仮面ライダー電王」。
公式サイトでライターが小林靖子さんだというので、ちょっと期待はしてた。
過去、小林さんの担当した作品では、感動させてもらったり感心させられたりの実績もあったしね。

結果は・・・・。
うれしいっすよー:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
またこんなおもしろい作品が見れるなんてねー。

あたしにとって大切なツボは、やっぱりヒーローは優しさを持っていること。
モラルのあること。
もちろん、魅力的なキャラクターであること。
いくら誰かのためだと言い張っても、相手の気持ちも都合も考えずに押し付けるようなのは×です。

つじつまが合わなくてイラついたり、無駄としか思えない浮きまくりのギャグはいらない。
質が良くて小気味よくさりげないギャグはおっけー。

アクションも切れがあってメリハリがあること。
加えてせっかく高岩さんなんだから、アクション以外の演技も見せてもらえること。

どんなにハードな状況でも、どこかに明るさがあって希望がある事。

電王は全てクリアと見た。

第一回だけでは、誰がなんなのか、どんな人物なのかさっぱりわからないものも過去あったけど、今日だけでも主人公や主要人物をそれぞれしっかり認識できたのよね。

良太郎はかなり情けないよね、確かに。
徹底的に運が悪いのはともかく、言いがかりでカツアゲされてもさからうそぶりも見せない。
自分から向かっていくこともない。
アワアワしてるだけに見える。

でも、あんな目にいつも会っているらしいのにヘコみはしてもひねてない。
クヨクヨもせず、しなければならないことにちゃんと目が行く。
空き缶を片付けたり、落し物を届けたりね。

誰かを恨むこともなく、憎んでもいない。
こういう人は、ホントは強いんじゃないだろうかと思う。
打たれ強いし、全てを受け入れる度量の広さとかを持ってたり。

ちゃんとお礼も言えるし。
自転車でコケても、自分より先にそばにいた人たちに「大丈夫ですか?」と言ってしまうし。

良太郎、好感度抜群よー。

細かい描写だけど、こういうことで良太郎という人間をかなりうまく表現してる気がして、さすが小林靖子さんはうまいなーと感心しきり。
もちろん、作品は脚本家だけでは作れないから、全体がうまくバランスがとれているのでしょうな。

良太郎だけじゃなく、気に入ったのはねー。
モモタロス?っていうの?_(_ _)ノ)))☆
良太郎に取り付いたイマジン(?)
あいつはいいっ!
おもしろい!
同じ「オレ様」でもこいつはかわいいっ(誰と比べてんだっつーの)

「オレ、参上」って一言で、あたし的にはかなりきちゃったし、「必殺!オレの必殺技」ってのでもうノックアウトさ。

無駄で無意味なギャグはいらないけど、本来あたしはお笑い好き。
このモモタロスの言動、「おまえの望み・・」で良太郎の自転車にぶっ飛ばされるあの絶妙のタイミングとかね。
「オレにやらせろ!」と言ったそばから粉砕されてたりね。
オープニングで踊ってるモモタロスもぐっじょぶ。
も~、こういうのはどんどんやってっ(T▽T)ノ_彡☆
と、こう思うわけ。

確かに、ちょっとライダーつーよりは戦隊っぽい雰囲気もあるのかなーと思ったことは確かね。
デンライナーのあたりなんかはね。
でも、見てみたら戦隊とはやっぱり違う。
言葉にはうまく表せないけど、やっぱり仮面ライダーだなーと思った。
説明できなくてごめんなさい。
見ていくうちに、うまい説明思いつくかもしれないんで、それまで待ってね(^^;;;

一つの体で良太郎とモモタロスの人格が入れ替わる。
これがまた高岩さんの本領発揮できる、すばらしい設定よねー。
アワアワしてる良太郎・電王。
いきなりクライマックスなハイテンションのキメキメオーバーアクションのモモタロス・電王。

くぁー、最高だぁ。

このほかにも、おもしろそうな登場人物もいて、なんだか1年ぶりに来週が待ち遠しい日曜。
できればこのレベルがずっと続いてくれますように。

ちょっと心配なのは、お姉ちゃんのお店の常連な兄さん達なんだけど・・・。
いや、きっとうまく動かしてくれるよね。

そんなわけで、(あたしの中では)ヒビキさんに続く新たな仮面ライダー、スタートですっ

| | Comments (0) | TrackBack (7)

« February 2006 | Main | February 2007 »