« December 2005 | Main | February 2006 »

仮面ライダーカブト 始まりました~

響鬼の後に続き始まった仮面ライダーカブト。

特に感慨もなにもなく、淡々と迎えられちゃったのは、やっぱあたしの中で「仮面ライダー響鬼」は29話で最終回となり、数ヶ月をかけてそのショックが収まっちゃってたからなのかなー・・・・

なんて、ちょっと寂しい感じもしつつ。

とりあえずオープニングで脚本が、後半響鬼の中で唯一きちんとみられた方だったので、ちょっと安心(笑)

で、見た感想は・・・・・

うーん。
全然わかりません。

響鬼とはがらりと雰囲気が違うってことくらいしか(^_^;)
いえ、雰囲気ちがうのはいいんだけどね。
1話だけではなにがなにやら。

とりあえず言えるのは、主人公の総司(?)、あんまり好みじゃないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「お笑LIVE10」とヒーロービジョン」

「お笑いLIVE10」はお友達のおかげで見れたけど、「笑ってこらえて」を忘れちゃった_| ̄|○

「お笑いLIVE10」での細川さんは、ジーンズにサーモンピンクのジャケットに白いシャツ。
いやあ~、かっこいいっすよ(*^,^*)
藤井さんのマジックに素直にびっくりしてる顔がまたかわいいし。

うしくんとかえるくんを手にしてる細川さんも見てみたい。

ヒビキさんではない細川さんもやっぱり好きなことを確認した次第であります(〃∇〃) てへ

響鬼関連の写真集やらムックやら、一変に3冊くらい出てるけど、単価高いなー。
とりあえず「鬼ーおとこーの肖像」はゆうべポチッとしてしまった。
他2冊はちょっと間をおいてって事で。

今日は「HERO Vision」をゲット。
細川さん&渋江くん&川口くん」の対談はほのぼのしてていいねー。
3人の関係がほんとに響鬼&威吹鬼&轟鬼そのまんまな感じ。

3人と栩原くんの写真もいいねー。
それぞれ待ち受けにしたいわ(*^。^*)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

仮面ライダー響鬼;最終之巻

とうとうこの日を迎えてしまいましたな~

思えば第1之巻を見た時の感想といえば・・・

ぽか~んとしてどぎも抜かれてうっとり(*^,^*)

だったなー。

なにせいきなりミュージカルだったしね。

毎週ヒビキさんに会うのが待ち遠しくて、毎日録画を何度も何度も見返して、隅から隅まで見倒して。
そうして過ごした数カ月あまり。

その間、いつも頭にはヒビキさんの姿があって、明日夢くんと同じにそのおかげで元気が出てた。
おかげで近年まれにみる前向きバリバリな日々を過ごしていた。

こんなヒーローに出会えたのはものすごい久しぶりっていうか、初めてかもしんない。
すっかり大人になっちゃってからだけども

これからも、ヒビキさんの姿はあたしの中でも励みになっていると思うよ。

なのにっ

そんなすばらしい番組の最終回がこれかあ (||| _ _)ノ

一言でいうと、

なんじゃこりゃ_| ̄|○

である。

いや、たぶん、最終の巻だけの事ではないのだ。
こういう風に終わるなら、なんであんなエピソード入れたんだ?とか、あれの事はほったらかしかいっとか。

そんな、消化不良も甚だしい、この、なんていうか、飲み込みたくてものどの途中にひっかかってどうにもこうにも降りていかない・・みたいな?
好きな味なのに、そのなかになんかへんなよくわかんない匂いがついててなんかいや・・・・みたいな・・・。

ヤツがたった1年で変身できるまでになっているのを見ると、むかつくのはなぜかしら。明日夢くんが自分の道をみつけたのかと思っても、なんだかすっきりしないのはなんでかしら・・・・。

ラストの夕日(?)の海でのシーンも、一見いいような気もするのに、いったいあの海はどこなのよ?とかみたいな事が気になっちゃってみたり。
もっちー助けるためっつったって、乗り物もなしで明日夢君達がそんな遠くに行ったとは思えなくてさ~。

そういうとこを気にしてちゃだめなんですか?
そんなもんには全部目をつぶって、感動しろって事なんですか?

がんばってヒビキさんの、ていうか細川さんのファンとしてだけ見れば、やっぱり細川さんはかっこいいと思うんだけど。

でも、それだけだった

ええ、泣けたよ。
まったく違う意味で(゚´Д`゚)゚。

細かい事をあげればキリがなさすぎて、書く気にもならないけど。

とにかく、気をとりなおして一言。

こんなすばらしい番組「仮面ライダー響鬼1~29之巻」をこの世に生み出してくれたスタッフ、キャストのみなさん、ありがとうございました。

特に新生ライダーを妥協なく作ろうとしてくれた高寺さんをはじめとする初期スタッフのみなさん。
悩みながらもヒビキ役を引き受けてくださった細川さん。

あなた方のおかげで、少しだけ強くなれた気がします。

後半はほんとに腹立たしいやら悲しいやら・・・・でしたが、それも前半がすばらしかったからこそ。

あたしにとってヒビキさんは、一生忘れたくないあこがれであり目標になりました。

最後にこんな愚痴ばかりの稚拙な文章を読みにいらしてくださって、トラックバックしてくださったみなさん。
ありがとうございました。

今後はなにを語っていくかは未定ですが、なにかが見つかれば続くかもしれません。
その節は引き続きよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (14)

ヒビキさんさえかっこよければいいやもう・・・(゚´Д`゚)゚。

今日も響鬼を見始めるにはちょっとした勇気がいりました。
けど、2度見返すことのできる出来だった・・・・・・ほっ(-.-)
これが、細川さんが脚本にチェックを入れた成果なのか、監督が坂本太郎さんだったからなのか?

もう、今までの積み重ねの設定無視だったりしてるのはどうしようもないということにすれば、今日は見ていてイライラするような事は少なかったね。

◎どうしても気になる点

明日夢くんが鬼の修行以外に目を向けるエピソードが弱すぎる。必然性がなさすぎる。
第1之巻からの明日夢くんを見てきたから、鬼になること以外の選択は納得なんだけど・・。

そもそもなんでパネルシアターなのよ・・・・(__;)

「鬼を集めろ」って話はどうなったの?
他の鬼のみなさんはなにやってんの?

香須実ちゃんも日菜佳ちゃんもみどりさんも、もうまるで部外者みたいだなあ。
猛士ではもうサポーターをつけることはなしになったのですかねー。
清めの儀式がいつになったってのも、あとから聞いてんだもんな。

◎ ヤツについては・・・・

また一人だけ変な事言ってるなぁ。
鬼の修行から離れた明日夢くんに怒るのはいいけど、「勝負して勝ちたかった・・・絶対に許さない」って・・・・。
演技のしかたなのかな。
本気でライバルとして引き留めたいとかそういう風ではなくて、マジで勝負ふっかけてたつもりなのかと思えてしまった。

まあ、前なら「やっぱり君は鬼には向いてなかったって事だね」とか言って無視してただろうから、変わったといえば変わったかもしれないけど、こいつについては単に一貫してないのか変化なのか判断がつかないのさ。

それにしても、未だに「人を助けたい」という気持ちが全然見えてこないこいつには、鬼にはなってほしくないってのが、変わらぬあたしの気持ち。

◎それらを帳消しにできるのが(*^。^*)

ヒビキさんがかっこいいーー:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
久しぶりにこんなに素敵なヒビキさんを見た気がする。

生身アクションにはホントに萌え燃える~!
見捨てないで良かった♪

「鬼になるってのは変身するってことじゃないんだよね」という、そのことを身をもって二人に見せたヒビキさん、ヒーローですな

◎先週予告で違和感があった「自分の生きる道を決められないやつに、なんの人助けができるんだ」について・・・。

明日夢くんの考えを聞いての流れのなかだと、思ったよりは大丈夫かな?
鬼になるにせよならないにせよ、自分の行く道は自分で決めろと。
弟子になった以上、迷い続けている段階ではもうないはずだということかな。

明日夢くんを否定する事なのかと心配していたんだけど、そうではないのではないかなと。

今までもずっと、「こうするべきだ。ああしなきゃいけない。」とは言わなかったヒビキさんが言い続けていた「自分なりにがんばれ」ということの延長上にある言葉なのかなーと・・・多少強引にではあるけど、そんな感じで納得した次第であります。

明日夢くんが迷うのは前からだったけど、今の明日夢くんはおおきな目標はもう持っていながら、具体的な道筋を迷っているように思える。
そのヘンが「変わった」所なのかなー。

うーん・・・書いてるうちにナニ書きたいのかわからなくなってきたけど(;^_^A アセアセ・・・

◎ヒビキさんが弟子をとらなかった理由

自分には師匠がいなかったから?そういうことなのか?!

そういえばずっとヒビキさんの師匠については話ってなかったよねぇ。
「先代ザンキさんに弦を習った」とかはあったけど、太鼓の師匠についてはなかったと思う。

そうかあ。だからなのかあ。

師匠について修行したのではなく、いうなれば「自分なり」に、ザンキさんふうに言えば「自分流で」鬼になったから、弟子をとって教えるには自分はアウトローだと。そういうことなのかな。

なんか納得。

でも、それってすげー。

もう響鬼に関しては、見てもなにも感じなくなってしまったと思っていたけど、せめて今日くらいきちんとできていれば、やっぱり心にふれるものがある。

来週はとうとう最終回。

開始当初は、「最終回がきたりしたら号泣して、あとどうしたらいいのかわからなくなる」と思っていたこの「仮面ライダー響鬼」

今となってはそこまでのものではなくなったけど、やっぱりヒビキさんとのお別れは泣いちゃうのかな。

良い方向で心に残る最終回、まだ期待してていいのかな、もしかして・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (9)

明日夢くん、がんばって(T^T)

新年一発目ですねぇ。
今日も突っ込みどころだらけで、ナニをどう書いたらいいのかもうわかりませんが
なので、細かいとこはもういいです。

ただ、明日夢くんに関してはちょっと黙っていられないなぁ。
ヤツに引きずられるようにして、まるで成り行き上みたいになし崩しに弟子になって、まあ、明日夢くんの事だからいろんな事考えて悩む事もあるのかも・・・とは思ってたけど。

もっちーの誘いを断りきれずにパネルシアターとやらに参加して、そちらの事に気を取られて、それで迷い出すって。

そして予告のあのヒビキさんの言葉
「自分の生き方も決められないやつが、どうやって人を救うんだ」(ちょっと違うかも)

ヒビキさんがそういうこと言うんだ・・・・・とかすかなショックがあったりもした。
ヤツに「あせるな」と言っておきながら、明日夢くんにはすぐに決めろと。考える暇もあたえないと?
もちろん、このセリフは来週の事で前後がわからないんで、はっきり決まったわけではないんだけどさ。
セリフだけなら違和感だけど、この件については保留にしときますが。

でもあと2回しかないのに・・・。
じっくり考えていろいろなモノをつかんで来た明日夢くんに、考えるなみたいな・・。
ていうか考える暇なんかないぞというこの進行。

ザンキさん殺す暇があったら、明日夢くんの事をもっとていねいに時間かけるべきだろーーーーがよーーーーーーーー。

いえ、もう怒りもわいてこないので冷めてるけどね。

あああ・・・・こんな感想、書き続けてていいのだろうか・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (15)

ごめんねヒビキさん(爪▽爪)

気をとりなおして再度挑戦!

今度はタタコンもしっかり接続して、「太鼓の達人」は完璧!!!にやり方がわかった(その段階?)

魔化魍退治も、キャラクター選択画面でややっぱりコントローラーは反応しなかったけど、タタコンたたいたら次に進んだ(^_^;)
順調に第1ステージが始まり、「ツチグモの童子と姫」と戦闘開始だっ。
・・・なんでいきなり後ろ向いちゃうの?ヒビキさん(゚´Д`゚)゚。
どうしたら向きを変えられるのだろう・・・タタコンで戦い始めるとコントローラーじゃ反応しなくなるし。
コントローラーでも方向キーとかがイマイチちゃんと動いてないような・・・・。

ふっ、まだまだだな、あたし・・・・・_| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (2)

さて、正月も2日も過ぎちゃったけど、魔化魍退治に挑戦だっ!

PSXに久しぶりにコントローラーつないでタタコンつないで。
まずは「太鼓の達人」で小手調べと。

あら?タタコンが反応しないよ?つなぎ方間違えたかな?
とりあえずコントローラーは反応するので、そちらで「輝き」を叩き
なるほどこういう感じなのねー。
では一度電源落としてタタコン接続しなおして・・・・・

ゲームの終わり方がわかりませ~ん。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・

あちこち押してみるとまたゲーム始まっちゃうし
わーんやめたいのにー
と、結局5回くらいやらされたかな~(゚´Д`゚)゚。
そこでやっと、PSXのリモコンに「ゲーム終了ボタン」があるのに気がついた_| ̄|○

なんだか、なんの説明もろくに受けてないのに勝手に奪った陰陽環を使えてた「きりやん」にも負けた感じだ(^_^;)

とりあえず「鍛えたりなきゃ鍛えるだけ」なので、いよいよ魔化魍退治だっ

今度はキャラクター選択画面でコントローラーが反応しませんがあ(; ;)ホロホロ
何度やり直しても同じ。
何で?どうして?

ヒビキさん!あたしにはまだ無理なのですか?
鍛えたりなさすぎですかあああああ

そんな感じで、今年もけっこうヘタレな始まり。

負けないさ!!!.・゜゜・(/。\)・゜゜・.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »