« November 2005 | Main | January 2006 »

響鬼、NHKへっ

布施明さんが「少年よ」を歌うのは知っていたので、録画予約しといて良かった♪
やっぱり出てくれましたね、細川さん(*^,^*)

初めは響鬼、威吹鬼、轟鬼が出てたので、それだけ~?と思ったんだけど。
それにしても、ライダーショーが始まるとは思っても見なかったよ。
NHKさんも必死?

細川さんは大河にも出てたんだから、もうちょっとトークとかするのかと思ったのに、一言いただけただけなのねぇ。
でもかっこよかったねっ。

布施さんの歌はやっぱりさすがすばらしかったっす。

さて、今日で2005年も終わりです。
今年後半はまあ愚痴ばっかりになってしまいましたが、その前は確かにすばらしい出会いをした年でした。
「鍛えたりなきゃ鍛えるだけだ」を座右の銘にして、これからも鍛えて行こうと思います。

この適当なブログをのぞいていただき、トラックバックやコメントをくださったみなさん、どうもありがとうございました。
来年もまた、良い出会いがありますように。
引き続き、よろしくお願いしますねm(__)m

| | Comments (0) | TrackBack (8)

紹介していただきました

なんと、ネットラジオでこのブログを紹介してくださったそうです。

お聞きになった方、いるかな?
あたしは月曜は帰りが遅いので、残念ながら間に合いませんでした(゚´Д`゚)゚。

でもアニメソングや特撮・ゲームなのの話題満載のラジオのようなので、是非聞きたいなあ。

興味のある方は是非、「FMGIG」さんへ!

田中逞馬さん、どうもありがとうございました。

しかしほんとにこんな愚痴ブログでよろいしいのですか?(;^_^A アセアセ…

| | Comments (3) | TrackBack (3)

ザンキさん、安らかに・・・・

こんな大事なエピソードだから、ザンキさんの最後だから、せめてもっときちんと心込めて作って欲しかったなぁ。

◎なんていい加減なの

「死んでる・・・・ヒビキさぁ~ん!!!」の後、イブキくん達はどうしたんだい?
ほったらかし?

だって、病院で夕べザンキさんに会ったっていうトドロキくんの言葉を聞いてのヒビキさんの「勘違い」発言。
あれはどういうこと?
ザンキさんの遺体を確認していたんなら、あんなセリフはあり得ないでしょ?

あれか?
ヒビキさんと二人で急いで戻ってきたらザンキさんはどこにもいなかった?

そのあと探したのか?
イブキくんはしっかり脈を確認していたはずなのに。うやむや?

おやっさんへの報告は?
一大事でしょー。もっと大騒ぎになるはずでしょー?

◎返魂(へんこん)の術だそうだが

それってなによ?

「今は生前の意識を保っているけど・・・・闇に落ちる」

ってのはどういう意味?
生前の記憶とかがだんだん薄れていって、最後にはただのゾンビ?
それとも成仏できずに魂が永遠に闇をさまようとか、そういう怖い意味?
そのへんがさっぱり意味不明なのだ。

結局トドロキくんが立ち直るのを見て成仏したようにも見えたし。
「闇に落ちる」に対してナニをどうしたのよ。

◎ トドロキくんの怪我って・・

ザンキさんの胸の怪我も訳わかんないけど、トドロキくんの怪我もどういうものなのよ?
再起不能とか言いながらあんな短期間でリハビリだし。

鬼の回復力のおかげ?
でも、それをふまえたうえでの「鬼になれない」告知だったんじゃないの?

いくらザンキさんのためだって、いきなり走りだして元気いっぱい鬼になって戦うし。
それで完全回復なわけ?
なんか違和感~

◎ いきなり「良い子」になったヤツ???

今更。ほんっっとに今更だよ。
いや、本来ああいうキャラが出てきたら、改心する方向が当然とは思ってたけど、それを今までずっと裏切っておいて、あんなちぐはぐなエピソードで豹変されても、気持ち悪いんですけど。

明日夢くんから盗んだ陰陽環で、自分をバカにした彼に復讐するつもりだったのは確かなのに、そこへ魔化魍が出てきたからってなんでいきなり守るほうへ変わるの?

なんでそれを使わなかったんだ?と聞かれて「自分の力じゃないからです」って・・・。
ナニがどうなってそういう言葉が出てきたのかさっぱりわからない。

まるでヒビキさんはヤツがそれを悟るのを期待していたみたいに見えるけど、明日夢くんの立場は?

明日夢くんの扱いひどすぎない???
あんなにがんばってるのに、結局ヤツが妙な改心するための茶番劇に引きずられてるだけだなんて・・・

とにかく、にっこりと「はいっ」と返事するヤツなんて気持ち悪い~~

◎ もっちーとあきらちゃん

もうあれですね。
この二人は「ストーリーには全く無関係なんだけど、かわいいからとにかく出しとけ」みたいな感じですよね。

いい加減にしてよもう。

くわえて言えば、もう主役がヒビキさんと明日夢くんだってことも忘れられてるんじゃないかと思えるくらいだし。

とにかく、ザンキさんの大切な話なのにこれでいいのか?
ザンキさんファンの方々は納得するわけかしら?

あたしはできないけど。

「俺はもう泣かないっす」のトドロキくんと、ラスト、ザンキさんへの無言の「しゅっ」を決めるヒビキさんのシーンだけは良かったけどさ

こんなにグダグダ書いているけど、以前ほど悲しかったり腹が立ったりしていないことに気づいた。
どうやら今放映中の響鬼は、あたしにとってもうそれほど大切なモノではすでになくなったのかなー。
いつのまにか、あたしの中で大好きな「仮面ライダー響鬼」はやはり29話で完結してしまったようです。

一応最終回まで見るけど。
細川さん達は応援したいもん。
ただ、もうどんなにでたらめな出来になってもそれほどショックは受けないんじゃないかなと思える、そんな自分がちと悲しい・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (11)

ヒビキさん、弟子にしてくださいっ

PS2用メモリー「紅」(赤いだけだが)を買った。
タタコンも時期に届く予定。

よっしゃー!
これで魔化魍退治の準備は万端。
あとは正月休みを待つだけだ(^^)v

問題は・・・。

スーパーファミコンの頃(古っ)にはドラクエとかぷよぷよとかやったことあるけど、去年PSXをゲットしてからやったゲームは「ラクガキ王国」のみ・・・程度のゲー歴なのだが。
修行が足りないね。
鍛えなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あまり多くを語る気にもならないけど・・

まあなんていうか、妙にさめた感じで見終わった次第でございます。

もういいや・・・って感じで。

◎俳優陣は好演

ヒビキさん、ザンキさん、トドロキくん、イブキくん、そして日菜佳ちゃん。
それぞれ見応えのある演技で、それだけは救われますな。

◎いくとこまで?

それだけはやめて~との、かなりの数の響鬼ファンが恐れていた方向にホントに来ちゃったんだね~。
やっっぱりどうしてもこうしたいんだね~。
反魂の術ですか、そうですか。へ~。

◎絆といえば・・

ザンキさんとトドロキくんの絆は強調されてて、それはいいんだけど、ヒビキさんと明日夢くんのあの蜜月は弟子入りによって終わったのかな~、なんて。
師匠と弟子になったことで、それまでの暖かいつながりが感じられなくなっちゃった。
ヤツの存在がかなりの邪魔をしてる気はするけどもさ。

明日夢くんともっちーもねー。
喫茶店でのあの座り位置はなんだろう。
あれじゃあ、明日夢くんとあきらちゃんをもっちーが公認・・・みたいな感じだよねぇ。

あの、なんですか?「鬼のチカラがなくても式神をあやつれる」ってやつ?
式神はDAで操るんじゃないのか。
いきなりそれを明日夢くんに渡すヒビキさん。ヤツも弟子だというわりには一個しかないし。

そんな大事なものを、あんなに粗末に扱う明日夢くん。
それで仕返しする、超反抗期のヤツ。

ヒビキさんが自分を嫌ってるって・・・ヒビキさんだけだと思うなよっ。

あ~あ。

いいもん。昨日の「チューボーですよ!」を見て立ち直ったもん。

| | Comments (6) | TrackBack (10)

チューボーですよ!

のっけからヒビキさんで登場!
片足かけてお鼻をちょんとやって・・・・・いやー!好きっ(*^,^*)

他局の番組ながら、響鬼話がたくさんで、「魔茶亜鬼」とともに魔化魍オーブンと戦ってるし_(_ _)ノ)))
魔茶亜鬼はどうやら弦の人らしいね(爆)

エプロン姿もすてきな細川さん。ヒビキさんである割合は「5:5」くらいでしょうか。
今日はミルフィーユ作りに挑戦。

オーブンにパイを入れる時「アツイアツイ」って・・・・
いつも火だるまで平気なくせに・・・

爆裂強打の型が強力すぎたのか、パイが少しこげたっ

イチゴにシロップ塗ったり、クリームを絞り出したり、イチゴの上にピスタチオ(たぶん)を乗せたり。そういう細かい作業にはさすがに向いてる気がする。
うまいわ。あたしより丁寧だわ。

いよいよ試食で一口たべた細川さん。
手をバタバタさせて大喜び。
子供ですかいっ_(_ _)ノ)))
なんだかとってもヒビキさんみたいでかわいいったらありゃしません。
向かいの席でちょっと引いてる明日夢くんの顔が目にうかぶ。

ラスト、女性アナウンサーと二人で話すところでは、「いい男」モードに入ったけど、ほんの一瞬で引き戻されました。
「孝太郎くんから電話だよ」とマチャアキから渡された電話に、「この前貸してっていってたビデオ、友達にあげちゃった♪ごめんね。」
って・・・・・。

いやあ、おなかいっぱいになるほど堪能させてもらいました。
細川さんがより目でイチゴをかざったあのミルフィーユ、食べたいなーーーー

| | Comments (0) | TrackBack (4)

ヒビキさん、おめでとうございます!

本日は、ヒビキさんこと細川茂樹さんのお誕生日でございます!:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

思えば細川さんファンになって初めての誕生日だわ。
だからといって、特別な事はしないけども^_^;

なにはともあれおめでとうございますっ。
34才の1年も、充実した良い年になりますように。
そしてますます「いい男」に磨きをかけてください!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

立ち上がれ!トドロキ!(愚痴はちょっとだけ)

最低限このくらいのレベルで初めから作ってほしかったなあ、と思う四十三の巻。

◎正直に言います。

泣かされた部分ありましたよ。
トドロキくんと日菜佳ちゃん、ザンキさん、そしてヒビキさん。

再起不能という現実を突きつけられたトドロキくん、その絶望と苦悩を見守るしかない日菜佳ちゃん、辛いよねぇ。

いっそ殺してくれというトドロキくんの言葉を聞いた日菜佳ちゃん、泣けました~。
こらえきれずに声がふるえるあたりが良い演技です。
すばらしいです。

変身はできなくても「鬼というのは生き方だと教えたはずだ」というザンキさんも素敵でしたなー。
それでこそ師匠!

「お前はもう鬼にはなれない」ときっぱり言うザンキさん。
厳しいようだけど、冷たいようだけど、おやっさんから伝えてもよかったことを引き受ける師匠。辛いよねー。

なんとか自分で動こうとがんばるトドロキくんに「がんばりやだな、トドはいつも」というヒビキさん・・・・。
やさしいよぉ~。
「今度は俺ががんばる。お前を待ってるから」
って・・・・・。
号泣一歩手前だったぞ。

俳優陣の好演が光る今回だったけど、随所にいいセリフがあって、一瞬「脚本違う人?」と思っちゃったのは事実。
なんでここまで書けるのにあんなもんを世に出しちゃったのよぉ~。

◎がんばれ!トドロキ!

そうだよ。
今まで一生歩けないと言われても、本人のがんばりでちゃんと歩けるようになった人だっているんだぞ。

君だってちゃんと一人立ちした「心と体を鍛えて鍛えて更に鍛え抜いた」鬼なんだから、望みは捨てちゃだめだぞーーーー!

◎新弟子達

・・・と書くと、お相撲さんの弟子みたいだな(笑)

素直な明日夢くんは、とにかくヒビキさんに言われるままに黙々もがんばる。ヒビキさんを見てきてとにかく自分で自分を鍛えないとならないということをちゃんとわかってるんだね。
前は頼りない感じだったのに、運動能力は意外に高くなってるみたいに思える。
密かに鍛えてたんだね、本当に。

それにひきかえヤツは~。
今回はヤツの描き方もマシだった気がする。
きちんとつながってたっていうかね。

ただ、やっぱ気に入らないキャラなので、勝手にだだこねて「やめてやるー」ってのはちょっと溜飲がさがる部分もある。

明日夢くんに負けたくないとちょっとは気概を見せ始めたのかと思ったら、やっぱり鍛える意味をわかってない。
要するにこいつは自分をしらなすぎるんだな。

明日夢くんは、思えばいつも自分の弱さに直面してきた子だ。
受験への不安でもっちーたちよりも落ち込んでしまう自分、電車で席を譲る勇気すらなかなか出せない自分、万引き少年を止めることもできずに殴られただけだった自分。
そういう自分の弱さに向き合いながら、なんとか克服していこうとあがいて来た子だから、だからそのための道筋さえわかればがんばれるんだな。

そんな事をふと思う。

だけどさー。
なんか修行シーンにしてもヤツが中心みたいでやだなー。
明日夢くんのほうをメインにきちんと描いてくださいよ。
そんなにヤツが好きなんか?

鬼が何かを未ださっぱりわかっていない様子のヤツ。
そんなままで弟子にしていいのか。
どうして誰も教えてあげないのかなー。
納得行かない部分

◎このへんは目をつぶらなきゃだめなの?

相変わらずバケガニなのにイブキくんだし・・・。
いや、100歩譲って「オロチ」が始まってるから他の鬼達も手一杯ってこともあるんだろうけど。(だったらちらっとでもそういう描写をしてくれよ)
そういう状況でやっぱり最強の、唯一大量出現魔化魍にたちうちできるヒビキさんが、弟子の修行に専念ってのはどうかと思う。

イブキくん達もザンキさん達も、弟子も一緒に現場に出て働いていたのにさー。

そういうあたり腑に落ちないよなー。

ま、先週ほどどうしても許せないってわけじゃないけど。

◎それより予告が・・・

トドロキくんは明るい方向へ行く気はしてホッとするけど、ザンキさんが・・・・

やっぱりかよーーーーー!!!!
それだけはやめろってんだよーーーーーーーー!

きっとあのシーンは次回のラストでまたひっぱるんだろうけどさ。
逆にいつもの肩すかしを切に希望だよ。

ホントに頼むっすよーーーーーーーー

| | Comments (0) | TrackBack (11)

42の巻・・・今日も愚痴だい

バレエの練習の前に響鬼を見て、先週のような釈然としないへんな精神状態になるのが怖くて、リアルでは見ることができなかったあたし。
2ヶ月ほど前までは、逆に元気をもらう為に無理してでもリアルで見てたのにな~(ため息)

○ヒビキさんに関しては少しマシ?

ああいうヤツを軽々しく弟子にとったこと自体はもうまったく変なんだけど、今日だけに関して言えば

「やっとヒビキさんを少しだけ把握していただけましたか、脚本の方」

ってところでしょうか。
ええ、でも少しだけですけどね。

細川さん的には、あの水色のダウンがかわいいし(*^,^*)、イブキくんがおごってくれると言った時に素直に喜んでるあたりが古き良き時代のヒビキさんぽくてよかったなーと。

○「キリがないな」

・・というあの剣のCMはそういうことだったのかと納得。
魔化魍の大量発生でいっぺんにたくさんを相手にできる武器ってことか。

魔化魍の大量発生って・・・・・・・。
なんか童子と姫が大切に育てていた魔化魍が大量発生ってのは、童子と姫にとっては5つ子とか6つ子を一生懸命育ててるようなもんなんですかね?

つーか、超童子&姫以外に姿なかったけど。
もうそういう設定はなしってことで?

魔化魍も、もうそれぞれの特性とかどうでもよくなってる感じだし、100年に一度のオトロシ、今度はイブキくんに簡単に倒されてるし。

○弟子ふたり

歴然とした差がある。
明日夢くんとヤツ。

そもそも「あきらさんのおかげだよ。」と素直に感謝する明日夢くんにひきかえ、あきらちゃんをオチこぼれよばわりする最大級のイヤなやつ。
誰のおかげで弟子になれたと思ってんだっ。自分のほうがよっぽど人間としておちこぼれてるくせにっ。

あんのじょう、弟子としての態度にも違いがでてる。
ヒビキさんからの連絡がない間、それでも自分で鍛えようとする明日夢くん(バイトはやめたわけか?)
なん~~にもせずにフラフラしたり盗み聞きしてるヤツ。
この時点でもうどっちが見込みあるか一目瞭然じゃないのですか?>ヒビキさん

体育会系な鍛え方が自分の不得意分野なのに気づいたヤツは、「足がつった。腕をつった」と見え透いたごまかしで無駄なプライドを取り繕う。
そのあげく「こんなことしてなんになるんですか?」

ほら、こいつはこんなやつだ。

ヒビキさんは、「向き不向きがありますからね」なんて言ってるけど、明日夢くんは未知数だとしてもヤツに関してはどう見たって不向きでしょうが。

鬼って、人を助けるために自分を「鍛えて鍛えて鍛え抜いた心と体を更に鍛えて」なれるものなわけでしょ?
自分のためだけに鬼になりたいと言い、辛いことや都合の悪い事はすべてごまかして逃げようとする。
その上弟子にしてくれと言っておきながら修行のしかたにケチをつける。

ありえない。

○ふっきれてるあきらちゃん

いやにすっきりした顔をしているあきらちゃんとイブキくんだけど、なんだかなー。

「特撮ニュータイプ」の記事だと、「憎しみの気持ちをなくしたら鬼になる意味がない」と悩んでやめる事を選択したみたいに書いてあるんだけどさ。
もしそうなら、魔化魍に対しての憎しみは持ち続け、でもそれを倒す事は放棄して、それであんなに晴れ晴れ笑ってるってのがあたしにはイマイチわからない。
ドラマの中ではほんとにそうなのか、はっきりしないから違う風に決心したのかもしれないけど、やっぱりわからないし。

わからないのに、「あきらが決めたことですから」でニコニコしてるイブキくんも、やっぱりわからないわ。

おばさん、頭堅い?

○猛士の組織って・・・

吉野から帰ってきて始めてヒビキさんが弟子をとったことを知るおやっさん。
猛士っていつからそんないいかげんな組織になったんでしょうか。
弟子になるにもきちんとした手続きが必要だったんじゃないのかな
ま、そんな細かいとこまで描写する時間がないとしても、まっさきにおやっさんが知ってるふうにはしてほしかったなぁ。

○他の鬼達はいったい・・・・

ウブメの担当って、イブキくんとかの笛の人じゃないの?すでにそんなの無視?

いくらいっぱい出てきたからってまたしてもほったらかして逃げ帰る轟鬼&ザンキ組。
いや、あの場合はベースに戻って応援呼んで体制建て直しでしょう?あんなことしてる間に犠牲者でまくりじゃないかい。

とりあえずイブキくんを連れてふたたびでかけて、「俺達でがんばりましょうっ」とトドロキくんテンション高いけど。
弾鬼とか鋭鬼とかどした?
関東には11人いるんだろうが。無視?

って、毎回こんなような突っ込みは疲れる。
これはもうお約束だと無視しろってことなのかなぁ。
なくならないんだけど、違和感。

○トドロキくん一大事

だから~、こういう展開はいやだあ!

なんですか?
「ザンキが死ぬと思っただろー。実はトドロキのほうがやばいんだぞ。おどろいたろー」という人の悪さを感じるんだけど。

しかも、トドロキくん「再起不能」かもってのは、ザンキさんを変身させて死なせるための展開とか?

やめろってんだよぅ( ̄△ ̄#)

○マシなのか?そうなのか?

今日は先週感じたみたいな「コレを書いたのはど素人か?」(きつかったら失礼)みたいなとこは薄れていたけど、その分展開に拒否反応が出てしまった。

今後どうなるんだろう。すっっっごく不安。

ええ、装甲響鬼だけは強いですけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (18)

響鬼のゲーム、ゲットだけど

PS2ソフト「仮面ライダー響鬼」
到着したよ。

太鼓の達人やってみたいと思っていて、響鬼ならぜったいあるだろうと思ってたこのゲーム。
ちょっと楽しみね♪

でも、タタコンはまだない_| ̄|○

つーか、やる暇もないんだけど。

お正月休みまでおあずけですかね。

最近正当派の音撃をさせてもらえないテレビの響鬼の代わりに、あたしが音撃で魔化魍たおしまくりますからね。
負けないでください!ヒビキさんっ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2005 | Main | January 2006 »