« October 2005 | Main | December 2005 »

41の巻・・響鬼・崩壊(*ノ_<*)

中身はだんだん少なくなっていくものの、かろうじて外郭だけは形を保っていた『響鬼』が、もはや砂礫となってくずれさっていきそうな、そんな気がする今日の朝_| ̄|○

◎水色のダウンのかわいかっこいいヒビキさん

この人はあれでしょ。
ヒビキさんじゃないでしょ。

これはね、きっと鬼のなり手を芽のうちにつみとってしまおうという目的で例の二人が作り出した『人に化けられる頭の悪い魔化魍』よね。
そうでしょ?

だれかそうだと言って~。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。 

だって、あんな浅はかで薄っぺらい手段をとるなんて、ヒビキさんのわけないよ~。

「弟子にしてやるから言うことを聞け。鬼のことも魔化魍の事も忘れて普通の高校生に戻れ」

そんな子供だましに誰が納得するかっ。
あの場をはぐらかすため・・・とかならまだしも、ばかにしないでくださいと怒る桐矢になんだあいつは~って・・・。
あたりまえじゃないですかあ!

◎ホントに弟子に?マジで?

そんな事もありながら、ラストではついに「あきらちゃんに頼まれて」二人を弟子にしてしまうヒビキさん。

明日夢くんがヒビキさんの弟子になることとか、「少年」が「明日夢」になることとかにはもっと大きな意味があったはずじゃないの?
なのにあんな展開で?
しかも、桐矢なんか「少年」をとおりこしていきなり「京介」だよ。
いや、下の名前知ってたこと自体が驚きだけど。

最終的に二人のうち明日夢くんだけが弟子に残る・・みたいな方面を狙ってるんですかね。

結局ヒビキさんが弟子をとらない理由はどうした?ほんとに先週イブキくんが言ったことだけ?

◎あきらちゃん脱落

あれだけひっぱった「あきら変身体」も、まともに姿を見せることもなくおしまい。

あきらちゃんが鬼になることをやめる選択をする事自体は、アリかもしれないとは思う。
だけど、あきらちゃんがなにをどう考えてそういう答えを出したのか、それがまったくわからないから共感もできないし納得できなくて。

明日夢くんたちを弟子にしたのは、イブキくんに教えてもらったことを伝えたいから・・・・・って・・・・・。

みどりのお姉さんお兄さんがですかぃ_| ̄|○

◎ますますめちゃくちゃな桐矢というやつ

魔化魍に出くわしてなんども必死で逃げていったやつが。
ちょっと苦手だからってだけで仮病を使ってまで体育の授業をずる休みするやつが。
負けを認めたくないから勝てる勝負しかしかけないやつが。

「オレは逃げない。絶対にあきらめない。」だあああ?????

ばっっっっっっっっかじゃないの?(`‐´≠)

◎もう限界が近いかも

あんなに素敵な気持ちで見ていた、「理想の大人」「人としてこうありたいと思える人」達はどこへ行ってしまったのだろう・・・・。

バケガニの時、自信を失っ時にヒビキさんから「鍛えたりなきゃ鍛えるだけだ」と言われて、「ひとりで帰ります」ときっぱり言い切ったあのまぶしい少年はどこへいっちゃったんだろう・・・。

どうして?
体制が変わって作品のレベルが下がるだけならまだしも、なぜ響鬼をことごとく否定するものを作るのですか?
これは誰の意向なの?

現場の人達がダメなものを作ろうと思うわけはないと思うのね。いくらなんでも。
じゃあ、もっと上の偉い人なの?
今までは、細川さんを初めとする役者さんたちのがんばりに期待してきたけど、もうこうなったらそれではどうにもならなくなってる気がする。

今日はほんとに、見ているのが苦しくなってきちゃったよ。
最終回まで耐えられるのだろうか。ほんと。

◎でも大切な「響鬼」

こんな状態で日曜の朝っぱらから辛いけど。

ヒビキさんに出会ったのは、ほんとに大切なこと。
何度も書くけどね。

心に響きをくれた、大切な作品なのはまちがいない。
29の巻までの新生「仮面ライダー響鬼」はね。

今後どんなことになろうとも、29の巻までは大切に大切にしていきますよ。

| | Comments (2) | TrackBack (12)

郁子さんに拍手

40話は、結局一度も見返してないけど・・・。

でも、ひとつだけ良いと思ったこともあったので、公平を期すためにかいときます(笑)

なんてったって「明日夢まま」
この人だけは、『理想の大人』のまま、崩されてないなあと思うね。

あんな風に「あんたのやりたいことならなんでもいいよ。失敗したらやりなおせばいいんだから」って、軽くなんでもないように言ってたけど、それってホントは大変な事だよね。
ああ言ってあげたいと思ってるお母さんって結構いるんじゃないかと思うんだけど、信じる信じないとは別に心配だって大きいと思うし。

それでも明日夢ママはきっぱりと言い切れる。
それはあの場の事だけではなく、今まで明日夢くんと生きてきたすべての時間の集大成なわけで。

理想の親、なんだよねぇ。

40話の他の部分の事は\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

DVD2巻を久しぶりに見て、またしても引き込まれつつ・・・
明日夢くんが持ってたあのコンパス、最近見ないなあと。
火打ち石で「行ってらっしゃい」も最近ないなあと。

はやく4巻届かないかなー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

コダマ・ヒビキ?

泣いてしまいました。ほんとに良いなぁ、小津兄弟。
・・・・ってそれはマジレンジャーでござりますですぅ(爪▽爪)

肝心の響鬼はね。
なんていうか、「単刀直入なセリフ」のオンパレードって印象でした。

思うに、他のライダーだったり特撮ドラマだったらこの程度でも気にならないんだろうなあと思うんだけど・・・。
でもね。

これは、響鬼だから

ものすごくつまらなく感じてしまうのだなー。
せっかくあきらちゃんの一大事なのにね。

前回、前々回でかなりほっとした部分が60%くらい元に(ていうのは30話以降37話以前てこと)に戻っちゃったね。

桐矢はやっぱりただのウザイ苛つくヤツになっちゃったし、魔化魍をほったらかして鬼達は撤退しちゃうし、たちばなのお店でそういう話をしてるし。

ヒビキさんが弟子をとらない理由・・・イブキくんにあんな風に言われるなんて、すっごくイヤな感じ。
はるか前のおやっさんとの会話からすると、もっとなにかあるのかなーと思ってたのになぁ。ほんとにそういうこと?

なにより、

せっかくのあの明日夢くんの笑顔をどこへやったああ!!!!!

そんなわけで、今日は見返す気力がないです。

魔化魍、どんどん魔化魍に見えなくなってきた。オルフェノクでしょ?あれ?

| | Comments (7) | TrackBack (15)

CD「始まりの君へ」

やっと本編を落ち着いて見れるようになって、新オープニングをきちんと見るゆとりが出た。

まあ、前のほうが断然好きだけどもさ。
ヒビキさんや明日夢くんはいい顔よね。
明るくてさわやかなとこも好感が持てるし。

・・・やっぱ響鬼っぽくないけど・・・。

でも歌はやっぱりいい歌です。
ので、CD買いました~。

オープニングと無関係に聞くと、とってもいいねぇ。
一歩踏み出した明日夢くんのテーマとしては、すてきな曲だと思う。

さて、明日の響鬼はどうかな。
前回、前々回の感じを保ってくれるといいのだけど、せめて・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

始まる君

2週間ぶりの響鬼。
前回が少しまともに見られるようになっていたので、ちょっと期待して待ってたのよ。

で・・。
う~ん・・・・・。
一時期のように、見てイライラしたりのたうち回るような事はなくなりました、はい。
確かにね。
でもなー。なんだかなー・・・・っってとこかしら。

◎ヒビキさん禁断症状には充分ですな(*^。^*)

ヨブコにやられて倒れ伏すヒビキさん。一瞬だったので萌えるほどではないけど(笑)
入院するほどではないけど、回復までにはちょっと辛そう。

でも、目を覚ましてちょっと照れながら地下の部屋に入ってくるのがらぶりーでした(*^_^*)

桐谷の鬼になりたいという戯言に、きちんと対応したヒビキさん。
バカにするでもなく、鼻であしらうでもなく。
「鬼になってどうするんだ?」と。
オヤジを越えたいという答えに「そんなんでやっていけるのか?」と。
その表情にちょっとくらっとっきちまいましたわ。

ピンチのみどりさん、明日夢くんのもとに駆けつけるヒビキさん。
ベージュ・・っていうかアイヴォリーのコートで超かっこよく、さっそうと現れるも、「おそいよー」というみどりさんに「ごめんねー」と手を合わせるおちゃめな姿がまたツボなのねー(^^*)))

◎その頃の悩める鬼達

おしるこで酔うトドロキくん。
すっかりそういうキャラになっちまって(^_^;)

昔、高校の後輩がコーラで酔ってたのを思い出すなあ。

まあ、なんとかかんとかザンキさん離れする決心はついたらしいね。

イブキくんのほうも、とりあえず自分のなかでいく方向は決めたらしい。
これからはこの二人も歩き出すということなんだろう。
イブキくんはともかく、トドロキくんがどう成長した姿を見せるかは、まるで想像できませんが(;^_^A アセアセ・・・

それにしてもトドロキくん。
魔化魍はどうしたって倒さなきゃならないんだよ。
「やられたけど負けてないっす」とか言ってる場合じゃねーってば。

そしてあきらちゃんは、どう結論をだしていくのか。
って、予告で見るといよいよ鬼へ???

◎サバキさんてばまた(゚´Д`゚)゚。

そりゃ、3人がかりでも倒せなかったし、ヒビキさんがやられちゃったくらいだから仕方ないけど、やられるシーンにしかでないなんて・・・なんだか不憫なお方。
かっこよく魔化魍やっつける姿も見せてほしいもんですねぇ。ダジャレいいながらでいいから。

◎明日夢くん活躍?!

微妙ではありますが。
歯は丈夫(笑)

ヨブコの波動について、プロのみどりさんがパソコン使ってもわからなかった事を、なんとか解明しようという心意気は立派です(笑)

ヒビキさんの言葉を思い出してまわりのすべての響きを感じて心を落ち着けて・・・ってことなのかな?
ヨブコの足下の波紋に気づいて、共鳴に周期があるのを見抜いて、おかげで響鬼が有効な攻撃ができたと。

明日夢くんえらいえらい。
でも、そのくらいなんでみどりさんが気づかないのかしらねぇ^_^;

◎「少年」から「明日夢」へ

いつかこういうのがあって、ヒビキさんと明日夢くんの間がちょっと進むのかなあとは思ってた。

ヒビキさんに名前で呼ばれるってことは、やっぱり認めてもらえたってことでうれしいんだろうなぁ。
明日夢くん、いい笑顔だったね。

ただ、ほんとうは、もうちょっと重みのあるエピソードが欲しかったなあと、そう思うのは贅沢かなあ。

◎ヒビキくんの思い出

中学の時の話・・・あれ?なんか前に話してたのと微妙~に違う気がするけど・・・(^_^;)

でも、みどりさんを助けたヒビキさん。少年ながらかっこよすぎっす(*--*)

◎気になっちゃうとこがやっぱりあるのよ。

桐谷について。
前回から、一応つながりのある言動で、顔を見るのも苛つくということはなくなったけど、やっぱりまだ気になるよねぇ。
つーか、いつのまに日菜佳ちゃんの携帯番号なんか知ったのよ。
店の番号ならともかくう!

・・・って、今ふと思いついたけど、もしかしてこれは、明日夢くんが落としていった携帯のメモリからかけたからかな?
うんうん。それなら納得だ。

やっぱいなくていいぞ君は。

でもあそこまでたちばなに馴染んじゃってるのは・・なんかやだなー。

全体的になんかしっくりこない気はするんだけど・・・・。
香須実ちゃんや日菜佳ちゃんがただの甘味処の姉妹になっちゃってたり、鬼と魔化魍が町中で戦ってる画面とかが、違和感あるのよね。

もうしかたないのかなぁ。慣れるかなぁ、そのうち。

◎違う意味で気になること。

ヨブコをやっつけて顔だけ変身解除したあとの、あのヒビキさんの表情っていったい?

予告で明日夢くん、気になるセリフを言ってたけど・・・「天美さんの弟子に・・」???
えー?

それよりも、テレ朝サイトの予告の最後の文が気になってしかたないんですけど~。
なんかイヤ~な予感('_'、)
脚本もあの方だし・・・・ぼそ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (14)

なまり亭~さすがだわっ、細川さん

sokohibiki 某ジャスコで「アクションポーズ響鬼」のガシャポン発見。
「装甲響鬼」ゲットしました~。
腕や胴が可動式で、意外に良い出来なのねー。
テレビでは装甲より普段の響鬼のほうが好きだけど、これに限って言えばかなりかっこいいっす。

「マシューTV」のなまり亭に細川さんご出演で、好きなコーナーなので楽しみにしておりましたん(*^。^*)

正直言って岐阜の方言って聞いたことなかったんだけど、名古屋弁に似てるのね。
細川さんがなまるってのも想像つかなかったけど、やっぱり板についてるっていうかね、要するに細川さんならナニ弁でもすてきっつーかね(爆)

それにしてもお見事。
方言でインタビューされて方言で答えるけど、一人のインタビュアーに対してだけは共通語で答えなければいけないという、かなり難易度の高いものに挑戦だったけど、切り替えの見事なことっ。
たった「2なまり」で切り抜けました。

方言でしゃべってる時はものすごくリラックスしてるのに、共通語になると背筋が伸びて「イケメンモード」に装甲しちゃうのね(笑)

楽しい1時間でございました(*^_^*)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« October 2005 | Main | December 2005 »