« September 2005 | Main | November 2005 »

おかえり!あたしの響鬼(爪▽爪)

わたくし、このひと月余りの間悪い夢を見ていたようです。
やっとまともに見られる「仮面ライダー響鬼」が戻ってきたよ~。日曜の朝っぱらからイライラしないで済むなんて、もうないかと思っていたのに。
う~れ~し~!!
うれしいので、ちょっと長いよ(*^_^*)

◎自然の響き

森のなか、ベースキャンプで一人目を閉じ木々の響きを感じるヒビキさん。
自然の木から「力を借りる」と言ってたヒビキさんらしい。

◎ヒビキさんと少年

なんとなく落ち込んでいるのを察しているヒビキさん。
「正直に言ってみ」と言うけど、無理強いはせず。
「ヒビキさんは太鼓をうまくたたけなくなったことってありますか?」という明日夢くんの問いに答える。
そしてヒビキさんの答えから、自分で何かを考えている明日夢くんをほほえんでみている。

久しぶりにこういう時間。
いいね。これよね~。
廃校のグランドの夕日のなかでの語らい。
こういう感じが響鬼のいいところのひとつだもんね。

◎お仕事の話をするヒビキさんとみどりさん

忙しいはずなのに合宿だなんて、みどりさんてば仕事放棄?と思ったけど、用事があればヒビキさん達のほうからやってくるわけね。
まあね、みどりさんの役割って戦闘中にどうこうってもんではないからこういうのもアリなのかな。

プロの仕事仲間らしい会話がいいなーと思う。
このお二人は幼なじみらしい会話の時もあるし、きっちりプロな話をしている時もあって、そういうとこがしっくりしてていいな~と思うです。

そこへいきなり(なぜか)現れる魔化魍。
音叉を手にみどりさんの前へでるヒビキさんが最高にかっこいいっ(*^,^*)

◎一応がんばる明日夢くん

ヒビキさんとの交流のなかでがんばろうとしていながら、肝心の部活がうまくいかなかったり、ヤなヤツにつきまとわれてたり、どうにも水をさされっぱなしで落ち込みぎみな明日夢くん。
なんとかがんばろうとは思っても、いまひとつ・・・。

それでも、もっちーに強がってとはいえ笑顔を見せたりして、久しぶりにがんばってるなーと思えた。
ここしばらくは強がりさえも言えない感じだったもんね。・・あ、それは悪い夢の話ですが(^_^;)

それにしても、前回登場時はなかなか評価の高かった部長。
今回でかなり評価さがりまくりじゃない?
あの言い方はヒドイよね。
「君は必要ないんだ」って。
いくらなんでもそりゃーないだろぉー。
ちょっときらいになったかも。

おっと、スルーしちゃうとこだったけど、明日夢くん、さりげなくもっちーと手をつないだりして(*^,^*)
自然にやっちゃってるとこがいいよ、うん

◎みどりさんがかっこいい

登場はなんだか疲れ切ったマッドサイエンティストみたいだったけど(笑)

部長にあまりな言い方をされた話を聞いて。

「それでも男なのぉ??」

言った~~:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

中学生のヒビキさんに活を入れたこの言葉、いつか明日夢くんに言ってくれないかとずっと思ってたのよ。
これを言えるのはもっちーではなくみどりさんだもんね。

ブラバンの部長だったって話は初耳だけど?^_^;

ひとはだ脱ぐって・・・ほんとに脱がなくても(笑)

魔化魍に襲われてからもかっこいい~。
ヒビキさんにかばわれながらもしっかりあの棒を手に持ってたし、超童子と超姫に襲われる明日夢くんを助けようと、みごとな回し蹴り。

やっぱただ者ではなかったのよね~

◎悩む鬼たち

あきらちゃんの事で香須実ちゃんから「挫折を味わったり泥まみれになったりしたこともなく、いつも上から見ている」と言われちゃったイブキくん。
師匠としての自分に自信をなくして悩む。

21才の若さで弟子をとるってのは大変なことだろうに、今まですんなりきていたけど。
確かにそのほうが不自然だったのかもしれないね。

宗家のあととり(え?お兄さんは?)で生まれた時から鬼になるのが当たり前と思ってなったイブキくんと、両親を殺されたり魔化魍から人を助けたいと強く思ったり、そういうアツイ気持ちとかを持って鬼を目指す人とはどうしても違うのかな。

いつかこういうぶつかり合いの時がくるものなのかもしれない。

鬼としては一人前のイブキくんが、今度は師匠として一人前になるための試練でもあるんだなきっと。

そんなイブキくんの「鬼の師匠の師匠」にはザンキさんはうってつけ。
体育会系なザンキさんの教えにイブキくんもまた成長するんだろう。

その反面、ザンキさんに突き放されてショックなトドロキくん。
独り立ちしてがんばってはいるものの、結局ザンキさんがサポーターにつく前はうまくいかなくて。
今度が本当の意味での自立への一歩だよね。

がんばれ若者よ(笑)

ザンキさんはザンキさんで、吹っ切って引退したはずなのにまだ鬼になることへの未練があったりするのかな。
胸の傷については、なんでいきなりそんな理由がでてくるんだよと思うけど。まあ、悪夢の中でそういうことになっちゃったからしかたないか。

でも、無理して鬼に変わって帰らぬ人になっちゃうっていう、そんな展開だけはやめてよね(T.T)

◎音撃だあ音撃だO(≧▽≦)O

響鬼、威吹鬼、轟鬼トリオでの戦い。
やたらとアームドセイバーにたよらず、きっちり音撃で戦ってたね。
効かなかったけども。それでもこれが鬼の戦いかただよなーと。

アームドセイバーでの装甲は、いつもよりあっさり気味の演出で逆によかった。
あたしはこのくらいのほうがかっこいいと思うんだけど、どうでしょ?

◎ヤツさえもアリ

とにかく前後の脈絡もなく、いきなり現れてとってつけたように意味不明なセリフを吐くだけだった桐谷京介。
でもね、今日みたいなんだったらアリでしょ。

相変わらず明日夢くんのストーカーではあるけど、部長にショックな事をいわれてる明日夢くんにその場で憎たらしいことを言うのではなく、たちばなに先回りしてる。
明日夢くんの様子をいぶかしんで「なにかあったの?」と聞くみどりさんに「つまんない話ですけどね。聞きます?」と・・・。
今まででは考えられなかった言い方だよね。
なんていうのかな。その後もよけいな口をはさまずにみどりさんと明日夢くんの話を聞いていたり。
少しアホさ加減がへったというのか、人間味に奥行きが出てきた感じ?

その行動はやっぱり不可解っていうか、コイツはなに考えてんだ、ってもんはあるけどね。でも、おぼろげになんとか猛士に入り込みたい、そしてヒビキさんに近づきたいって、そんな動機があるんだろうとは思える行動だし。

みどりさんとイブキくんの会話に口をだしてくるあたりも、「なんだお前は。」と思ったけど、イブキくんに「あきらのことを深く知りもしないで・・・」と言われたあとの表情とかできちんとつながってるっていうか・・・うまく言えないけど。ものすごい違和感にいらつくような事はなかった。

こういう絡み方ならそれほど不自然な感じはしない。
好きにはならないけど、初めからこんな感じだったらこれほどの嫌悪感を持たずにすんだんだろうなぁと思うよ。
セリフ以外の芝居の見せ所もあるし、これなら中村くんのがんばり次第で存在価値のあるキャラになるかもしれないね。

◎脚本家のひと・・・

今回から脚本家が変わったわけだけど、それだけでこんなに変わるもんなのね。
今度の方は前半のドラマをきちんと見てるんだなと思えた。
みどりさんの「それでも男なの?」のセリフとか、ヒビキさんの自然とのかかわり方とか・・・。
イブキくんの悩みも、カニの時にヒビキさんが言ってた「あいつはほら、そういう星のしたに生まれたっていうか・・」というセリフからつながるし。

それに前後の整合性のないばらばらな展開ではなく、普通にきちんとつながったストーリーになってる気がしてほっとしたわけです。

気になる部分がないわけじゃないのよ。

誰が遊撃班だかわかんないねーとか。
ヒビキさんは香須実ちゃんといっしょじゃなかったのに、誰がピンチをたちばなに伝えたのでしょー?とか。
明日夢くん、猛士や鬼のことを桐谷に話しすぎだろーが、とか。
おいおい日菜佳ちゃん今日はセリフなしかよぉ、とか。

でも、その辺はこっちへおいといて、と思えたからいいや。

◎来週に期待

予告では魔化魍につかまりながらも明日夢くんががんばりそうだし、できればあきらちゃんも少しは前に進みそうだし。

「始まりの君」・・・・明日夢くんやあきらちゃんの事だけじゃなく、イブキくんやトドロキくんの事でもある気がする。

ヒビキさんのアクションもあるし♪

ひさしぶりに待ち遠しいよぉ~♪♪♪

って、来週はお休みだってさー(゚´Д`゚)゚。

| | Comments (2) | TrackBack (13)

仮面ライダー響鬼DVD第3巻の特典!

今回は早めに届いていたんだけど、いろいろ忙しくて見る暇がなく・・・。
でも、今回の映像特典は、

まってましたっ:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

の「細川茂樹スペシャルインタビュー」
本編を見る暇はなくてもせめてこれだけは見ないとね。

紺色バージョンの響鬼Tシャツにうっすらとひげ・・・このヘアスタイルの感じからするとあの話のころかしら・・・なんて勝手に想像したりして。

始めはお約束の響鬼のオファーが来た時に迷った話。
あちこちで見たり聞いたりはしてるけど、ちょっと詳しい感じかな。

撮影に入ってから、他の場所で撮影してそれらしく見せることもできるのに、妥協しないやりかたとかに気合いを感じたと細川さん。

今この時期に聞くと、見る側にもその気合いは伝わってきて、だからああいう傑作ができたのだなー、なんて思うあたしである。

まあ、その妥協しない気合いが予算食っちゃったんだろうな・・・・・_| ̄|○

細川さんのインタビューへの答えは、やっぱり前シリーズまでの新人ライダーのみなさんとはやっぱりちょっと違うのね。

去年までの主役のみなさんは、現場は楽しくて勉強になる。学校みたいで楽しいと、だいたいそういう話をよく聞いたけど、細川さんはヒビキさんという役についてだけでなく、「仮面ライダー響鬼」という作品自体を客観的に見て、その可能性とかまで考えていたり。
共演者達との関わり方を語るにも、余裕があるしね。
その辺が、経験を積んだ俳優さんらしい。
大人の主役・・ってことかな。

新人ライダーくんたちのフレッシュな受け答えもさわやかでいいですけどね。

今後もキャストのみなさんのインタビューが続く見たいなので楽し
みなのである。

そして本日届いた「ヒーローヴィジョン」
まーまーまー。
表紙のザンキさんのかっこいいことっ。
つーか、なかの見開き2ページにわたるグラビアも、ものすごいね。ザンメロ隊の方々が次々に卒倒する姿が目に見えるようだわ(笑)
松田さんのノリノリ加減がものすごく伝わってくる気がした。
かっこいいです。はい。

ヤツ(名前も書きたくない(__;))を演じている中村くん。
普段はいい笑顔じゃないですかぁ。
ホントに仮面ライダーに出られるのがうれしいみたいで、読んでいてほほえましいんだけどさ。
それだからいっそう。ヤツをもうちょっときちんとして欲しいなぁ。
今現在の張りぼてのように中身を感じられない、芯の通っていない行動の数々のままじゃ、がんばってる中村くんもかわいそうだよね。

って、ホントはそんなこといち視聴者が心配しなきゃならないことじゃないだろーよー(゚´Д`゚)゚。

おっといけない。また愚痴になっちゃう^_^;

とにかく、ザンキさんは素敵でした、と。
あ、イブキくんと童子さんもねー。

ヒビキさんと明日夢くんが少なすぎだがな(T.T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザンキさん祭りでしたね。

ザンキさんファンの方々、おめでとうございます(笑)

やっぱりザンキさんは渋くて素敵ですなー。
ヒビキさんが今日はかすんじゃったじゃないの(゚´Д`゚)゚。

◎お悩み相談室

今日のヒビキさんのポジション。
あきらちゃんの悩みを聞いて、イブキくんの悩みを聞いて。
それだけ人格と経験を認められてるってことなのだろうね。

新体制に変わってからの中で一番期待はしてたのよ。
まあ、今までに比べたら苛つかずに見れるかもしれない、という程度だけどさ。
やっぱダメでした_| ̄|○

◎「あの人は呪術的な力で若さを保ってる」

うそくさ~い!!!

「昔の鬼はみんなこういう力を持っていた」

なんかやだーーーー(八、)~~~==3  

ええ、そらあ「人間が鬼になる」って事自体、現実では嘘なんだけど、響鬼の世界ではリアルな事でそれはなじんでいる「事実」で、鬼達の日常は変わらぬ人間、人一倍人間らしい人間で、一般人との違いと言えば『精神的な強さからくるやさしさとおおらかさ』みたいなことな気がする。

そ、それが、なにぃ~?
魔法使いかぁ!
すんごい違和感。

ああいう考えの鬼が何人もの弟子をとっていたって、猛士事務局はナニをやってたんだ?と思う。
ザンキさんは、ちゃんと「憎しみはすてるべき」とわかっているけど、「憎しみが力」というシュキの教えをそのまま身につけちゃった鬼も、もしかしたらいそうな気がしていやだ。

◎鬼払い

なにか特別なやりかたとかがあるのかなーと思ってたよ。鬼になる能力を不活性化してしまうようななにかが。
少なくとも、命を奪うってことではないと思ってたんだけどなー。

単に「宗家の鬼が鬼を倒す」だけの事なのですか、そうなんですか……(o_ _)o

あちこちで言われている、「ライダー同士が殺し合うのはもう見たくない」という、最後の一線はなんとか守られたみたいではあるけど。

◎朱鬼の音撃

「人を食うときだけ口を開けるノツゴ」

え~・・・・・さんざん口あけて吠えてたよねぇ・・と思うのは気のせい?^_^;

で、ザンキさんごとノツゴを倒そうした時とか、最後に自分ごと・・で音撃(一応)をしてたけど、そもそも音撃ってあんな風に鬼自身をも傷つける性質のもんなの?

これはあたしが思ってただけのことかもしれないんだけど、なんとなく「音で清める」ってことは、人や鬼には効かないんじゃないかと思ってたんだけどもねぇ。

どっちにしても、朱鬼の音撃じゃ倒せなかったじゃん。
なんだよ、それ~。

◎イブキ&あきら師弟

あきらちゃんが魔化魍を憎んでいることは前から描写されていたけど、あんなにイブキくんに全幅の信頼を寄せていたあきらちゃんが、ああも簡単にイブキくんの元を離れるとは、どうも信じがたい。
憎しみを忘れろってことを言われたのは、初めてとは思えないし。

そのことで悩むこと自体はもちろんアリだと思うのだけども・・・。

あんなにまぶしそうにイブキくんを見ていたまなざしが、なかったことみたいだね。

「あきら!こっちへ来い!」
このイブキの言い方も、彼らしくないよね。
鬼払いという重責に、精神状態も平静ではなかったにしも。
イブキくんらしくないよ、やっぱり。

◎そして「ヤツ」

またなんかバカな宣言をほざいてたけど、それは無視!
でもさー、明日夢くんがヒビキさんとの会話をヤツにわざわざ話すなんて考えられない。
おかしいよ、このシーンも。

あちらこちらで「話をスピーディに進めるためには、こういうキャラも必要」という意見も目にしたけど、本当にヤツが出たことで話は進んでおるのですか?

すでに「洋館の男女」が出てきたことで進み始めていたと思うんだけども。

今回のあきらちゃんの件にしても、ヤツがからまなくても全然成立している。
ヤツが出てきて影響があるとしたら、29話でせっかく輝き始めた明日夢くんが、また暗い表情ばかりになってしまった事だけだ。

どう転んでもヒビキさんがおまえを弟子にするわけないから、さっさとママのとこに行っておしまいなさい!(ごめんね中村くん)

来週の予告、ヒビキさんが細川さんみたいでカッコよかったんだけども、ヤツがちょろちょろ映っていたのがすっごくイヤな予感(__;)

今日も愚痴ばかりでごめんなさいm(;∇;)m 

あ~、いつまでこんな状態が続くんだろうか。最終回までなのだろうか・・・・・。

あたしの響鬼をか~え~せ~<(T◇T)>

| | Comments (0) | TrackBack (6)

ぐるナイ!

いつ出るかいつ出るかとわくわくしながらも、キノコ狩りを楽しんでいたけども(幻の松茸たべたーい)

このコーナーに出演だったわけね。
ものまねのね。

ホリとかコージーさんが物まねのレクチャーをするってわけだけど、細川さんの中尾彬さんの物まねは、とっくに持ちネタだよね~。
レクチャーを受けてさらに磨きがかかった・・・・のだろうか^_^;

でも楽しそうでした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

36之巻・・・・今日も微妙

いやいや。泣きました。
ドラマ見てこんなに泣いたのはひさしぶり。
見せてくれるなぁ、重衝さま(πーπ)グスグス

前に読んだ小説とは、ここもちょっと違うけど。
でも、潔いながらも妻への愛情の深さ。
今生の別れのシーンでは、輔子の戸田菜穂さんと一緒に泣きながら見てしまった。
これで終わってしまったなあぁ、重衝さま。

え?あ、響鬼ですね、そうですね。

先週の分裂症かと思うようなでたらめさは、どうやら落ち着いたみたいで、ちょっとほっとしたです。
ずっとああだったらどうしようかと思った。

でも、もうあたしの中で新体制に対する反感が根付いちゃったのか、どうしても違和感が邪魔をする。
確かにまともにドラマしてるとは思うんだけど、響鬼じゃないと思ってしまうシーンがいっぱいあって、どうしてもそれをスルーできない自分がいるわけで。

この気分を覆すには、相当いいものを作ってくれないとダメね。
まずはあの「きりやきょうすけ」ってのを抹殺してください(゚´Д`゚)゚。

◎ヒビキさん、なにをなさって?

「鬼のヨロイ」が盗まれてその犯人らしき人物に裁鬼がやられたというに、のんきにお店でテーブルふいてて。
え~(」゜ロ゜)」

ザンキさんが病院から出て来たところに来るヒビキさんは、ザンキさんをストーカーしてた?でなければ、これまた都合のいいことに偶然?
その場合、バイクで用もなく街を流してたの?

明日夢くんとの会話とか悪くないところもあるし、細川さんの演技としては確かにヒビキさんなんだけどさ。

バイクで走ってて、いきなり超姫と超童子の気配を感じて進路変更とか・・・そんなのありなの??
ああ・・・響鬼じゃない・・。

◎「え?先代の・・・」

ザンキさんの師匠の話を聞いてトドロキくんがいいかけたセリフ・・・。
これは視聴者を代表して、

「え?先代のザンキさんの設定はいったいどこにいったんすか?」

と言いたかったのかな(笑)
それを最後まで言わせなかったザンキさんは、新体制スタッフの、

「そういうことはなかったことにして忘れろ」

というメッセージなわけかしら。

◎超姫と童子の存在意義は?

もともとの姫と童子は、魔化魍を育てることが目的であったのに、この超姫と超童子はいったいナニがしたいの?

いきなり街に出没して、魔化魍とは無関係にいきなり鬼に襲いかかるって、ナニ?

やたら説明セリフばかりのくせに、こういう肝心な部分の説明はないわけよね。

「最近は姫や童子がいないのに魔化魍が出たりしておかしい」と、確かに以前鬼側は言っていたけど、その問題はそれっきり丸投げなわけね。
もうそれが当然みたいになってるのね。

◎シュキさんは魔法使いですかね

ビルの窓からひったくりに向かって炎の鳥(?)を飛ばすシュキ先生。
あなた、響鬼よりもマジ○ンジャー向きの方なのでは?

結局裁鬼を襲ったりしたのは、変身アイテムを手にいれる為?
で、あの魔化魍を倒すためなわけ?
ふーん。

シュキの女優さんはなかなか稟として素敵ですね。
あんな女性に師事したザンキさん・・・・。
ザンキさんみたいなクールな人だからまだしも、トドロキくんみたいな人だと、どぎまぎしちゃって鍛えるどころじゃないよねぇ(爆)

◎ヨロイ・・・

ザンキさんの放ったたった1体のDAでうち砕かれる変身忍者嵐。
そんなもんにあっさりやられたのかぁ、サバキさんてば。

◎イブキ師匠

最近めちゃくちゃな扱いだったイブキくんも、やっとイブキくんらしく戻ったねぇ。良かったねぇo(;△;)o
変身後の活躍はまだだけど、師匠としてのイブキくんはかっこよかったよ。

鬼としてのキャリアはともかく、人生の経験の浅い自分ではあきらちゃんの悩みをどうにもしてやれないと思ったのか、ザンキさんにあきらちゃんをあずける決断。
苦渋の決断だったんだろうなぁ。でも、そういう潔いところがいいよね。

◎あきらちゃんの迷い

両親を魔化魍に殺された・・・というのは前からそれとなく予想はしてたけど、あっさりと口にされちゃったね。
その憎しみから鬼になろうと決意したけど、その憎しみをなくせと言われて・・・・。
あきらちゃんの悩みもわからないではないけどねぇ。
こればっかりは乗り越えるのは簡単じゃないんだろうな。

自分の中を鬼を殺さないといつか・・・・・ってのは、ダークサイドに落ちちゃうぞってことですか。
ああいう能力を手にしてから悪の道に走ると大変だもんな、確かに。

だーけーどー。
迷い出すきっかけが「きりやなんとか」である必要はまるでないと思う。

◎相変わらずとってつけたような「きりや」

「ばかみたい」
というあきらちゃんの一言には、思わずやんやの拍手喝采をしてしまいましたが。

つか、「ばかみたい」じゃなくて「ヴァカ」なんです。

相変わらず唐突なヤツの言動は、あきらちゃんの悩みのきっかけはこいつをつかっちゃえという、衝動的な思いつきのような気がしちゃう。

ほんの数回鬼を目撃しただけでなぜあんなに偉そうな事を言えるんだっ。

はっきり言わせてもらうっ。

こいつ見るとさわやかなはずの日曜の朝っぱらからいらつくんだよぉぉぉぉ!
演じている中村くんの顔すらきらいになってくるじゃないのよぉぉぉ。

こいつを出さずにあきらちゃんにああいうこと考えさせるようなストーリー、あたしが書いたろか。すぐに思いつくぞっ(ノ`△´)ノ
と、二度寝しながら怒っていた今日の朝であった。

◎それでもほっとしたとこ

きちんとトドロキくんのサポートをしてるザンキさん。
ベースキャンプを設営して魔化魍を探す鬼。
落ち着いたイブキくん。
探索に出るDA君達。

そんなとこかな

今日もいきなり装甲しちゃったんでドンドコもなく、その辺がさびしい。

で。

日菜佳ちゃんはいづこに?

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「メントレG」

いつも見てる好きな番組に出てくれて、うれしいですわ。
大好きなTOKIOと大好き(*^,^*)な細川さんが話してる、それだけで顔がゆるみっぱなしなあたしであります。

当然仮面ライダー響鬼の映像なんかも出てるけど、やたらと映画の映像が多いのはなぜだっ。
それでも曲は一部だけとはいえ「輝」と「少年よ」だし。
二之巻の「鍛えてるんです」のシーンがよかった(*^_^*)

小さいお友達の夢を壊すので「ぴー」になっちゃってた話もあったけど_(_ _)ノ)))

何度も聞いた話も、TOKIOの突っ込みがはいるとまたおもしろいってば。

響鬼を見て「オレ達が見てた(仮面ライダー)とは違うなー」とびっくりしてたTOKIOの面々。
どうやら見てはいないようす。
是非見てほしいなぁ。
いや、これからのではなくて、一之巻から('_'、)

レストランでは、いきなり松茸釜飯!
松茸がでかっ(°口°;) !!
よだれがぁ~。
次は鴨ネギ、ホテルメリディアンルームサービスのカレー。
いやぁ、どれもおいしそうだなぁ~(^¬^)

勝負に負けたら「仮面ライダーオレにやらせてもらえますか?」と太一くんに言われて爆笑する顔が好き♪

結果は、勝利!
松茸釜飯を松岡くんと二人でおいしそうに食べてる。

「これで仮面ライダー続投ってことで by太一」
_(_ _)ノ)))

・・・あしたのお昼はとりあえず釜飯食べにいこうかな・・・松茸は無理だけど(..;)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「スタジオパークからこんにちは」

ちまたの細川さんファンにとって、一番衝撃的だったのは、

「愛車の助手席はすでに指定席です」

だったのでしようか。
あたしは、まあ、ご本人が幸せならそれでいいと思うので・・・。
でも、心の奥底で_| ̄|○・・・・みたいな?(笑)

NHKだけあって、ほとんどが大河の話ではあったけど、オープニングで響鬼Tシャツを着て響鬼のフィギュアを持った子に、「この人誰かわかる?」と聞いてくれてました。
お母さんもうれしそうだったなぁ。
いいなあ、あんな目の前で細川さんに会えるなんてな~。

子供の頃の写真なんかはねー、ほんといつみてもかっこいいお子ね~って感じで(*^_^*)
小さい時の写真は、ご本人も「自分で見てもかわいいな~」だそうです(笑)

おきまりのような水泳の話とか、ノンノボーイフレンドに応募した話、俳優になった時の話・・だけど。

話を聞いてて感じたのは、細川さん、ご自分がかっこいいというのは自覚してるな~って事。
テングになってるとかうぬぼれてるっていう事じゃなくて、事実として自覚してるっていう風に感じた。
だから嫌みがないのねー。

「義経」での重衝さま最後のシーンにはじーんと来たし、プロデューサーのメッセージ、宗盛にいさまのメッセージを真摯に聞いていた姿も印象的だった。

今年は響鬼や大河で忙しいけど、だからこそよけいに覚醒してるように感じると。いろんな事ができるような気がすると。
なんとなくわかるなー。
暇な時って、逆に時間がないとか、したいことが見つからない事があるけど、忙しい時ほど積極的に時間を作っていろんな事ができたりするのよね。

細川さんを知れば知るほど、いい男だな~と思う。外見だけじゃなくてね~(*^,^*)
あたしみたいなおおざっぱな人間とは全然違うみたいだけど、きちんと自分の足で歩いてる、そんな感じ。

今後も応援しちゃうよっ。
周りは今はいろいろアレだけども。
なんか、細川さん見てるとがんばろーって気が起きるし、楽しいし。

ほめすぎですか?
しょうがないよ。ファンだもんねノ(´д`) ヘヘヘ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おまえらどうなってんだよ・・・_| ̄|○

なんかもう、第一之巻からのファンにケンカ売ってんの?
って感じですか?

前回と今回、特別なコメディ編と位置づければいいのかなーとは思うんだけど、笑えない。
中途半端すぎて。

もちろん、あたしは響鬼ファンだからいろんな事うずまいちゃってるし、ある意味冷静には見れないけど、もし前回と今回が別のシリーズだとしても、たぶん乗れないな。この中途半端さでは。

もぉ~、何してくれちゃってんのよーーー(゚´Д`゚)゚。

○ヒビキさんも微妙~

かろうじてヒビキさんはやっぱりいいんだけどさ。

でもオープンカフェは似合わない。
いや、細川さんには似合うんだけど、カフェが似合うってのは、ヒビキさんにはにあわないっていうか^_^;
この場合、帝釈天で鳩に囲まれながら・・とか、土手でならんで・・・とかの方がらしいのになー。

明日夢くんの部屋で語り合うシーン。
うーん・・・やっぱ半端な感じはするんだよねー。
ただ、

「じゃあ、青春独り占めってのは?」
「・・・・わからないですね・・・。」
「・・・・・。」

はちょっと好きだった(笑)
この二人の間の取り方、息があっててよいですな。

○イブキくんもあり得ない

あり得ません。
香須実ちゃんのああいうシーンを見て動揺するまではわかるけど、魔化魍退治の現場であれはあり得ない!
轟鬼以上にありえないーっ

○ザンキさん(T^T)

いや、ザンキさんのとこだけ。ザンキさんとこだけ見ればおもしろいよ。さすが松田さん、と思う。

でも、これはブレイドの始くんの時みたく「ザンキさんとそっくりだけど別の人」と思わないとダメかも。

師匠だったら、恋愛の手助けがどうこうよりも、私情を仕事に持ち込む甘さを鍛え直してやるべきだろうに。

だいたいあれじゃあ、師匠の立場ないじゃないの。

○トドロキくんはやっぱ痛々しい

鰹の原因がそんなことって・・・。
たとえ魚の光り物だという勘違いをしたとしても、あの鰹はあり得ないだろー。
だいたい、普通魚で光り物だったら鯖とか鰯とかじゃないの?

ヒビキさんに言われてうどんを打ち始めてからのトドロキくんは、ちょっとらしいかなとは思ったけどもね。
なんでうどんなのかがイマイチ不明だけども。

そういえば、前にも好きな子にあり得ないプレゼントしてたの、いたね。
「忍風戦隊・ハリケンジャー」の霞一鍬。
生きた牛、つれてきました_(_ _)ノ)))

一鍬くんはいいのよ。すっごくらしかったもん。
「かわいいもの」と言われて「牛」
番組的にもあれはあれでよかったもんね(笑)

でも、それとこれとはまったく別だよなっ

○「アタリ」って・・・・・

「ヒビキさんがアタリが出たみたいだから応援に来てくれって」

「アタリ」って言葉、確かに以前から何度も使われてましたね。
魔化魍が出そうだと予測された所に行って、ベースキャンプを張って、DA君達を探索に出して魔化魍の存在を見つけた時に・・。

あんな町中で突然出てきて「アタリ」もなにも・・・。
なんか使い方間違ってませんか?>脚本の方

そろそろ「魔化魍反応だっ、いくぞ!」とかやりだしそうで怖い。

○夏の魔化魍・・?だよね?

セミ怪人、見事に分裂してたから、夏のやつなのよね?
だったら君たちも太鼓で戦え~!>威吹鬼&轟鬼

○やっとドンドコ

久しぶりに、やっと太鼓で戦ってくれたねー。
バチを振り上げるその姿、かなり変わり果てちゃったけど、それでもやっぱ素敵~(*^,^*)

でも、あの演出はなんかちょっと・・・・・
よけいな演出いらないのにさ~(x_x)

○うざいっつーのっ

やっぱウザイよ~<「き」くん
今度はあきらちゃんにちょっかいかよぉ。
つーか、ラストのBGM、すっごい悪役みたいだよ。そんなたいそうなやつかよっ。

あきらちゃん、一発ぶん殴って目を覚まさせてやってちょうだいよ。

◎この人達はもう・・・

「心と体を鍛えて鍛えて鍛えぬいて、さらに鍛えて」鬼になったはずの人たちとは別の人達なんだなぁ。
もうそういう風に描く気はさらさらないんだなーと、妙に低いテンションで思えたあたしでした。

どんな事情だろうがなんだろうが、本来視聴者には関係ないことで、厳しい事だろうけどできあがった作品(結果)がすべてのものでしょ?
ネットでいろんな事は目にして、「あ~、だからなのかぁ」と納得する方もいるだろうし、「それじゃ仕方ないよね」と思う方もいるでしょう。
でも、そんな情報は本来業界内部のもので、今だってもちろんそんなこと知らないで見てる方もたくさんいて(小さいお友達含めて)、いきなり作品をこれだけひっくりかえしてしまうってのは、どうなの?

いきなり今までの響鬼をぶちこわされてとまどっている人もたくさんいるんじゃないかな。
もちろん、人の感性や好みはそれぞれだから、今のほうが好きな人がいるのかもしれないけど。

「新生仮面ライダー」である響鬼に惹かれて、ヒビキさんの生きる姿から、その姿や言葉からいろんな事を学ぶ明日夢くんから、さまざまなものを受け取って心励まされたり、いやされたり心地良かったりしていた人たちの想いを、いったいどうしてくれようというのだろう。

そういうあたし達の想いを踏みにじるのだけは、これ以上なしにしてほしい!

・・・・と思っても無理なのだろうか。
あたしは、響鬼は見続けるよ。DVDもたぶん買い続ける。
でもそれは、細川さんのヒビキさんが好きだから。ただそれだけの為。
29話以前の、ヒビキさん大好きな上に作品自体も傑作で見ていて心地よいから・・・という理由では決してない。

来週はちょっとシリアスに戻るようだけど、この違和感も収まるのだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (9)

ヒビキさんが「起きろー!」って(#^.^#)

特撮ニュータイプを立ち読みしたけど、その内容については今日はノーコメントにしちゃお(^_^;)

それより、ゲットしましたっ。
響鬼目覚まし:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

店頭で見つけたので音をだしてみて、即購入決定なのよ。
だってぇ、ちゃんとヒビキさんの声なんだもぉーん(*^,^*)

明日の朝からヒビキさんに起こしてもらうんだぁ~。
、「今日もがんばれよっ」って、音角で気合いいれてもらうんだぁ~v(≧∇≦)v

これ、みためはアレですが、ヒビキさんファンにはおすすめ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだよっ鰹って

新オープニング、さすがすばらしい声だよね、布施さんは。
歌もなかなかさわやかだし、映像も良いんじゃないですかね。

普通の平成ライダーだったら(゚´Д`゚)゚。

ブレイド以前のライダーなら、好きなオープニングではあると思うよ。
でも、響鬼っぽくないよねぇ……(o_ _)o

ヒビキさんはかっこいいよ。もう、ヒビキさんのアップだけで満足しとこかと。
あ、でも、ちゃんと明日夢くんも主人公のひとりらしく出てたのでホッとしたわ。

◎自慢げなヒビキさん

「すごいのは小暮さんだけじゃないぜ。オレもすごいんだよ」

「だってオレ強いんだもん。悪い?」

いや~、キャラによっては嫌みなセリフも、ヒビキさんが言うとなんかかわいげがあるのはどーしてかしら。愛かしら。

「強いんだもん」はともかく、「装甲響鬼」(あえてアームドではなく)に関しては、すごいのはDAくんたちと敵の洋館の男女のほうな気がするけど(^_^;)

◎なぜコンビニに?

いや、現代だから、柴又にだってコンビニくらいあるし、考えてみりゃヒビキさんがコンビニに行ったっていいはずなんだけど、なんか今までそういうイメージなかったから。
ヒビキさんのお買い物つったら、商店街とかでおばちゃんやおじちゃんと楽しくお話しつつ・・・って感じだし。
まあ、あの時間もうそういうお店開いてないもんね。

◎明日夢くんと水入らず

ひさしぶりねー。
今日はあの「き」の邪魔も入らず、ゆっくりと話せてよかったよ。
やっぱこうでなくちゃねー。

でも、ヒビキさんご飯作りにいくより、バイトのあと「たちばなで食べていきなよ」のほうが、明日夢くんにとってもありがたいかと思いますよ、ヒビキさん。

◎姫と童子は・・

なんでいきなり超姫のキャラかわったかな?
でも、この二人はそれなりにおもしろいよね。
来週は超童子もキャラ変わってたりして。

あー。
愚痴りたくないよー。だけどやっぱりだめだよー。

◎トドロキくんは・・・

もうすっかりやけくそ気味ですね。
なんかもう悪のりされすぎ。トドロキくんがかわいそうでかわいそうで(π0π)
トドロキくん&日菜佳ちゃんシーン、痛くて早回しさせていいただきます。

鬼はみんな普段ダメ人間にされてるのね。ヒビキさん、料理の腕までY(>_<、)Y

◎今日の教訓は・・・

とうとうこんなですか。

「育ち盛りなんだから、栄養のあるものを食べないと」

_| ̄|○

◎みどりさんてば・・・

「鬼であることと私生活はいっしょ」って。
命にかかわるんですけど・・・。

ここは全面的にヒビキさんの意見に大賛成よ。

◎もっちーのラブレター

どーせ本当はラブレターじゃなくて他のもんだと、そういうオチでしょ。
万が一ほんとにラブレターだったら、今後あたしはヒビキさんシーン以外は早送りしちゃうかもだよ。

◎恋愛ものはやっぱ苦手

恋愛要素があってもいいけど、これだけそういうことばっか押し出されると、引く。
とくにこんなでは。
よかったよ。ヒビキさんとみどりさんまでベタベタし始めなくて。

◎修行はじめてまもないって?

あきらちゃんまでなんかヘンです。
イブキくんもおかしなことを言う。
「修行をはじめてまもないんだから」
はあ?

「次はいよいよ鬼だな。」
「はい。今、序の六段ですから」

あれはなに~??

今日は頭真っ白にして、素直に見ようと、楽しもうと思ったのに。
やっぱだめ。
違和感が違和感がああああ!

来週はザンキさんまで心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (12)

« September 2005 | Main | November 2005 »