« August 2004 | Main | March 2005 »

下町の風情がいいですね

再会したヒビキさんと明日夢くん。
ふたりで川べりを歩くシーン、いいですね。
ヒビキさんと会えたことで、今までの不安な気持ちが一掃されたような明日夢くんの笑顔、かわいいったら(*^_^*)

香須実さんにきつく言われてた「フォロー」だけど、あんなもんでいいのですか^_^;
ま、明日夢くん本人がけろりとしてる感じですからねー。大丈夫なのかな。
そして、がんばれる気がすると言いながら、担任の先生の言葉でいっきに落ち込む明日夢くん。
ゆれうごく青春ですね。
明日夢くん、ちょっとしたことに左右されすぎな気はするんですけども。がんばれっ。

一方、インターバル中のヒビキさん。
やっぱ「たちばな」に住んでるのですね。
おやじさんと向かい合わせで新聞読んでたりする、なんかああいう生活感のあるシーンって好きです。
車を洗ってるヒビキさん、なんからぶりーです(#^_^#)

きっちり作られたシフト表。
かなりきちんと組織だって活動しているようですね、猛士と鬼さんたち。
このシーンの会話から、他の鬼さんたちには弟子がいるらしいこともわかりますね。
ヒビキさんにはなぜ弟子がいないのでしょう。
・・・・まあ、あんまり師匠って感じでもないですね。香須実さんにしかられたりしてるくらいだし(笑)

今度のバケガニ、強いですね。
音撃鼓が溶かされてしまうなんて。だから弦使いが担当していたのでしょうか。
あれをどう倒すのでしょうか。

イブキさん登場しました。
ちゃんとライダーですね(笑)
明日夢くんママが「別れた旦那ににてる」って言ってましたが、ヒビキさんのこともそんな感じで言ってましたよね。
確かに、ヒビキさんとイブキさん、一見なんとなく似てる気はします。
しかし、明日夢くんパパ、どんだけいい男なんでしょうか。見てみたいですよね。

ピンポイントで笑ったのが、「芋忠」。
これ、わかる人はどのくらいいるのでしょうか。
今回のライダー、戦隊ものパロディ満載ですか?_(_ _)ノ)))

・・・と思ったら、勘違いでした。
「芋長」さんと間違えたもよう・・・惜しいっσ(^◇^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海の魔化魍は・・・

山の魔化魍は枯葉になりますね。
じゃあ、海の魔化魍は?という話になり、「海のもずく、いやもくず?」と返事が返ってきたので、「いや、わかめになったりして」とぼけておいたのですが。
「海の魔化魍はひじきになるのね。」というメールが来たので大爆笑しました。

いえ、それだけなんですけどね_(_ _)ノ)))

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日も響鬼ネタです(^_^;)

やっぱり我慢できずに買ってしまいました。
ルリオオカミ。

きらきらしててきれいですねー。
変形してみると、これ、うまくできてます。ちゃんとルリくんになるんだもんなー。感心してしまいました。
口も開いてかわいいなぁ。
音角にセットして回すと音も鳴るし。
楽しく遊べます(*^_^*)

ヒビキさんが倒した2体の魔化魍ですが、両方とも爆散してしまいましたね。
蜘蛛はともかく、山彦はちょっとかわいそうな気もしてしまったのですが。
でも、ふと思うのですが、山彦は清めの音で爆散して枯葉になっちゃいましたよね。
もしかして、魔化魍というのは、童子と姫が自然の植物とか、そういうものから生み出してるのかなー、なんて。
だから、清められてもとの形に戻ってたりして。
考えすぎですか?そうですか(^_^;)

次回、響鬼さん以外の鬼さん出てくるようですけど、どうやらバイクに乗る人のようですね。
なんだ、デジタルとかハイテクが苦手なのは、別に鬼の特性じゃなくて、ヒビキさん個人の特性なのか。
いまだにヒビキさんが機械をまともに使ってるとこ(公衆電話以外)、出てきませんね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢に出てきたヒビキさんは・・

とうとうヒビキさんの夢見ちゃいました。
顔だけ変身解除の状態で、縁側に腰掛けておやじさんとお茶飲んでました。のんびりと。
それと、部屋でなにか作業中みたいなんですけど(音撃棒の手入れとか?)後ろの壁に、オヤジギャグを書いた紙が貼ってあるんです。
なんだこの夢は。
もうちょっとすてきなヒビキさんの夢が見たいものです_(_ _)ノ)))


ヒビキさんとカスミちゃん、いいですねぇ。
とっても妹がしっかり者の兄妹みたいで。

強気で意見するカスミちゃんに、けしてつっかかっていかずに引くとこは引いて下手に出て、でも、必要な事はきちんと伝える・・。
その辺が大人なんですね。
たとえばファイズのたっくんと真理ちゃんなら、絶対喧嘩になるような会話だけど、ヒビキさんがうまく引くので喧嘩にはならないわけですね。
でも、時々「大人になったな、カスミ」なんて年上ぶるわけね(笑)

首から上だけ変身解除の姿、また見れました(*^_^*)
細川さん、似合ってます。うふふ。
服燃えちゃってますからね、あれ以上の解除は差し障りありすぎですもんねー。
でも、ああいう場合、せめてジャケット脱いで変身してから出発すれば、経費節約できるのに・・・・と思うのは、貧乏症のあたしだけでしょうか。

おやじさんも、なんか味がありますね。
人当たりがよくてほのぼのした感じだけど、ちょっと鋭そうなとこもあって。
「たちばな」のメンツが揃って、今後がますます楽しみです。

明日夢くん、回を追うごとにかわいくてしかたなくなってきました(笑)
受験、がんばってね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「どろんします」って_(_ _)ノ)))

思った通り、ヒビキさんとカスミちゃんのコンビはおもしろいです。
ヒビキさんのほうがずっと年上なのに、カスミちゃんにはかなわないみたいですね。
屋久島はヒビキさん一人だったけど、普段はああやってコンビでやってるんでしょうね。

話の中に、どうやら他の鬼さんがいるようなこと、出てきました。そのうち出るのかな?
童子と姫って、ツチグモの時と同じ人?
今度は猿っぽいですね。ちょっと滑稽なところが不気味です。

ヒビキさんのリュックの中、四次元ポケット?(笑)
あれなら着替えもたくさんいれられますよね。なんでヘルメット入れてるのかは、よくわかりませんが。
手帳の柄は、誰の趣味でしょう。鬼だから虎柄?_(_ _)ノ)))

明日夢くん、調子にのりやすい性格のようですね。受験、大丈夫なのかしら。心配^_^;
本人もなにか悩んでるみたいですけど、単に受験のこと?他になにかあるのかなー。
これから、ヒビキさんとの関わりのなかで、どう成長していくのでしょうか。

それにしても、「ヘンなおじさん~♪」って、こらっ(°ヘ°)Ω

| | Comments (2) | TrackBack (1)

響鬼をとりまく人々

hibiki2別に、ここは響鬼専用のつもりではないのですが、なんだか毎日書くことがあるんですよねー、響鬼^_^;
なんせ、毎日1度は見てますから。

何度見ても薄くないらないんですもの~(*^_^*)
つっこみどころ満載だし。

ヒビキさんにばかり目がいっちゃうのですけど、周りの人たちもおもしろいですね。
もう一人の主人公とも言える明日夢くんはもちろん、お母さんもなんだかエネルギーがあっていいし。
「ろじゃっ」って・・・デカレンファンですかね?
明日夢くんのお父さん、別れただんなさん、ヒビキさんに似てるって(笑)
これからあのお母さんがヒビキさんにどう接していくか、ものすっごく楽しみでもあります。

明日夢くんのおじいさんも、電話中のヒビキさんを呼びに来たときの態度がアヤシイですしね_(_ _)ノ)))

猛士の姉妹も、かなり個性的でいいですよねー。
ヒビキさんがフェミニストなのは、あのお姉さんに教育されているからと見ました。
電話で「女と子供・・」と口をすべらせた時にあわてて「レディ」と言い直してたし。

次回、東京に帰ってからが楽しみです。いろんな意味で ( ̄m ̄*)

今日は、ソフビゲットですv(°∇^*)⌒☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も響鬼の世界にいます(笑)

会社にパソコンを持って行ったものの、あまりすることもなくて暇だったんです。
で、なにをしてたかというと、壁紙にした朝焼けの中で向かい合うヒビキさんと明日夢くんを、にまにましながら眺めておりました(笑)

今日も響鬼が頭から離れないあたしです。
どうしてくれますか。

今したいこと。
ヒビキさんといっしょに「ペーパードライバー教習」を受けにいきたいです。
もう一つ、ヒビキさんに他の歌も教えてあげたいです_(_ _)ノ)))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬼さんは衣装持ち?

変身後、明日夢くんの前に現れたヒビキさん、なぜか服装が違ってました。
あら、なんで?と思ったら、2度目の変身時に判明しましたね。
服、燃えちゃうんですね^_^;
変身するたびに一式だめになっちゃうなんて、大変だなぁ。
あのデイパックの中、洋服たくさん入ってると見ました(笑)
せめてコート類は脱いでから変身したほうがいいですね。

ヒビキさんは、初対面の人にも警戒心を抱かせないタイプのようです。
明日夢くんのお母さんや親戚にも、すんなり受け入れられているみたいで。
旅先でも、よくあんな風に泊めてもらったりするんだろうな。
二枚目の寅さんみたいな(こら)

響鬼の一族の特徴なのでしょうか。機械が苦手なのかな、ヒビキさん。
携帯電話持ってないし。
ペーパードライバーだとしても、あの運転はひどい_(_ _)ノ)))
ていうか、よく免許とれたなーと思います。
こういうとこ、かわいいなあもう(*^_^*)
その反面、音撃棒を自分で作ったりして、不器用なわけでもなさそうだし。

ヒビキさん、なんだか深みのある、いい感じですねぇ、やっぱり。
ドラマ部分、しっっっかり楽しめてます。

仮面ライダーとしてのアクションシーンですが。
もしかしたら、派手なアクション好みの人にはものたりないかもしれませんね。
なんていうか、すごく力みのない、気負いのないアクションといいますか。
ヒビキさんらしくてあたしは好きですけども。

清めの音をたたき込め!・・・・って、ずいぶんたくさんたたくんですねぇ。
ええ、視聴4回目にはもう慣れました(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「仮面ライダー響鬼」がすきです

onnkaku0001まだまだ未熟な若者が、もがきながら成長していくストーリーは大好きです。
だから、新人起用の仮面ライダーだって好きなんです。

でも、とうとう始まった「仮面ライダー響鬼」。
はまりました。
まだ第一回しか放送していないのに、毎日のように見返しております(笑)

なんでしょう。
主人公が成長していく、つまりは自分とも戦っていくのもいいんだけど、やっぱり大人の、余裕のあるヒーローは、やっぱり違いますね。
少年があこがれる大人・・・みたいなね。
あたしは少年じゃないけど。

細川茂樹さんは、あまりきちんとドラマとか見た記憶はないのに、CMやポスターで見かけるたびにちょっと好きかも・・と思っていた人で、今回初めてまともに見てる気もするんだけど。
なんで今までちゃんと見てなかったんでしょうか。
こんなにツボなのに~ へ(* ̄ー ̄)>
細川さんが主演であることで、今回、演技力についての不安は初めからないのも、第一話から安心してハマった理由かな。
いや、新人の俳優さんが1年かけて演技も成長していくのを見るのも、それはそれで楽しかったけども。

仮面ライダーやウルトラマンというのは、もともとそれを作り出した人たちの想い、それを見て育って今も好きでいる大人の想いって、やっぱり特別なものがあると思うのです。
今のシリーズを作る人たちの想いもものすごく熱くてね。
それぞれの平成シリーズ第1作「ウルトラマンティガ」と、そして「仮面ライダークウガ」
この二つを初めて見た時、そのアツイ想いがガンガン伝わってきて、あたしは感動したものでした。
その後の仮面ライダーは、ちょっとそのテンションが続いていなかった気がして、それなりにおもしろかったけどそれだけだった。
響鬼第1話で、ひさしぶりに作り手の想いがどかぁ~んと来ましたね。

なにはともあれ、ヒビキさん最高です。
グッズとか、これから出るであろう本とか、集めてしまいそうなあたしです。
まずは手始めに「変身音叉・音角」ゲットです(*^_^*)

ひさしぶりに遊びました~。
だって、机とかをとんとたたくと、あの変身の時の音がちゃんと鳴るんだもん~\(@^o^)/ <キャッホー!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« August 2004 | Main | March 2005 »